野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

友だちと行く東京ディズニーリゾート考

ついこの間まで、今月下旬に東京ディズニーシーにいく予定があることを完全に忘れていた。
山形、そして津軽への旅、ついでに今秋から始まる基礎配属のことを主に考えていたから、
どうやらこの計画が頭からぴょん♪と抜けていたみたいだ。
音符までつけて楽しげに。


本当はこの時期に行く必要はあまりないんだけど、
ファンダフルディズニー会員限定パーリーもあって、
いろいろ考えてこの時期に行くのはよさそうに思える。

それに大学に入ってから、この時期にクラスメイトと東京ディズニーリゾート(以下「TDR」)に行くのが自分の中で恒例となっている。
ただ楽しむだけでなく、自分の一年間の更新という意味づけも、今ならできそうだ。



クラスメイト、あるいは友だちとTDRに行く習慣は大学に入ってからついた。
(中学校の頃修学旅行で友だちと周ったことはあるのだが、それは一回きりの出来事だったからこれには含まれない。)

それまでは家族と行くことがほとんどだった。
私のディズニー好き、というよりはディズニー研究というライフワークは、家族が私に与えた環境によるものだと言える。
また、最近ではちょくちょく自分ひとりで入園することもあった。
俗に言う「一人ディズニー」は、私にとっては、これはこれで趣深いものである。


家族と行く、ひとりで行く、それぞれ違った楽しみがある。
それと同じように、友だちと行くTDRもまた独特な魅力がある。

たぶん一番気が楽なのは、友だちと行く場合だと思う。
今では家族と行ってもあまり楽しくないし、
ひとりだと自分が行きたい場所に行けるから楽しいが、食事やパレードの待ち時間がものすごく寂しい。
せめて誰か話す人がいてほしい。
その点、友だちと行く場合は寂しくないし、実に気楽なものだ。


だが、気楽とは言っても、頭の中までその状態になるようなことはない。
常に思考をフル回転させる必要が出てくるのだ。
なぜなら私は、このようなグループで行ったとき、
毎回ガイドに一日転職して、メンバーをエスコートしなくてはならなくなるからなのだ。

私は長年の経験によって、マップは頭に入っているし、アトラクション、レストラン、ショップの情報も概ね揃えている。
ディズニー好きとして周囲に知られていることもあるとは思うが、
そもそも私が提案者であることがほとんどであるため、ごく自然な形で私がグループの舵取りをすることになる。

これまでのツアーは、運よくスムーズに進んでくれ、そのたびに同行者も満足してくれた。
私も案外、信頼と実績のツアーガイドの素質があるのかもと思いあがってしまっているところもあるのだが、
本音を言ってしまうと、私はエスコート方面はあまり得意ではない。

第一、私が研究しているのは、パークのみならず、ディズニー関連全般の歴史やバックグラウンドストーリーを中心にしているので、
多くの人が真っ先に考えるテーマ:パークの攻略法云云はまるで心得がない。
そもそも興味がない。

だから、これまでの旅行では、私の完全なる素人考えで、
ここをこうして・・・、次にこれで・・・、アレがナニで・・・。
といった風に、実に心細く、まるで綱渡りをしているように動いていたことになる。
それが結果的に、たまたま運よくかみ合ってくれただけなのだ。
ここに自信や確信などなく、私は常に冷や汗をかかねばならない羽目になる。

そして常に頭を働かせる必要がある。
とても疲れる。
となると、自分にとって本当に大切なものを見たり考えたりができなくなることが多くなるので、
最大限楽しめているか、と聞かれたら、答えは否。
もしかしたら、一番楽しいのはひとりで行ったときかもしれない。

でも、そんなことがあったとしても、人を楽しませるのは好きな方なので、
その持ち前のサービス精神に則って、友だちにとって最良のエスコートをするようにしている。
それに私はもうディズニー側の人間と言ってもいいようなところにいるので、
ゲストがTDRを楽しんでくれるなら、それは私にとっても十分楽しいことになるのだ。


でもたまには、誰かについていって、TDRを周ってみたいと思うことがある。
実は今度行くとき、何か理由をこじつけてガイド役を押しつけてみようかと画策しているのだが、
一体どうしたらいいのかねえ・・・。







にほんぶろぐ村医大生ランキングに参加中(赤面)

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ

↑なんて書いたら皆さんここ押してくれるんですかねぇ。
  1. 2013/09/02(月) 20:41:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<テノール歌手中鉢聡さんのコンサートへ | ホーム | 保健所実習報告書(非公式)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/124-53272d6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。