野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

凍結の果てに

 ここ一週間、ブログの更新を停止させていた。この停止措置は当初全くやるつもりはなく、実に緊急的なものであった。先の停止措置を知らせる赤面レポートには筆者の春期休暇の都合によりと書いておいたが、これは停止に踏み切るに至った理由を説明するにはあまりにも不十分な記載である。また、私は現在ブログを回していくのに多少困難な環境にいることも確かな事実だが、これも停止を決定する直接的な理由とはならない。すべては私の神経質で面倒な人性からくるのである。
 私はこれまで長い間、一日に必ず一つは新しいレポートを提出するという、今思うと殊勝な慣習を守っていた。旅先という環境に身を置いた際には当例を欠かすことは度々あったが、これは全くやむを得ないことであったし自分でも納得できる事情である。また、一定の期間を決めてブログを完全凍結状態にすることもあったが、これは、この日からこの日迄といったふうに、以前から休ませることに決めていたのであり、一種の戦略的休息と言える。しかし、件の停止措置は、これまでに一度も覚えのないような異例の試みであった。
 先述しているが、今現在私はブログを回しづらい環境にいる。とはいえ、これについては私も前々から見越していて、対策する法も用意しており、それが案外と功を奏して、思ったよりも長い期間で例の一日一つの習慣を続けることが叶ったのである。だが、こうして私が日々のブログの回転にこだわればこだわるほどに、私の仕事が粗悪になっていくのが自分でも判った。読者諸君にはどう映るのかは私には判らないが、筆者自身では、現在のような環境下で書いたレポートには実のところ微塵の満足をも覚えていないのだ。このブログは備忘録の役割も有っていて、以前の私は、旅行記やライブの感想文など、自分が書いた文章を読み返すのが割と楽しく思う向きであったが、近頃のレポートのほとんどは書いた自分が読んでも全く面白くなくて、むしろ心苦しく思ってしまうような有様だった。この状況を判りやすく描写すると、つまり私は以前よりも文章を書くことが楽しくなかったのだ。それなのに毎日の更新に気が散って、集中を欠かせて推敲も重ねず実質の熟さないままに一種の惰性でズルズルと続けていたのである。この何の楽しみもない労動を続けることを次第々々に億劫に感じ始め、某日その鬱積がある程度を満たしたのか、テーマは構想されていても言葉が全く思い浮かばずに呆然としてしまうという自身初めての事件に行き当たり、ついに今回甚だ消極的な姿勢でブログという習慣から距離を置くことに決めたのだった。単純の極地のような表現をすると、ブログを書くのが疲れてしまったということになろう。

 日課であるブログから離れて淡々とした暮らしを立てていると、気分も変わっていつもとは違ったことを考えられるようになる。現在私は今後の予定についての事務的な仕事を三つ抱えているので、意識や時間をそれらに割くことができ、そのうち一つについては概ね落ち着いている状態にまで持ち込めたので、こういう点でも都合がよかったかもしれない。また、これまでのように躍起になってブログ執筆の習慣を果たしている最中にはあまり考えることのできなかった、私の生活におけるブログという一趣味の立ち位置について再確認することができたのは意義深いものがあったように感ぜられる。こういう機会を得たことで、今の私はことブログに対しての見方はだいぶ冷めている。
 そもそも毎日の更新に固執することはなかったのである。性格から言っても、自分には量より質を求めるタンデンスがあることは誰よりも私が判っているし、第一、私は文章を書くこと自体が好きなのだ。一日一つということに頑になって自身で納得のいく文章が作れなくては本末転倒である。また私には案外、牡牛座らしい芸術家肌のところがあるのか、類の差別なく自分の作るものに関しては細部に亘って工夫を凝らし、何よりも自分が満足できるものを作ることを楽しむ傾きがあるのである。レポートを書いても誰にも読んでもらえない日々が続いたせいか、だんだんとブログの読者が増えたりランキングが上がったりしたときは嬉しく思ったのだが、その余り私はだいぶ浮かれ、図に乗り、サービスの虫もうずき始めてきて、もしかしたらそれが私が毎日のブログ更新にこだわっていた理由の一つかもしれない。面倒だからいっそブログを消滅させてしまおうかと一度は考えたが、せっかく好きで続けられることができたのにそれを手放すのは、これまで私が様々なことに手を出しては程なく意欲も失せて取り組みをやめる経験が多いのを自分で情けなく感じていることもあって、それだけはやはりできないと心に決めた。そして今後についての思索は、一日一つのレポート提出は難しくなるかもしれないけれど自分で納得できるものを出すこと、これこそがのんびりした気性の牡牛座生まれにふさわしいやり方だという思いに落ち着き、意図せずブログの転換期を迎えたような気がした。

 自分とブログの距離感を確認したついでに、ここで今一度このブログに向かうスタンスについても宣言してみようと思う。ずっとブログを書き続けていて何を今更と訝しがる読者もいるかもしれないが、そもそも私はブログを始めてまだ一年とわずかの青二才で、文章を書くということについても依然として不慣れであるため、その姿勢は盤石ではなく今も揺らぎ続けているのでこれくらいはまだ大目に見てほしい。
 まず、先ほどからの流れで、ブログを毎日更新することにはこだわらないようにしたいというのが一つ。自分で満足のいく文章を作ることにこだわっていきたい、作品として残すような心組で丹念な文章作りを心がけていきたいということである。この方が純粋に楽しいし、長続きの秘訣ともなってくれるだろう。そんなことは勝手にやればよかろうと思う読者がいるだろうが、私がこんな些細なことを宣誓しているのは、その誓いをおっぴらなものにして少しばかりの責任感を持たせるためであるから、どうかご容赦いただきたい。
 あとは内容についてだが、これに関しても実は停止期間中に一考を催した。それというのは、私の日常などには興味のない読者がほとんどであるだろうから現在主要なレポート・カテゴリである日記の類を一切書かないことにして、旅行記や観劇、映画鑑賞等の感想文を不定期に投稿しようかという議論であったが、私は、旅行や鑑賞などは生活の一部あるいは延長線上にあるものであり、根本にある生活こそが大事なのであると日頃から考えているので、その記録たる日常記を無下にすることはどうにもできそうになく、先述の案は却下という運びになったのだ。結局、今後の内容はこれまでと変わらずに、日常記をメインとして時折旅行記や各種感想文も提出するという形式に相成った。

 ブログは筆者が好きなことを好きなように書くのが一等だと思うし、これこそがブログを続けるコツであるとも聞く。この伝に則り、これから私は以前と同じように、自分の暮らしや思考、趣味、興味のことを文章に起こし、シバケンというあるひとりの人間についてのポータル・サイトと言うべきものを作り上げていこうかと思っている。おそらく内容は「多岐に亘る」というよりかは「煩雑になる」と言った方が正しいような仕上がりになるかと思うが、その煩雑な中からたった一つでも読者の琴線に触れるようなものを作れたら、そして自分ひとりだけのお気に入りが見つかる古着屋、古書店、雑貨屋あるいはヴィレッジ・ヴァンガードのようなブログができたらいいなと願っている。










にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2014/03/18(火) 19:35:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「Frozen」を観て | ホーム | ◆日常系赤面ブログ野良犬の生活春期休暇期間凍結のお知らせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/314-0c819b33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。