野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いざ寺泊!サバ焼き!水族館!即身仏!

というわけで、春休み初日。
クラスメイトと一緒に、長岡市は寺泊に行って参りました。

きっかけは先日、クラスメイト数人と水族館談義に興じていたときのこと。
(基本私は学校では勉強の話は極力しないようにしているのです。似たような考えを持ったクラスメイトが数人いるので、テスト前だとしても、彼らとはどうでもいい話ばかりをしています。)

長岡市寺泊水族博物館はどういう水族館か?という話になって、新潟県出身者がおおまかな紹介や思い出話をすれば、県外出身者(私もここに入る)は行ったことのない水族館に興味津々となるわけです。
じゃあ行ってみよう。当然こうなるわけ。
ついでに、クラスメイトの一人が依然寺泊で食べたというサバ焼きを食いに行こう、こういうコンセプトの下に我々の寺泊遠征は企画・実行された・・・!

当初は新潟無機終焉都市らしくひどく吹雪いていたけど、目的地に近付くにつれ天気も好転して、
寺泊に着くころには、最高のサバ焼き日和になってた。よかった。

クラスメイトが食べたというサバ焼きはどうやら、寺泊アメヤ横町の露店で売ってるものみたい。
5、6軒ある露店で一番安かったサバ焼きを早速購入。500YEN
海を眺めながら露店の真ん前でかっ食らう!
なるほど、肉厚でおいしいぞ!
普段刺身とかはちょくちょく食べれるけど、焼いた魚は滅多に食べないからなあ。
ここぞとばかりにかっ食らう!
それに、串に刺した魚を焼いてそのまま食べるのって、ロマンがあるよ!うん!
でかくて、ちと食べづらかったけど、頭を残してごちそうさま。
思ったよりもボリュームがあったから、結構腹が膨れた。
正直舐めてた。

その後も、ホタテ焼き・サザエ焼き・海鮮丼(ちらし丼だったかな?)を食らう。
食べる前に思わず「うまい!」「ごちそうさま。」と言ってしまうことを、
「海鮮丼現象」と名付ける!

しっかりと腹ごしらえしたあとは、寺泊水族博物館に向かった。
水族館好きの私はどらちかというと、こっちの方が楽しみにしてたかな。
一回来たことあるクラスメイトが言うには
「期待しなかったら楽しいと思う。」
らしい。なんのこっちゃ。
水族館にメジャーもマイナーもない、というのが私の持論だったりする。
大きさなんか関係ないよ。

・・・うん、確かに小さいかな?(←オイ)
んで、ちょっと寂びれているというか・・・。
まあ風情があっていいよね!

内装もちょっと時代を感じるね。
でも、展示されてる仲間たちはみんな可愛かったです。
これが水族館にメジャーもマイナーもないということの根拠になります。
数を挙げればキリがないんだけど、個人的に気になったのは肺魚かな?え?地味?

この水族館は確かに八景島シーパラダイスとかと比べると規模は小さいし、垢ぬけない感じはするけど、
親子で、家族で気軽に遊びに来れて、海の動物・魚たちに会えるような、地域密着型の水族館なのかなと思いましたね。
それはそれで、ひとつの答えだろうね。
おばあちゃんと孫が二人で遊びに来ているのは、傍から見てて和んだね。
ちょっと自分の子ども時代を思い出して、少し心を打たれたけどね。
寺泊水族博物館、楽しい水族館でした。

遠征の目的は果たして、あとは新潟市に帰るわけだけど、
その道中、西生寺というお寺があったので、クラスメイトにわがまま言って少し寄ってもらいました。
もともと寺社仏閣巡りが好きな私。
西生寺は最近ずっと気になってたお寺だったんです。
なぜならこのお寺には、日本最古の即身仏があるんです。
決して興味本位ではなく、
厳しい修行ののち仏様になった弘智法印を密かに尊敬してたんですよ。

クラスメイトに悪いことしちゃったかな?
拝観してるとき頭にハテナマーク飛んでたよww
でもおかげで私はまた一つ念願を成し遂げることができました。
本当彼らには感謝感謝です。

いやー、寺泊遠征は予想してたよりも密度の高い有意義なものになりました。
新潟市に帰還後はクラスメイト宅でたこ焼きパーティーしたし、楽しい一日だったなあ。
春休み初日としては、幸先いい。









にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

スポンサーサイト
  1. 2013/02/23(土) 01:55:02|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロデューサーさん!春休みですよ、春休み!

というわけで始まったよ、春休み
昨日から始まってたみたいなもんだけどな!

