野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

図書館展望

実習も佳境に入っている。
そろそろ結果報告の目処が立ってもいい頃合なのだが、現状では物事はそう上手くはいかないものだ。
これまではマウス・ヤツメウナギ・ヒトの解剖の三つを掛け持ちしていたのだが、
今日は趣向を変えて参考論文探しに没頭した。
「趣向を変えて」と書いてしまうと、まるで優雅で気ままな実習生活を送っているように見えて語弊がありそうなものだが、
実際はもちろんそんな悠長に構えていられるわけもなく、参考論文探しは私達の研究にはどうしても必要なものだった。
現在行っている解剖、特にヤツメウナギの解剖に関してしっかりと裏打ちされて、指針になるものが欲しかったし、
最終的に実習報告をする際に、こういった文献名をちょちょいと記載しておけば、だいぶ説得力が増すからだ。
こういう事はもっと早い段階でやるべきだったのだが、過ぎた時はもう帰ってこない、後悔などせずにただ前に進むのが健康な生活につながるだろう。

という訳で学校の図書館にやって来た。
学校の図書館は、空調が私の適温とだいぶズレて設定されていることが多いので、私は毛嫌いしていたのだが、
最近の私はこの図書館に感じる印象を変えつつある。
まず図書館という看板を引っ提げている以上当然の理かもしれないが、ここは医学書だけでなく、他分野の書籍もある程度揃えている。
まあ正直言うと、これら他分野の書籍は、量はそれ程ではなく、申し訳程度に奥の方に置かれているのだが、
私としては、国内外問わず、古典あるいは名作と呼ばれている作品はほとんど揃ってあるので、それだけで満足だったりする。
読書に関しても、私は今流行りのものにはあまり馴染みがなく、まるで時代に逆行するような読書癖を所有している。
本については、もちろん自分で購入することもあるのだが、最近は友達から拝借して読ませてもらっていることが多くなっていた。
ところが、自宅から歩いてすぐ、自分の通う学校の図書館にこんなにも本があったなんて!
この新しい発見は、私が思い描く今後の読書生活の展望が実り豊富なものになる予感が感ぜられる。
違う一角には新書の類もあって、どうやらしばらくは退屈しなさそうである。

それと、ここの図書館は医学論文を掲載するジャーナルが多く所蔵されている。
先月、実習先の先生に連れられて訪れた閲覧室には、見るからに価値のありそうな年代物の雑誌が置かれた本棚がズラリと並んでおり、実に鳥肌圧巻の光景であった。
仮面ライダーW」のフィリップを思い出させる、機械で動く本棚に、私の内なる中学二年生がいとも簡単に焚きつけられたことは想像に難くないだろう。
この時、先生からお目当ての論文の見つけ方を教わったので、
あの本棚を動かすことを思えば、今日の論文ハントに内心では心ウキウキ♪と音符までつけて楽しげにしていたのだが、
生憎、私の所望するものは比較的新しいものばかりで、動かない本棚に入っていた。
ションボリ。
それでも、たくさんの本棚、たくさんの書物の中から、自分の欲する論文が書かれた医学誌を見つけた時は、心なしか嬉しくなるものである。
しかし、見つけていざ読んでみると、全く有益でなかったときの虚しさ。
そういう時は電子ジャーナルを使えばいい。PubMed等。
実際、参考になりそうな資料のほとんどは電子ジャーナルで調達したのである。





にほんぶろぐ村医大生ランキングに参加中(赤面)

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ

この部屋からトータルへ。私たちとつながってください。

  1. 2013/11/05(火) 21:44:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いわばテクノの円熟ー核P-MODEL2nd.アルバム「гипноза (Gipnoza)」 | ホーム | 野良犬、野良猫に出会う、あるいは今日は美しい一日だったということ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/186-d6b9d28e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。