野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

まさにハリコ~ン♪状態!!ー赤坂BLITZに関する事前調査の結果とその考察

ちょっとまて
もう12月・・・だと・・・?
あとちょっとしたら西暦2013年、仏暦にして2556年が終わってしまう・・・だと・・・?
年が明けたからと言って、なにか大きなパラダイム・シフトが起きるとか、朝目覚めたら芋虫になっていたとか、そういう変化は実際には全くないわけだが、
どうしてか、毎年毎年12月、年の瀬の時期になると、不思議と焦りを感じてしまうことはないだろうか。
そもそも、時間が経つ、ということ自体が、ある程度の焦燥を駆りたてるような性質を有しているとも言える。
あれから1時間経ったということだけで焦りを感じてしまうことも案外あるのだから、
日、週、月と、時間の単位が大きくなり、そして日常的時間で最大の単位“年”をまたぐという段階になったときには、
正しく一年に一度の大焦燥に陥るのではないだろうか。

しかし、今の私にとっては、時間が経つということはこれはこれで有難いものだったりする。
月日は経ち、年が明け1月になる。
来年の1月には、これまでこの赤面ブログの赤面レポートで何回も取り上げているが、
ずーっと待っていた、核P-MODELライブ「パラレル・コザック」が開催されるのだ!
今回は前半の三日間に参戦することとなっている。
私自身、三日間もの間、同一のイベントに参加するという経験はこれが初めてだから、そういう意味でも楽しみだし、
第一、三日間にわたって平沢進のライブに行けるなんて、夢のような出来事だ。
待ち遠しくて、現在私は生活音は「гипноза [Gipnoza]」だと完全に言い切ることが出来る有様だし、
授業中も、買い物中も、はたまた入浴中も、頭の中では「ハリコ~ン♪」と鳴っている状態なのである。

さて、それはさておき、今回のライブ、会場は東京都の赤坂BLITZというライブハウスである。
あかさかぶりっつ・・・?なんだか聞いたことのあるようなないような頼りない感じだ。
私はやれライブにはせっせと足を運ぶが、ライブハウス業界には明るくないので、これは仕方のないことである。
私は田舎町に生まれ育ったので、基本都会というものに少し臆病になっている。
もう「東京」と聞くだけで下手したら足踏みをしてしまう。
東京で開かれるライブに行くのは、実は先のインタラクティブ・ライブ2013ノモノスとイミューム」が最初で最後のことだったのだが、このとき会場は渋谷公会堂と、立派なホール会場だった。
そのため、今回のライブが生まれて初めて、東京のライブハウスでのライブ観賞になるのである。
東京のライブハウス・・・恐いよぉ・・・。(そもそもライブハウス自体が未だに恐い。)
恐怖心を抜きにしても、私は小心者で、事前の調査がなければどこにもいけないような困った奴なのである。
三日間行かなくてはならないとなると、これについても上京する前にリサーチしておいた方が賢明だろう。


ということで前置きが長くなってしまったが、この赤面レポートは私が赤坂BLITZについて調べてきたことをひたすら記憶していくという、実に退屈なものである。
赤坂BLITZの情報を集めている人ならまだマシかもしれないが、その他の人は今すぐ引き返すか、いっそのこと最後までお付き合いを願いたい。


まずは公式のサイトをチェックしてみる。
赤坂BLITZ→http://www.tbs.co.jp/blitz/

なんと、赤坂BLITZはTBSが運営をしているのか。
ここでTV嫌いのヒラサワがライブをするとうのは、なんだかおかしいな。
基本情報を確認していこう。
会場までのアクセスだが、このライブハウスは赤坂サカス[http://sacas.net/index.html]という施設の中にあるため、
どうやら東京メトロ千代田線赤坂駅と直結されているらしい。
会場までの道のりは分かりやすそうである。案内もあるだろうし。
東京メトロは使ったことが無いし、赤坂サカスなんてオシャレスポットなんぞには一度も行ったことがないのだが、
今回は東京に実家があるクラスメイトや、旅慣れているクラスメイトと一緒に行くことになっているので、特に心配はすることはないだろう。
次に会場のキャパシティである。
赤坂BLITZは1階と2階に観覧スペースがあり、それぞれはスタンディング形式とシート形式で使い分けることができるみたいだ。
そして今ライブはオール・スタンディングで行われるため、その場合の観客の収容人数は、1147人。
ちょっとまて
1147人・・・?
多くない?
前回の核P-MODELライブ「トーキョー・ビストロン」の会場・全労災ホール/SPACE ZEROの収容人数は確か500~600人くらいだったはずなので、単純計算で観客数が倍増しているではないか。
これは大変なライブになりそうである。
こうなってくると、いよいよチケットの整理番号が気になってくる。
ちなみに、2階部分は座席形式で開かれるみたいだが、その場合、席数は120となる。
2階からヒラサワライブを見下ろすというのもやってみたく思うが、これは状況次第であろう。
その他の設備だが、コインロッカー、お手洗いももちろん完備されていて安心できそうだ。
というか、赤坂サカスという商業施設内にあるのだから、こういったものは別に赤坂サカスのものを使っても全然差支えがなさそうである。


たいてい公式は、物事をより小奇麗に形容するきらいがあるので、
次に実際に会場に行ったことのある人はどのように思ったか、そういう現実の眼で見た人の意見も仕入れておいたほうがいい。
というわけで私は「livehis [http://www.livehis.com/index.html]」というブログを参照してみた。
このブログは東京都周辺の主要なライブ会場についての解説が多数あり、それらは会場の実風景を見ての記録であるため、とても参考になる。
こういうサイトは意想外に見つかり辛い。
赤坂BLITZの座席解説もされているので、見ていこう。
livehis 赤坂BLITZ座席解説→http://www.livehis.com/house/house_akabli.html

参考になるのは、やはり客席についての記述だ。
公式サイトの模式的な鳥瞰図ではいまいち雰囲気が分かりづらかった。
なるほど。1階スペースは後方の段差が2段あるのか。
整理番号が後ろの方でも見えづらいということはなさそうだ。(というか私は比較的身長は高い方なので、これまでライブが見えづらかったという経験はない。)
しかし、一番後ろの場所だと、大きく前方に張り出す2階部分によって視界が遮られるとのことだ。
一応、チケットはファンクラブ会員限定の先行販売で購入したので、一番後ろに陣取らなければならないほど、番号は遅くはならないと思うけど、念のため注意しておこう。
そして少し気になっていた2階部分だが、前の方に突き出しているため、ステージはかなり見やすくなっているという。
それならば3日間のうち、1日くらいは2階席で見てみたいものだ。

また会場の周辺についても軽く触れているが、案の定、赤坂サカス内の飲食店はお高いところがほとんどであるようだ。
しかし、一歩サカスを出たら周辺にはファストフード店もあるとのことで、まあこれも念のために頭に入れておこう。


ふぅ・・・。
この2サイトを見ることで、赤坂BLITZについてのことはだいたい分かった。
あとはライブの時間まで、何処にいようか(行こうか)ということも、だいたいの目星はつけておきたいが、これについてはまた後でいいだろう。





にほんぶろぐ村医大生ランキングに参加中(赤面)

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ

医大生人気ブログランキングに参加中(赤面)




この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2013/12/07(土) 18:36:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<200番目のレポートー過去レポートリサイクル | ホーム | 全日本プロレス「2013 世界最強タッグ決定リーグ戦」新潟大会観戦レポート (週末はプロレスへ 2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/224-a2a55812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。