野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シバケンの濡れ濡れ幸薄東京ツアー3

早くも東京滞在最終日。
金曜は風雪、土曜は風雨、そして日曜ともなると、あの荒天が嘘のような見事な晴天になった。(土曜の午後から晴れてたんだけど。)
この日の10:00に出るバスで新潟無機終焉都市に帰る予定だったが、せっかく晴れているのだから早朝でも訪れることのでき、それほど遠くない位置にあるスポットを巡ってみようと考えた。

明治神宮

CIMG2067.jpg

早朝の寺社仏閣が好きだ。
空気が澄んでいてこちらも清廉な精神になるし、何よりも人がいなくて静かなのがいい。
参道は、都心にあるとは思えないほどの森めいた景色である。
いや、都市のなかに森があるというよりは、この森を残して都市が作られたんだろうな。順番を逆にしてはいけない。
昨日、一昨日と、都会の人混みの中を歩いていたから、ここにきて私はやっと心根から落ち着ける場所に来ることができた。
参道にはまだ雪が少し積っていたが、職員の人たちの頑張りで雪かきがされていて、気にせず歩くことが出来る。
神宮に限ったことではなく、私達が東京の街並みを歩けていたのはこういう雪かきをしてくれた人達のおかげであったのだ。
どう?私の田舎で雪かきやってみない?


ところで、私の家族、特に母と祖母は、私の旅中の写メを楽しみにしているところがあるので、私も時々スナップしてはそれを電子メールで送っているのだが、
神宮を出てもまだ時間があったので、私は行かなくてもいいと思っていたが、家族サービスとして、今度に向かってみたのは、国会議事堂

140216_090225.jpg

というか、空が滅茶苦茶綺麗だ!

メトロの駅からこの議事堂正門前までは歩くのだが、やはりこの辺りは中央官庁が揃っているので、警官が常に周囲を監視していて、大変に物騒であった。歩いていると、なんだか申し訳なく思ってしまう。
こういう光景を見ていると、警察は国を守るためにいるのかなと考えてしまい、「おまわりさん」という言葉は死語となりつつあるのかもしれないという思いを馳せた。(あくまでこのエリアだけのことだろうと思うところもあるが。)
首相官邸もちらりと見物。中々いい建築じゃないか。



さて、そろそろいい頃合いだったので、帰りのバスの出発場所に来てみると。


帰りのバス運休。


私、この時思ったんです。
「嗚呼、今回の旅は濡れ濡れ幸薄東京ツアーだな」ってね。


晴れてるから忘れてたけど、そういや先日に大雪があったのよね。
で・・・どうすんの?
明日、欠席認めない学校“fuckin'”行事があるのよ?
帰んなきゃダメよ!(突然のオネエ口調)


ということで、急遽新幹線で帰ることに。
財布にも、貯金口座にも、片道の新幹線代を補えるほどのお金は入ってなかったので、家族に連絡して、少しお金を振り込んでもらうことに。
この時、オレオレ詐欺疑惑をかけられたことは言わないでおこう。


上越新幹線の発車駅、東京駅に向かった。
私のように急な事態に見舞われた旅行者もいただろうし、他の路線も遅延や運休を来していて、新幹線改札付近は切符を求める人達や出発時刻を待つ人達でちょっとしたパニックになっていた。なんか楽しい!
ここにいるのはキツいから、一度駅を丸の内方面に出てみると、さきほどの混雑が嘘のようで、ここにある券売機で悠々と帰りの切符を手に入れることができた。
もしものことを考えて指定席券を購入したこともあって、大いに安心した気分になった。

出発までは時間があったので、まず名建築と名高い東京駅舎を見物することにした。

CIMG2091.jpg

CIMG2097.jpg

CIMG2098.jpg

CIMG2131.jpg

CIMG2121.jpg

CIMG2141.jpg

CIMG2137.jpg

東京駅の竣工は1914(大正3)年、その後改修工事や、最近話題になった復原工事によって現在も当時と何ら変わらない姿で残っているらしい。
設計は、日本銀行本店などを手掛けたことでも有名な辰野金吾である。
個人的な話で言えば、以前見物した旧日本銀行小樽支店も彼の作品である。

そんな歴史はさておき、この日の駅舎は代名詞の赤レンガが日に映えてキレイだ。
所々に見られる意匠も実に壮麗。ヴィクトリア様式と言えばいいのだろうか?


