野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カモノハシかも

先月、実習先の先生がわざわざ取り寄せたという、世にも珍しいカモノハシの鎖骨と肩甲骨を見せてもらった。
カモノハシの鎖骨は、ヒトで言うところの鎖骨と胸骨が癒合したような形をしている。進化していく内にいずれはこれらの二骨に分離していくのだと予想できる。
一方、肩甲骨は、ちょっと専門的になってしまうのだが、ヒトの肩甲骨で言う肩甲棘が存在しないのである。だから棘上筋・棘下筋という概念がない。おそらく肩甲骨の上縁の部位が段段と後退していって、肩甲棘が出来たのではないかと考えられているそうである。
カモノハシは最も原始的な哺乳類で「生きた化石」とも言われている。
卵で生まれるが母乳で育つ。
カモのような平べったいクチバシを持つが、後脚の先にはするどい爪がある。
なんともヘンテコで、不思議な動物である。
そういえば、これらの骨標本を見てみると、前前からイメージしていたよりも小さい。
私は仔犬くらいの大きさ(25-30cmくらい)だと想像していたのだが、それよりも遥かに愛玩的な大きさだった。
後日、小学生時代から愛用している動物図鑑を開いてみると、体長40-55cm/尾長10-15cmと記載されており、
実際はイメージしていたよりも遥かに大きかったという結果に終わった。
ならばあの骨は子供カモノハシのものだったのだろうか。
あれくらいのサイズだったら、実に愛でやすいし、ちょっとした水槽で飼うこともできるかもしれないと思っていたのだが、少し残念な心持になった。
動物のこととなるとすぐに飼育することに思考を移してしまう私は、正真正銘、傲慢で身の程知らずな人間そのものである。

その後日、まあ、これはつい先日のことであるが、
とあるきっかけによって、私は、生きたカモノハシに会いに行くことはできないか?ということが気になり、
日本国内でカモノハシを飼育している動物園・水族館がないかをインターネットで検索してみたのだが、
解答は「ひとつもない。」という単純明快ながら実に冷淡なもので、これには落胆せざるを得なかった。
カモノハシというのは繊細な動物で、輸送は大変に困難だということで、世界でも生息地であるオーストラリアの施設でしか飼育していないのが現状だそうだ。
オーストラリア・・・。海外・・・。
カモノハシとの心の距離がぐーんと遠ざかる気がした。

ところで、私をしてカモノハシの飼育状況を調べるに至らしめたきっかけというのは、実は先日自分がみた夢なのである。
夢の中で私は、カヤックをこいで森の中を走る、流れのおだやかな幅の狭い川を進んでいた。周りの様子を見る限りでは異国。
景色を見ながらよいこらせっせと下っていくのだが、ちらほらと動物の姿も観察できる。
すると突然、カヤックの側に一匹のカモノハシが近づいてきて、まるで私と戯れようとするが如くの素振りなのだ。
それが実に愛くるしかったので、生来動物好きの私はよーしよしよしと愛でてやりたい気持ちだったが、
オスのカモノハシの後脚の爪には強力な毒があって物凄く危険だという知識を持っていたので、
触ってやりたい気持ちをなんとか堪えて、カモノハシを無視して川を進んでいった、とさ。

自分で言うのもなんだが、意味の分からない夢である。
最近、場面転換が激しく、また場面設定からしてイカレてる夢をみることが増えた。
夢というのは本来そういうものであろうが、少し狂気じみてきているので少し心配である。
しかし、ユング先生ではないが、夢の内容は、自分の深層意識の一端が垣間見えるので、興味深い。
今回の夢を考えると、もしかすると自分は心のどこかでカモノハシの存在が気になっているのかもしれない。
どんな深層意識だ。





にほんぶろぐ村医大生ランキングに参加中(赤面)

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ

この部屋からトータルへ。私たちとつながってください。

  1. 2013/11/03(日) 19:45:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<野良犬、野良猫に出会う、あるいは今日は美しい一日だったということ | ホーム | 59日後の新時代>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/180-6196b9b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。