野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ワクワクさんに会いに行く

もう帰省からは戻って来たのであるが、これから少しの間はこの帰省中の出来事についての回顧録(「回顧」という言葉から連想されるほど遡る時間は多くはないのだが)を記憶していこうと思っている。
気になる向きは、今後も私の動向を追跡されたし。

さて、私は普通であれば長期休暇ごとに田舎に帰り一カ月程の、大学生の世界で考えれば比較的長い間滞在をするのだが、
期間の短い弾丸旅行的な帰省は、どこかバタバタとして終わりそうなので、あまり好んではしない。
しかし、先の帰省は滞在日数三日間の、私があまり好まない里帰りの方式だったのである。
これを行うに値する用事が二つあったので、ついにこの方法を採用したのだが、
その二つの用事というのが、以前何かしらの赤面レポートでも言及した憶えはあるけれど、
1)ワクワクさんの講演会
2)工藤進英教授・天野篤教授の講演会
というようなものだった。
この二つの用事はどちらともつつがなく遂行することができたのだが、
今回のレポートでは、二つのうち開催日が早かった 1)ワクワクさんの講演会 について記録したいと思っている。

ワクワクさんこと久保田雅人氏といったら、NHK教育で「つくってあそぼ」と「つくってワクワク」の二番組でおなじみであるが、
これらの長寿番組は今年の3月に、惜しまれながら放送を終了したのは、読者諸君の記憶にも新しいだろう。
幼年時代にワクワクさんを見て育った私は、この最終回を春休みに帰省していた折に実家で見届けたのだが、
懐かしい主題歌に胸を熱くし、これの『このせかいでたったひとつのたからもの』という歌詞に感極まった。

そのワクワクさんが、田舎町のお隣の市の施設で子育てについてのセミナーを行うということで、帰省中だった私も足を運んでみた。

CIMG1241.jpg


演題は上図の通りである。
この演題から大体の予想はつくが、会場には大勢の子供達が集まった。
そんな中、私みたいな野良犬風情がひとりポツンとしていると、どうも場うてがしてしまいそうだったので、
今回は姉に付き添ってもらった。
姉もワクワク世代に該当するので問題はないだろう。
実際、私達みたいな世代のグループもいたのである。

さて、肝心の講演であるが、本講演は写真・動画の撮影は全面的に禁止(講演中)されていたので、ここは文章のみでその様子を振り返ってみたい。
正直、ワクワクさんと写真撮りたかったぞ。

みんなで「ワーークワーークさーーーん!(子供)」と叫んでワクワクさんを呼ぶ。
どんな格好で来るかなと思っていたら、
赤い帽子、淡い桃色のシャツ、白いパンツに、おなじみのあの黒ぶちのメガネと、見事にそのまんまの服装で来てくれた。
これにはおお・・・!と唸るしかない。
そしてTVで見たような、あるいはそれよりも少し高めのテンションで話をする。
この化け物みたいなテンションで2時間ぶっつづけで話をするのだから、すごい。
内容は、セミナーの演題に沿って、自身の子育ての話などもするが、
「番組も終わったから別にいいよね!」と言って、番組収録の裏話もしてくれる。
実にメッタメタした話に、私達含む該当世代の観覧者は大喜びだ。
曰く、番組の名物、ワクワクさんとゴロリのゲーム対決はガチらしい。
そして、ワクワクさんといったらやっぱり工作ということで、小さいお友達でも出来るような簡単な工作をして楽しんだ。
こういう工作は本当に久しぶりだったが、案外と楽しめるものだ。
紙とちょっとした物だけでできるシンプルな工作ばかりだったが、そのアイデアには驚かされる。
とくに紙一つでできる星の飾りなどは、もう驚くとかいうレベルを遥かに通り越して、意味不明だ。

CIMG1260.jpg


上の画像にあるのが、今回ワクワクさんとつくってあそんだ工作物である。
読者諸君からしたら、なんだかしょぼんと切なくなりそうな感じであろうが、
私としたら、自分で作ってみたということもあり、なんだか不思議な愛着みたいなものが湧く。
これらも『このせかいでたったひとつのたからもの』だということであろう。


今年の春に番組の放送が終了し、それに伴いネット世界では、一時的な「ワクワクさん熱」とでもいえるようなものが発生していたが、
私もそれにあてられたのか、それからずっと「つくってあそぼ」の存在あるいは思い出みたいなものが胸につかえているような気分だったのだが、
この日にワクワクさんに会ってみて、なんとなくだが、そのつかえみたいなものが消えたような気がする。
ささやかながら今年度の節目のひとつになりそうである。

ただ悔やまれるのは、ワクワクさんと写真を撮れなかったことと、
ワクワクさんに、私の珠玉のものまねネタの一つ、ゴロリを披露することができなかったことだ。
特に後者はやってみたかった。
「あれ~ワクワクさん、何やってんの~?」ってやりたかった。
本当に悔しい。










にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2013/11/19(火) 19:53:17|
  2. 感想ルポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<こんなにもアイツのことを真剣に考える日々はもうないかもしれない | ホーム | おめでとう、ミッキーマウス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/204-525f965a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。