野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

二重廻しをひっかけたら

先日購入した二重廻しを、今日、早速羽織って学校に行ってみた。
流石の筆者も、これを学校に着て行くかどうかは悩んだものの、なんだかんだ言って結局は日常的に着て行きそうになりそうな予感がするし、周囲の人人に色色言われることにはもはや慣れているし、
それに、できるかぎり早く彼らをこの外套姿に慣れされさせたいと考えて、例のインバネスコートを着用して登校するに至ったのである。
これは私の経験則だが、いくら物珍しい服装等をしていても、文句を言われるのは最初だけで、周囲の人間たちも段段とその光景に慣れていくものなのである。

ちなみに昨夜は、今日に向けての伏線を張る意味で、twitterに例の二重廻しの写真を投稿しておいたし、「二重廻しをひっかけて」という赤面レポートも提出しておいた。


このコートは、かなり温かいし、ちゃんとポケットもついているので、機能面に問題はなさそうである。
着こなしについても、初お披露目ということで珍しく気合の入った衣装にしたから、服装には隙はなかったと思っている。
結果、まったく大学生らしく見えないうえに、かなり怪しい男が出来あがってしまった気がしないでもないが、今更そんなことは気にはしない。


さて、クラスの友人達の反応だが、昨夜の赤面ツイートや赤面レポートを読んでくれたのか、「太宰治か。」とツッコんでくれる人がひとり。いやあ、ありがたいねえ。
また、同じく太宰関連ということかもしれないが、とあるクラスメイトがした評価「恥の多い人生を歩んでそう。」は、太宰についても筆者自身についても、あまりに表現が的確で、これには私は内心感嘆しているのである。
ハリー・ポッターみたい。」ということを言う友人もいたが、こんなことをいう輩は二重廻しについてはおろか、ハリー・ポッターについても全然わかっていない。
そもそも「○○みたい。」なんて感想は、全くセンスが感じられなく、取るに足らないものになりがちなので、あまりやらない方がいい。
今回は「○○」に入る人物名(わかるよね?)が正しい場合に限っては許可するつもり。
一方で、単純に「かっけえ!」と言って“くれる”人もいた。ありがたいねえ。
二重廻しは現代人には盲点となっているだろうが、実際結構かっこいいのである。
流行ってもいいのよ。(結構着る人を選びそうだが。)
しかし、女子ウケは微妙。
大正時代が云云・・・。」とか言って「でも、いいと思う。」と心やさしく、当たり障りの無いフォローをしてくれる人もいたが、大抵の女性には失笑の対象となるみたいである。
いや、全然気にならないが。ホントだし。
また予想外の方向からは「唯一無二の存在になりつつある。」ということも言われた。
これはこれは大仰な批評が飛び出してきたなと思ったが強く印象には残った。

・・・とまあ、周囲の人人の評価は、いつもの通り、賛否両論となった。
どちらかというと「賛」の意見の方が多かった気もする。
だが、そんなことよりも私は、分からないものを「分からない。」と言って、見て見ぬふりをする人がいなかったことが少し嬉しかった。
分からないなりに考えて、そしてなにか言葉をかけてくれるその気持ちが嬉しかったのである。


これまで、突然ポンチョを学校に着て行ったりと、様様な“友達が減りそうな試み”をしてきたが、この二重廻しは、ある意味ではその集大成になりそうな予感がする。
まあ、二重廻しを着ているときの私は、ラスボス形態だと思ってくれればいい。


通学に限らず、お買い物や散歩など、これから普段の生活でもひっかけていくつもりだし、いつかこれを羽織ってどこかに旅にも出てみたい。群馬県湯宿温泉とかどうだろう。


そんな筆者の心は、もうすでに二重廻し愛用者のそれであった。





にほんぶろぐ村医大生ランキングに参加中(赤面)

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ

医大生人気ブログランキングに参加中(赤面)



FC2ブログランキングに参加中(赤面)




この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2014/01/16(木) 19:11:56|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014.01.12 核P-MODEL「パラレルコザック」2日目ライブレポ | ホーム | 2014.01.11核P-MODEL「パラレル・コザック」1日目ライブレポ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/261-1a4780ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。