今年度の春休みは一か月半と、これまでよりも少し短い。
一か月は地元・秋田に帰国しておわるかなあ。
あととくに予定もいれてないし。
うーん、クラスメイトが海外旅行に繰り出すってのに、
私はこれかぁ・・・。
ちょっと情けない。
まあ、バイトフリーな生活してるから金銭的なアレがあるのはしょうがないか。
おかねのことを考えるのはとりあえずやめよう、うん。

秋田でやりたいことは少々あります。
まず免許をとりたい。事務的だなあ。
普通・二輪は既に取得済みだけど、今年度、大型二輪も講習したから、それを取りに行く。

あとは、工藤クリニックに遊びn・・・、働きに行きたいですね。
私が医者になろうと強く決心したきっかけをくれた恩人と働けるって、すごい嬉しいことですよ。
そして、ご飯奢ってもらって、給料ももらえるとww
まあホントによくしてもらってます、はい。

あとは、機会があったら、地元を起点にどっか行きたいなあ。
ちょっと難しそうだけど、やっぱり旅はしたい。

ざっと、見通してみたけど、
今回はちとスケールの小さな長期休暇になりそうね。
たまにはいいじゃない!システム培養に努めましょ。
  1. 2013/02/22(金) 08:40:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サーカスの日

新潟駅でクラスメイトと待ち合わせをしてるとき、
耳に入ったわけです。
おそらく新潟のエンタメ情報を流しているモニターから聞こえたのかな。

「・・・のした大サーカス!」

のした大サーカス!?

ああ、
木下大サーカス」のことね!

にしても突然聞こえた「サーカス」という言葉。
もしかして、もしかすると・・・。

そしたら、大きな看板を見かけましたよ。

「木下大サーカス創立111周年記念 木下大サーカス新潟公演8年ぶりに開催!」
はい、私歓喜。

創立111周年なのか。すごいな。
・・・ん?新潟日報メディアシップ開業記念?
メディアシップ・・・?
ああ、あの巨大な置き型ファブリーズのことね!

丁度新潟にサーカス来いよって思ってた矢先にこれですか。
もしかして私には願望を実現する能力があるとか?憂鬱。

5/18(土)~7/30(火)、新潟市産業振興センター前特設会場にて1日2~3公演か。
結構開催期間長いのね。何回か行けるかもな。
会場は正直行きづらいかなあ。
駅からバス一本なんだけど、行ったことないし。
まあ、頑張って行こう。

演目は・・・、おお、ホワイトライオンショー。神秘的だね。
あとは、おお!ホイール・オブ・デスやんのか!いいね!
もうホイール・オブ・デス好きで好きでたまらんですよ。
それ観に「Kooza」2回行きましたからね。

うん、演目もかなりよさそう。
これは期待できそうだぞ。

シルク・ドゥ・ソレイユ作品は何回か観たけど、
こういうスタンダードなサーカスは初めてですな。

今年は私の故郷、秋田でもサーカスが開催されるみたいだし、
早くも今年度のキーワードは「サーカス」に決定か!? 続きを読む
  1. 2013/02/22(金) 02:00:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“伝説”を手中に

久しぶりにディズニーストアにいったんだけど
また、素敵な商品が出るみたいね。

その名も
「東京ディズニーリゾート ザ・ベスト コンプリートBOX ノーカット版」

もう商品名からいって期待感バツグンなわけだけど
その概要としては
今年で記念すべき30周年を迎える東京ディズニーリゾートで過去に行われた20のショー、パレードをノーカットで収録した、まさしく東京ディズニーリゾート ザ・ベスト・・・って、コレ、まさしく私が望んでいたものじゃないですかー!
すでに「ビバ・マジック!」とか「ディズニーシー・シンフォニー」をノーカットで収録したDVDはあるんだ。
ショー単体のノーカット収録ですら涙が出るほど嬉しかったのに、そのベスト版とか・・・。
信じれば夢は叶う。

さて、どんなショーが入ってるのかな・・・っと。
・・・!!
嘘だろ・・・?
イッツ・マジカル!」収録!!
うおおおおおおお!!!キタキタキターーーーー!!!!
極私的キャッスルショーランキング暫定1位の神ショーですよ!
いやマジでこれだけでも即買いするレヴェルよこれ。
いや~これはホント嬉しいな~。

で、あとは・・・
・・・え・・・?あ・・・え・・・?
ま☆さ☆か☆の
ワン・マンズ・ドリーム」最終公演記録映像収録!!!
“伝説のショー”「ワン・マンズ・ドリーム」の“伝説の”最終公演がノーカットで収録するんですか?
サービスしすぎでしょ、ディズニーさん。
どんだけ私を悶えさせればいいんですか。
いいかげんにしなさいよ、ホントに(悦)。

