野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鎌倉曇天洋館探訪

 用事があって横浜に出かけた。その用事は数日を要するものだったが、最終日の夜に横浜に泊まると翌日新潟無機終焉都市に戻るまでにほぼ一日の自由時間を設けることができるので、それを利用して鎌倉の洋館を巡ってみることにした。独特の武家仏教文化が根づいた鎌倉には、今も数多くの古刹が残っているということで知られ、やはり主要な名所はそれの類であるが、意想外に明治~昭和初期竣工の洋館がいくらか保存されている。
 その中でもとりわけ知名度が高く、観光客も集まるのが鎌倉文学館である。これは旧前田利為鎌倉別邸を再利用した施設で、常時鎌倉にゆかりのある文豪にまつわる展覧会を開いている。前田利為の本邸は東京の駒場にあり、そこは私も今年の初めに訪れている。江ノ電由比ヶ浜駅を降りて道を歩き、松鶴洞という石造りのトンネルを抜けると館が姿を現す。鎌倉の自然に調和するようなクリーム色の外壁に、対照的に鮮やかなブルーのスパニッシュ瓦が映える。一見シンプルな構造に見えるが、ところどころに透かし装飾などが見える。窓のバリエーションも豊かで、ステンドグラスのデザインも見応えがある。ステンドグラスは館内から見ると細かいところまでよく分かる。館内は現在展示室として使われているが、それでも要所の装飾は残されている。玄関ホールなどは洋風で重厚感があるが、その他の居室は直線的でシンプルにデザインされてあってすっきりした印象を与える。庭園も広く造られており、バラ園もあるのでシーズンになったらさらに情緒のある景色が見られるかもしれない。

CIMG2512.jpg

CIMG2515.jpg

CIMG2518.jpg

CIMG2523.jpg

CIMG2522.jpg

CIMG2531.jpg

CIMG2530.jpg

CIMG2521.jpg

CIMG2528.jpg

CIMG2527.jpg


 その文学館から歩いてすぐのところに、観光地ではないが、見事な歴史的建造物が残っているというのでそこにも足を運んでみることにした。それは鎌倉市長谷子ども会館という施設で、旧諸戸邸とも呼ばれ、現在は地域の子供たちのための施設として使われている。そのために内部を見ることはできないが、なんと竣工は1908(明治41)年という長い歴史があり、外から眺めるだけでもあやしげな風情漂う名建築である。市が管理する施設であるため見物する際は迷惑をかけないようにしたい。

140327_105306.jpg

140327_105225.jpg

140327_105109.jpg

140327_105126.jpg

140327_105120.jpg


 八幡宮から東へと走る金沢街道にも洋館が残っている。それこそが旧華頂宮邸(旧華頂博信邸)である。鎌倉駅からバスに乗って浄明寺で降り、そこから報国寺方面に歩いていくと辿りつく。柱が露出されたハーフティンバー・スタイルの屋敷で、直線的なデザインに見える。またテラスから眺める幾何学模様の庭が大きな特徴である。館内の見学はできなかったが、調べてみると期間限定で公開をしているみたいである。余談だが、この日の天気は曇天の霧雨であり、ひとりでこの鎌倉の自然のなかに佇む洋館を訪れてみると、なんだか物騒な雰囲気で背筋がそわそわと落ち着かなかった。

CIMG2631.jpg

CIMG2635.jpg

CIMG2614.jpg

CIMG2608.jpg

CIMG2597.jpg

CIMG2589.jpg

CIMG2591.jpg

CIMG2581.jpg

CIMG2580.jpg

CIMG2579.jpg











にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2014/03/29(土) 11:58:32|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「貧困旅行記」つげ義春 | ホーム | 鎌倉独歩記(かまくらひとりあるき)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/322-7981181f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。