野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年はどんな一年だったかな?

今年も、もういくつ寝るとお正月という段階に差し掛かっている。
いやはや振り返ってみると、時の過ぎるのは実に早いことだ。嗚呼恐ろしい。


さて、再び今年を振り返ってみると、映画に縁があった一年となったことはすでに前回の赤面レポートで述べたが、
今度はもっと現実的な、もっと生活に即した視点での2013年回顧録でもしたためてみようと考えている。


今年あった出来事を思い浮かべるが、第一にこの赤面ブログを書き始めたのが今年のことである
なぜブログ開設に至ったのかは今ではもう思い出せないが、はじめは、自分の考えたことや意見を文章にして表明するための媒体として利用していたはずだ。
だが次第に日常記としての色合いが濃くなって、今や完全に日常系赤面ブログに落ち着いた感がある。
その日したことについての記録を衆人のもとに曝け出すのは、自分の手の内を晒すようで本当はあまり気分のいいものではないが、
それでも何かを書くことは、ライフワークとまではいかないまでも、日常の楽しみのひとつになっているのは事実だ。
たまには黎明期のようなコラムも書きたいなとは思っているのだが、いかんせんそこまでする時間がないのでまこと歯がゆい心持である。

さて、今年にブログを始めてどうだったかというと、それはそれは生活が一変したのである。
これまでの私には暮らしの中でできる気軽な趣味というものがなかったので、案外と生活は退屈なものになってしまいがちだったが、ブログを始めてこうやってレポートを書いてみると、だいぶ気が紛れて暮らしを慰められるような気分なのだ。
こんなことならもっと早いうちから始めればよかったよ、と自身の盲目だったことに恥じ入りたいところである。
もちろん当ブログは来年も回転するし、これから忙しくなっても、出来うる限りの更新をしたいという気持ちでいる。


生活面で言うと、今年はとにかく貧乏だった。
いや、これまでも私の生活は貧乏だったので、今年は“とりわけ”貧乏だったと言うのが正しい。
筆者としては、今年の漢字は『』で決まりなのである。
そもそも自由に使えるお金が少ないくせに、生意気にも遊び歩くことが多かったので、こんな有様になってしまうのは至極当然のことである。

実を言うと、今年の暮らしのテーマは「寄り道」と決めていたので、その標語の下に、これまでの大学生生活の中でも、ふらふらと遊び歩き分不相応なくらいに浪費をしてしまった。
だが、今一度自分の部屋を見回してみると、新しい物を買ったということではなく、どちらかというと、旅や映画等の娯楽に主に活動資金を費やしたように思える。
そのため、これは自信をもって言えるのだが、明らかに知識の引き出しは増えているし、その他大勢の人とは少し変わった経験、自分の人生において重要になる経験もしてきた。
となると、一見無駄に見える私の浪費も、理にかなった妥当な投資だったと・・・言えないですか?
言えないですかぁ。


また、途中から、「寄り道」というテーマに加えて、「ひとり暮らし」という謎のキーワードも念頭に置いていたために、大抵のことは自分ひとりでやることが多くなった気がする。
元元その素質はあったのだが、今ではひとりで行動することに一種の安らぎや癒しを感じているくらいである。
また集団としてではなく、個人としての自分の行動に自信を持てたのは大きな収穫であるし、必要以上に“群れない”あるいは“馴れ合わない”ことで、事態をだいぶ客観的に見れるようになったことは自分の強みのひとつになりつつある。

だが一方で「遊びも旅も芸術鑑賞も、ひとりでやらなければ嘘なのでは?」という考えに至りそうな状況に、今の私はいる。これは確かな事実だが、あまりよくないことと思っている。
それに近頃、仲間内の集まりに顔を出すのも億劫に感じて、実際にあまり参加していないのだが、これについても少し後ろめたく感じている。
ひとりで暮らすことは全然いいが、自己の深みに入り、変に閉鎖的になるのはあまり褒められたことではない。
実際、自分のことはとても大事だが、周囲の人人の視線(評価)もそれと同じくらいに気になるのだ。
筆者は人並み以上に利己的な人種ではあるが、決して孤立を求めているわけではない。
自分の哲学を、あの極端な考えをしがちな人達に理解してもらえるにはどうしたらいいのか。
かといってあの嘘っぽい“群れ”や“馴れ合い”はしたくない。
この辺りのジレンマに悩むことが最近増えた。
こういう悩みは、例えば試験がどうのこうのという現実的問題と違って、輪郭はないが、それ以上に身を刺し、苦しめる。

悩みを解消するのは私の悲願だが、今では問題解決は果たせないだろうと半ば諦めている。
自分の哲学が理解されるあるいは受け入れられることはもはやないだろう。
私の、その他大勢の考えが理解できないのとまったく同じことである。
だが、ここで新しく問題となるのは、その他大勢はその他大勢で一応考えを理解し合っていることで、こちらは全くの多勢に無勢・・・って、どっせい!
なんだか話が暗くなってしまった。
年の瀬に気持ちを落してどうするのだ。全くいいことがないぞ。
これについてはもう終いにする。
わざわざこれ以上に落ち込む必要もない。



さて、西暦2013年、仏暦にして2556年を振り返ってみると以上のような感じになる。
あまりいい年には見えなさそうだが、事実はそうではなく、大学に入ってから例年そうだったように、今年も色色なことができて楽しかったのである。

読者諸君はどのような一年を過ごしただろうか。
読者諸君の2013年が楽しい一年であったことを祈って、このレポートも結びにしよう。
今後ともこの日常系赤面ブログ『野良犬の生活』をどうかよろしく。
それではまた来年に会おう。
では、失敬。





にほんぶろぐ村医大生ランキングに参加中(赤面)

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ

医大生人気ブログランキングに参加中(赤面)



FC2ブログランキングに参加中(赤面)




この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2013/12/28(土) 18:18:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◆日常系赤面ブログ「野良犬の生活」年末年始期間凍結のお知らせ | ホーム | 今年のキーワードは「映画」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/242-f58ad400
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。