野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シバケンの濡れ濡れ幸薄東京ツアー

シルク・ドゥ・ソレイユの新作の鑑賞やオフ会などの都合があったため、二月の金土日の三日間にわたり、先月に引き続いての東京ツアーを組んだ。

現地到着は金曜の午後。第一にこの日の夜にシルク作品を観に行く予定であった。
しかし当日は日本全域を大雪が襲い、ここ東京も例に漏れず、雪が降り、風も吹いている。
電車等の公共交通機関の機能マヒが心配だったが、いざ東京に到着をしてみると、予想外に路面がひどく、私は諸事情によりジャック・パーセルを履いていたので、滑って滑って大層歩きづらい。
当初はショーを観る前に、サブカルの聖地・中野ブロードウェイ内、馬の骨御用達のshop MECANOに足を運んでみようと考えていたが、やはり会場までの交通のことを危惧し、それは諦めて、すぐさまビッグトップの建つお台場に行くことに決めた。
幸いにもりんかい線が動いていたので、まっすぐ東京テレポート駅に向かう。
開場まではだいぶ時間があったので、近くのシャレオツスポット・ヴィーナスフォートで待機をすることに。
最初から分かっていたことだが、ぼっちヴィーナスフォートは寂しい・・・。
唯一の良心ヴィレッジヴァンガードにたむろし、屈強な男ひとりでペットショップで仔犬たちのあどけない姿に微笑んだりして時間を潰していたが、それにも限界を感じ、普段全然行かないけどスターバックス・コーヒーで読書でもと思って行ってみたら、案の定店内はグループ、カップルばかりで「ここはお前のような日蔭者が来る所じゃない。」という現実を突きつける。
運良く施設内にはチェーンではないがもうひとつカフェがあって、これまた運良くガラガラだったので、最後はそこに落ち着き、キャラメル・バナナタルトとマキアートを味わった。



ショーの終演後、りんかい線は遅れながらもしっかりと運行していたので、無事に台場を抜け出すことができ、メトロも乗り継ぎ乗り継ぎ、宿舎のある赤坂に至った。

なんというか、東京で雪が降る、とはこういうことを言うんだなあということを実感できた日になった。
私は雪国で生まれ育ってきているわけだが、毎冬に「東京で雪が降った!」という全国ニュースを、「おいおいこんな雪でヒーヒー言ってどうする。ほら滑った、はっはー。」と言った具合に眺めていたが、実際に体験してみると、自分が思ってた以上に大変だった。
それは生きる手段を奪われるという大変さで、雪国における“量”の雪害とはだいぶ方向性が違うわけだが・・・。




土曜日になると、昨日の雪は雨に変わっており、風はまだまだ吹いていた。
この日の夜にオフ会があったので、さてそれまでどうしますという話であったが、まずは洋館探訪だなと決意して出掛けた。
朝一で向かってみたのは、北区にある名建築・旧古河庭園だ。
最寄りの東京メトロ西ヶ原駅から地上に出てみると、外は大荒れかつ、前日に積った雪が融けてきているのか、その雪解け水が歩道に溜まっている。水溜まりとか、そういうかわいいものではなく、ちょっとした洪水である。
先述の通り、私はジャック・パーセルを着用しており、歩いていると冷たい水やら雪やらが靴の中靴下の中に入ってくる。
「滲みる」のではない。「入る」のだ。寒かったですヨ。
雪に足を取られながらひたすら歩き、横から吹き付ける風によって全身雨に当たったり傘も逆立ったり、道路を走る無遠慮な車が雪を跳ね飛ばしてきたりで、それはもう大層びしょびしょ濡れ濡れになって、「どうしてオレは歩くんだろう。」という哲学の心境、あるいは「悪天候の洋館というのも不気味な味が合っていいものさ。まあ、髪を後ろで結んだ少年とその幼馴染の女の子がいたら、オレは誰かに殺されるかもしれないけどな。ふふふ・・・。」というおおよそ正気とは思えない境地に至りながらも、やっとのことで目的地に着いてみると。