子供の声「すごーい、写真撮ってる人もいるよー。」


フフフ・・・、キミにはまだこの魅力はわかるまい。

それにしても、これほどの建築を未だに都市機能の中枢として利用している東京都は、なんとも恐ろしいなと感じた。
見慣れているからどうってことない、とか言えるレベルではないと思うのだが。


南北のホールも見応えがある。


CIMG2114.jpg

CIMG2118.jpg

CIMG2109.jpg

CIMG2113.jpg


全く見事だ。
ずっと見上げていても飽きない。


予期せず名建築探訪ができて満足したが、東京駅構内には、様々なテナントが入っており、活気のある中、それを巡るのもまた楽しい。
お店をじっくり見て回るとなると、一日くらいは欲しいのではないか。
バカデカイ駅弁屋があって胸が高鳴る。
全国の名物弁当が揃っていたが、せっかく東京に来たのだからと、私は昼食用にまい泉のカツサンドを、夕食用に深川めし弁当と、崎陽軒のシウマイ(それ横浜やんww)という、ベッタベタな代物を購入しちゃった。

他にも新・東京名物のスイーツ店も覗いてみるが、知らないうちにいろんな商品が出ているんだな。今や東京のお菓子はひよこだけではない!
買う気は全くなかったが、見ているだけでもやはり楽しい。
お店のお姉さんから試食としてもらったスイーツは、ひとかけらだけだったけど、かなりおいしくて驚いた。
「買ってもいいかも。」と思いながら、行く手をふと見てみると、各店のお姉さんが試食用のケースを持って、私の方を見ているではないか。
この時点で大体の状況は察せたが、買う気はさらさらないのに、試食だけもらうというのも、少しみっともない気がしたので、すぐさま方向転換してその場を去ることにした。


さて、新幹線を利用して拠点に戻るのだが、こういう機会は滅多にないので、新幹線ホームに他の新幹線車輌を観に行くことにした。
私は男の子らしく乗り物好きの顔も有するのだった。やっぱり新幹線はカッコイイからな。(旅の方法としてはあまり風情はないが。)

CIMG2179.jpg

N700系のぞみ」ですかね。
東北新幹線とか上越新幹線にはまだ馴染みがあるけど、東海道新幹線を見かけることはあまりない。

CIMG2153.jpg

N700系の・・・「こだま」?「ひかり」?
どっちだったかなあ・・・。

CIMG2169.jpg

E2系の「なすの」初めて見た。

CIMG2209.jpg

我らが秋田新幹線(秋田は新幹線通ってるよ!)、E3系こまち

CIMG2157.jpg

そして明らかに浮いてるE6系スーパーこまち
かっけえ!

CIMG2171.jpg

こちらも浮いてるE5系はやぶさ
これもかっけえ!顔ながーい!

CIMG2165.jpg

「スーパーこまち」と「はやぶさ」は連結して入って来る。
これを見て思いだしたのは、私の好きな同人作家さんが「○○と繋がったままでいたいから・・・。」というセリフをよく使うってことなんだけど、どうでもいいですか?

それにしても上の二車輌の別格っぷりは異常だ。


でも私の中の新幹線・ザ・ベストは

CIMG2185.jpg

山形新幹線E3系つばさ」なんだよなあ。
この武骨なシンプリティがたまらない。



なんやかんやで帰りの車輌「MAXとき」325号がホームに着いたのだが、私は違うホームに写真を撮りに行っていたので、それを見つけて大慌て。
急いで走ってなんとか無事に乗りこむことができましたとさ。


東京駅から新潟駅までは約二時間で着いてしまう。
いろんなことがあって大変だった東京への旅行も、一切の余韻もなく短時間でいつもの生活に戻ってしまうのが、なぜかものすごく悔しかった。










にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください
  1. 2014/02/23(日) 17:30:31|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シバケンの濡れ濡れ幸薄東京ツアー | ホーム | Here comes the “son”.>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/301-3bb6b9b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。