野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

The boy is back in town

今朝6:00過ぎの始発から鈍行電車を乗り継ぎ乗り継ぎ、無事に我が故郷・秋田県に帰って来た。
家族の事前の知らせの通り、もうすでに雪が降った。流石は雪国。
それにしても、今年もついにこの季節がやってきたのか。
思ったよりも早く巡る時候の移ろいに浅からぬ感慨を抱かざるを得ない。

私の田舎も雪国の例に漏れず、毎年冬にはズシっと重く湿った雪が降り積もる。
そのため、雪の民は大変な雪仕事に追われることになるのが恒例なのである。
今シーズンの年末年始はどうやら帰省できないことが予想されるので、その間の家族の雪仕事具合が気にかかる。
できるだけ人手を増やしてやりたいと思うのが子供心、あるは孫心というやつだ。
その代わりというわけではないが、今年度の授業が終わる来年の2月には、すぐ帰ってきて家事を手伝ってやろうと決意するのだった。

実家に帰るのは、今年の夏休み以来だ。
実はそれ程のインターバルはない。
私の帰省の頻度は、他のクラスメイト、もしくは一般的な学生と比べても高い方である。
具体的な引用元は失念したが、「一度出ていった家はもうよその家」というような教訓を謳った格言を耳にしたことがある。
格言ではそう言っても、実際に自分の生まれ育った家に帰ってくるのは、魯迅先生には申し訳ないが、大いにくつろぎを憶えるものである。
好きな本を繰り返し読んでいるときや、お気に入りの音楽に沁み入っているときのように、
どこか自分を取り戻すような気持ちになって、安心を得ることができるのである。
なお、故郷には日曜日まで滞在する予定である。
短い間であるが、良質な培養にしたい。





にほんぶろぐ村医大生ランキングに参加中(赤面)

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ

この部屋からトータルへ。私たちとつながってください。
  1. 2013/11/15(金) 20:18:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アクセス解析が面白い | ホーム | 地元に帰ろう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/201-e42db9aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。