この最終公演、実は某動画投稿サイトにてその様子を観たことがあるんだけど、
泣きましたね。
キラキラキラキラ・・・・・ワ~ン・マ~ンズ・ドゥリ~~~~~~ム
ここで泣く。
(まあそれは最終公演とかあまり関係ないんですけどね。Ⅱでも泣くし。)
というかゲスト訓練されすぎww
まあ、そのサイトではホームビデオの映像だったから、画質は悪いわけよ。
それでも、かなり楽しめた。ってことは、
おそらく高画質、カメラ割りもいいであろう公式の記録映像はどんだけヤバいんでしょうか。
う~ん、楽しみ♪

特に心惹かれたのは上の2つだけど、他のショーのラインナップもかなり豪華よ。
ミッキー・マニア」が気になります!

えーと、発売は4/17(水)か。
値段みると、学生Neet的には、中々いいお値段だけど、
ディスク4枚、かつ最高のエンターテイメントを永久保存できるのだから、
その価値を考えると、これは安い方ですよ!プロデューサーさん!

これ秋田の家族絶対買うよね。
いやむしろ買わせる。
んで、少し時間が経ったら、こっそりと新潟に持ってくる・・・。
うん、これでいこう。
  1. 2013/02/22(金) 01:31:24|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電気犬はペンタブの夢を見るか?

ペンタブに興味があります。うわ、唐突。



すべての事の発端はイラストコミュニケーションサイト、pixiv
何を隠そう、私、pixivのアカウント持ちなので。
閲覧専門だけどな!
で、毎日、もとい、暇な時間があったらダラダラとイラストを眺めてるんだけど、
この世界にはキレイな絵を描く人がたくさんいるんだなあって毎回感心しちゃうんですよ。
美少女を描く人、写実的な風景画を描く人、現実にはない夢のような絵を描く人。
タイプは違えど、どのイラストも素敵で素敵で、私の生活においてある意味活力とか、アイデアの源みたいになってるんです。

そしてあるとき、いつものようにイラストを眺めているとき
「自分もこんな風に絵がかけるようになりたい!」
と思っちゃったんですね。
イラストに限らず、何かで表現している人を見ると、自分もやりたくなっちゃう。
いやー、悪い癖だな、こりゃ。

絵を描くのは嫌いではないし、日常的にやる趣味として絵描きはなかなかいいんじゃないかと思います。
これまでの経験で、自分は写実的でリアルな絵を描くのは絶望的に苦手なのを知ってるし、
絵本のイラストみたいな味はあれど、技法、縮尺完全無視な絵しか描けないから、
絵の上達とか、めちゃくちゃキレイな絵を描くのは諦めて、
まあ、自分の好きなものを好きなように描けたらいいかなと考えています。
動物とか、鳥とか、魚とか、
プラナリアとかね!


そこでペンタブが欲しくなるわけ!はい、話が繋がった!
pixiv絵師さんはやっぱりそういうの使ってる人が多いんだよね?SAIとかね。(←素人の想像)
アナログですごいイラスト描く人もいるんけど、
なんとなくパソコン使って絵描くのに憧れちゃうんだよねー。

ペンタブについてネットで調べてみると・・・(テスト前に何やってんだか)
ううっ、一万越え・・・!
いやこのくらいして当然か。
・・・うん、当然だ。
どうやらワコム社のBambooとかが初心者にはいいみたいね。
ソフマップとかで安くなってねえかなあ・・・。


まあ購入は慎重にいきたいと思います。
私、石橋を叩いて叩いて叩いて、結局渡んないこともあるぐらいの慎重派なので。

石橋を叩きすぎて壊したこともあるし。


それに、なぜかペンタブを持っているクラスメイトが、
案の定、今は使ってないとかで、私に貸してくれるかもしれないんで。
うん、いや、それはそれとしてすごい嬉しいんだけど、



そろそろ俺妹返そうな?な?



ペンタブ使って初めて絵を描くとしたら・・・題材は・・・、
うん、
やっぱりプラナリアだよNE☆!!
いや、ケツァールでもいいや。


好きなものがすでにたくさんあるクセに、次々と新しいものに興味を持つのは
楽しいんだけど、金と時間が足りなくなるからなあ。
すべて平等に愛せたらいいんだけど・・・。

まあこれについては、今はいいや。


とにかく!
果たしてペンタブは、私を新しいレイヤーに導いてくれるのか!?

考えるだけでも楽しいね。
  1. 2013/02/17(日) 14:03:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。