野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

朝焼けBANZAI


 

 田舎暮らしの朝は早くて遅い。まず目が覚めるのは午前五時半頃。私は比較的朝に強い方だがこれではさすがに早すぎる。普段なら六時過ぎに自分で目が覚めるのだが、実家に帰ってくると夜遅くまでやることがなくなり、いつもより早寝の習慣がつくので、きっとこれが早起きの原因だろう。とはいえ、こんな早い時間に目覚めを迎えても仕方がない。まだ家族は寝ているので、すぐに個人用寝室のある二階からリビングのある一階に降りて、ひとりで活動を始めてもまるでどうしようもない。そのため私は、やっと家族が動き始める七時くらいまでは布団の中で音楽を聴いたり本を読んだりなどしている。私は長期休暇中の学生という身分で実に気楽なものだが、父と姉はしっかりと働いているし、母は主婦ということで朝にやる仕事の量はかなりのものになるので朝はあまりのんびりできない。各人それぞれが慌ただしくしているなか、家族内でいちばん遅く飄々とリビングに現れる私はここでは「寝坊」という全く有難くない称号を与えられてしまった。本当は誰よりも早く起きているのに、なんとも妙なことになった。
 そんなある日の朝のこと。いつもの時間に夢から醒めた私は、これまたいつものようにもぞもぞしながら定時を待っていた。ふと何の気なしに壁の方に目をやると、長年見慣れている白い壁に、謎の橙色の筋が縦に通っていたのだ。無論こんなことは初めてである。思わずギョっとしたが、よく見てみるとその筋が通っているところは、ベッドサイドのカーテンの隙間から漏れる朝日の光線が映る箇所に全く合致していた。もしも筋の色が白っぽいものだったらすぐに合点がいくのだが、この日は見慣れぬ鮮やかな橙色。もしやと興味を覚えた私は、少し億劫ではあったが思い切ってカーテンを開けてみた。

 朝焼け。窓から見えるいつもどおりの町の景色に、その日はひとつオレンジの光を放って燃える大きな火の玉があった。

 いきなり目に入った明るい橙の光と、町につもった雪の白が眩しくて目が痛いほどだったが、不思議とその光景からは目が離せなかった。日の出の光は雪や霞の白いぼかしに吸収されているのか、空一面をオレンジに染めるまでには至らず、まるで光線がまっすぐに部屋の中に射しこんでいるようであった。部屋までずっと見ていると、例の火の玉はどんどん高く昇っていく。ああ、地球は本当に回っていたんだなあと、ごくごく当たり前のことを今更のように実感した気がした。果てしない銀河の一点たる青き球体、その表面の一点にも満たない微細な地点に現在の自分がいるのだと考えると、生来の神経質からいつも何かしらについて抱いている不安が、そのときだけは忘れられたような気分だった。後ろを振り返ってみると、窓枠の形に沿って室に入るオレンジの光が映る白い壁に、自分の影ができていた。










にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2014/02/26(水) 17:41:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<思い出のビデオ | ホーム | 命名の技法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/304-8547d822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。