旧古河庭園、臨時休園。

少しだけ感傷に浸ったあと「まあそれもそうだな。」
そして、すぐさま今来た雪と水の道を駅に戻る。
寒かったですヨ。いろいろと。
うぅ・・・。


ちなみに通常の旧古河庭園は下図のような時空をも超える名館である。(画像はネットで仕入れた。)

a0212807_23114562.jpg



さて、こうなってくると、計画がすべて狂ってくる。
本当はもうひとつ洋館を訪れてみたかったのだが、先程の経験から、もしもということもあるし、第一あまり外を歩きたくない。
ということで、予定を変えて、私は前日には諦めた、中野ブロードウェイshopMECANOに行くことにした。
サンモールで靴やら靴下やらズボンやらの替えも買えるしな。

中野駅は北口を出て早速サンモールでお買い物・・・と意気込んでいたら、ズボンが乾きつつあることに気づいた。電車の暖房で乾かされたのか?
そのためズボンの替えは必要ないということにして、とりあえずユニクロで靴下を購入。早速履き替える。
今度は替えの靴だが、ABCマートを覗くと、店が小さくて品揃えがいまひとつ。
その割にいいメーカーの品しか置いていなくて、今後のことを考えると手持ちの経済では厳しいものがあったため、新しい靴の購入は断念。
雨が弱まり、次第に空が明るくなってきているので今後はあまり心配はないかもしれないと納得させた。


お目当てのshopMECANOは12:00オープンということで、それまで中野ブロードウェイ内の書店で時間を潰し、オープンしたらすぐに店に入った。

馬の骨(音楽家・平沢進のファン)の聖地・shopMECANO

140215_121759.jpg

案外小さい店である。
有名な店長さんもちゃんといて、嗚呼ついにやってきたんだ・・・!とこれには感慨の浅からぬものがあった。
そして凄まじい品揃え。
平沢進関連はCD・DVDさらにはレコードと、絶対ここでしか買えないものがズラリと揃っている。
テクノ(・ポップ)ということで、クラフトワークヒカシュープラスチックス中野テルヲ戸川純などのスタンダードなラインナップもほぼ揃っている。
驚きだったのは、たまの商品もあることで、もしかしたらここは天国かもしれない。胸がドキドキするのが自分でも分かる。
そんな中、私はPEVOの「CONVEX AND CONCAVE

img_658562_63681817_0.jpg


あとはsoyuz projectと迷ったが、平沢進の「Switched-on Lotus」を購入。

51185471.jpg

いやあ、いい買い物でした。(ホクホク
他にも欲しいものがたくさんあったので、本当に東京の人たちが羨ましいぞ!

買い物ついでに、店長さんに、先の核P-MODELライブ「パラレル・コザック」の開演前BGMについて尋ねてみると、店長さんは豊富な知識を活かして(あるいはもはや聞かれ慣れているのか)丁寧な説明をしてくれた。
CDを紹介して「このあたり。」と教えてくれたが、白状してしまうと、そのときに教わったことは、今はなにも覚えていない。(デデーン
メモしとけばよかったな。


MECANOの他にも、ブロードウェイにあるマニアックなショップを巡ってみる。
ミリタリーグッズの店とか、博物館級のアンティークショップとか、ファミコンの激レアソフトを揃える店とか、ここには私の琴線に触れまくるテナントしかなく、やはりここは天国なのかもしれないという感情を噛みしめながら歩き回った。
特に、ウルトラマンのフィギュアを並べる店(確かまんだらけの店舗のひとつ)は最高に楽しかったなあ。
全く欲しい物がたくさんあって困るぞ☆(嬉しそう)



ブロードウェイをあとにして、サンモールを再び駅に向かって突き抜けると、早朝の悪天候が嘘のような、気持ちのいい空になっていた。
そういえば腹が減った。丁度いい時間だし、昼ごはんでも食べに行こう。
私は昼食を求めに、一路浅草へ。
ずっと気になっていた老舗の味を堪能しに向かった。


つづく










にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2014/02/18(火) 11:25:23|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「第二回 新・午前十時の映画祭」開催決定! | ホーム | シルク・ドゥ・ソレイユ「OVO」東京公演感想レポート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/299-45550965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。