野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トレーニングについて

トレーニングが好きです。

よくクラスメイトに聞かれます。

「なんで筋トレすんの?」と。

クラスメイトの気持ちも分かりますよ。
だって、私は部活動をしてない学生Neetだから。
部活動の形式をとらずに、個人的になにかスポーツをしているクラスメイトもいますが、
そういうのも一切やってません。
すなわち、成果を発揮する場面もなく、
ただ黙々とトレーニングのみを続けているわけです。
そりゃ、聞きたくなるわ。

「なんで筋トレすんの?」って。

そう聞かれたときは
「トレーニング自体が好きだから。」
と答えるようにしてます。
それが一番分かりやすい答えだと思うからです。
トレーニングを、何か目的を達成するための手段ではなく
目的そのものと考えてるんです。
クラスメイトは笑うけれども、私は結構真面目にそう考えてます。

いつもは体を大きくするトレーニングをしています。
体重を増やす方ね。
だから、多くの一般人がファッションでやってるのとはちょっと毛色が違うかもです。
私の師匠であるトレセンの主(結構なおじいちゃん)の指導の下、
終わる頃にはフラフラになるぐらい泥臭くやってます。

でもそれがとても心地よいんです!
いや、ドMとかそういうんじゃなくて!
筋肉使った感というかなんというか・・・。
うまく言い表せないんですけど、
とにかく「自分が生きている」ことを感じられるのが心地よいんです。

あとトレーニングの好きなところは「一人になれる」ことですね。
あくまで個人的な考えです。
休んでるときは師匠とか、クラスメイトとかと話したりするんですけど、
実際にやってるときは、意識がすべて自分の身体にいきますからね。
精神的にも感覚的にも、そこには自分しかいない。
この時間がとても愛おしいんです。

なぜか最近社会では「つながる」ことがいいみたいな風潮になってます。
それはまるで、自分をわざわざ「学校」とか「職場」とか「友達」と、鎖で縛りつけるよう。
息苦しいですよ、絶対。
孤独になれとか、塞ぎ込めとか、そういうことを言ってるんじゃないです。
何事も程々が肝心だということです。

私はその社会の住人ではないので、
出来る限り「つながらない」ことにしているのですが、
携帯電話・パソコン・教科書etc...
自宅にあるものは数少ない「つながり」・・・いや、「関係」を連想させるので、
自宅に一人でいても、絶対に一人にはなれないと思ってます。
(神経質すぎ?)

話を戻します。
そんな中、トレーニング中の一人になる時間は
私とその他をつなげているチューブをブチブチと引き剥がしているようで、とっても気持ちいいんです。
この瞬間はトレーニング中と入浴中にしか味わえないです。
とても大好きな時間です。

あと、一人になると考えごとも捗ります。

私は「哲学する」と言っているのですが、
自分と社会 (一般的な「社会」ではなく、私の周りの「社会」
自分と周りの人々・様々な物事。
それらとの関係性・どのようなスタンスでいくか・どう考えるか。
そして、どう生きるか・・・。
そういったことを常にと言っていいぐらい、一人で考えています。

答えを出すのはあまりないんですけど、
トレーニングしているときに、そのヒントとなりそうなことが浮かんでくることがよくあります。

だから、私が生きる上で、トレーニングって結構いい哲学の場になってるんです。
「哲学のベンチプレス」といった所でしょうか・・・。

結果としての、身体の肥大は、観察していて楽しいですけど、
あまり重要ではない気がします。

正直、肩幅とか腕とかデカくなりすぎて、着れる服が少なくなってますからね・・・。
もう古着屋行っても着れる服が全然ない!
結果ではなく、過程としてのトレーニングが大事なら、ちょっとメニューを軽くするのもいい・・・のか?

そんなことを思いながら、私はトレーニングをしています。

トレーニングが好きです。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/18(月) 14:50:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ああ無情

ついに「レ・ミゼラブル」観たお!(^ω^)/
(at ルミエール秋田

「レ・ミゼラブル」・・・長年愛されているミュージカルの映画化である。
私ミュージカル好きだからね、レ・ミゼラブルは頭の片隅でずっと気になってましたよ。

でも・・・ねえ・・・。
名作だから逆に観るのためらうっていうの?
ちょっとあったんですよ、そういうの。
サウンド・オブ・ミュージック」もそんな感じでした。
(「サウンド・オブ・ミュージック」は去年劇団四季で観劇)

でも、クラスメイトの評判や、「映画館の大きいスクリーンで観た方がいい。」という言葉に感化されて、今回鑑賞すること決めました。

感想です。
さすが名作と呼ばれるミュージカル。
セリフはほとんどなく、曲だけでこんなにも物語に引き込まれるとは。
物語は全体的に重苦しく進んでいきますが、慎ましくも希望を捨てずに生きる人々の強さ、美しさを思い知りました。
キャストの歌唱も感情がこもっていて素晴らしかったですね。

個人的に好きな曲は実は、クズ宿屋の歌ww
もう底抜けに楽しい感じがサイコー
でも歌詞がサイテーww
リプライズのタイミングも結構印象的でした。


なぜ「レ・ミゼラブル」が長年愛されているのかが少し分かった気がします。
でも個人的には、「また観たいか。」と聞かれたら、ちょっと、うーんってなりますね。
ちょっと覚悟が必要かも。
ミュージカル特有のワクワク感がなかったので。
まあ、そういうのを求めるべきでない作品なのでしょう。

にしても、クラスメイトはこの作品のどこが面白かったんだろう。
私、気になります!









にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2013/03/10(日) 14:47:26|
  2. 感想ルポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新調は慎重にネ。

気がつけば三月になってました。
ウサギもmadになる季節。
2556年も1/4に突入してしまったよ。

さて、現在私は絶賛春休み中で、秋田の実家に帰省しております。
大きな予定もとくになく、のんびりシステム培養に努めてます、はい。

そんな穏やかな日々を過ごしてますが、
ついこの間ちょっと大きな出来事がありまして。
実は、
携帯電話を新調したのです!

いや、私にとっては大きいことなんですよ。
高校2年以来だから・・・、4年ぶりか。

結構多感な時期を共に過ごした相棒みたいなやつだったから、すごい寂しいです。
旧式ながらシンプルな仕様も気に入ってたし、
変える気は全然なかったんだけど、ついに操作の感度がすこぶる悪くなり、
潮時かな・・・、と新調の決心をした次第。

いや、しかし、今の世の中は、携帯電話ユーザーには住みづらくなってますねー。
新しいモデルも少ししかでないし、その新しいモデルも個人的に使いづらくて最悪。
古い型も販売が終了してるのがまた辛い・・・。

結局、妥協の感情も持ちつつ、新しい型のやつを購入。
携帯電話はよく使うツールなので、こだわりたかったんだけど・・・。
ないものねだりしてもしょうがないか。

でも、新しいやつも慣れればちゃんと使いやすくなるでしょ!ポジティブ、ポジティブ。

とりあえず買ってすぐ、いらないおせっかいな機能を消しまくるぅ~!
なんだよiコンシェルって!!
羊邪魔なんだよ!!

あ、ちなみに、私の社会では
スマートホンとかいう、人間をサルにする金属麻薬は携帯電話の内に入らないので。
  1. 2013/03/03(日) 15:55:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。