野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

港の見える丘の洋館

 少し用事があって横浜に出かけた。新潟から朝の新幹線に乗ってまずは東京へ。そのまま横須賀線に乗り換えて鎌倉に向かう。鎌倉に着いた時点でまだ午前の時刻である。約束の時間はその日の夕方遅くだったために、それまでの空き時間を観光にあてようと考えていたのだ。目星をつけていた所はだいたい見て回ったが、それでもまだ時間があったのでひとまず横浜に移動しておいて、予定の時間まで洋館を見物して歩くことにした。
 横浜は開港以後多くの外国人が住むようになり、洋風の住宅や教会、外国人墓地など、彼らのコミュニティを支える多くの施設が作られ、今も当時の異国情緒漂う街並みが残っている。特に山手地区には、後に移設されたものも含めたくさんの洋館が建っている。昨年友人たちと横浜に旅行をしたときに、私のわがままから山手の本通りの洋館巡りをさせてもらったのだが、その時に港の見える丘公園の二つの洋館には足を運ぶことができなかったので、今回はいい機会と思い、見学をして回ることにした。
 みなとみらい線の元町・中華街駅を元町方面に出ると、途端に異国の雰囲気が漂う。通りを歩く人に外国人の姿も目立つ。そこから歩いてほどなくすると港の見える丘公園に至る。その名の通り、この丘の上からは横浜港やベイブリッジを望むことができる。この公園近くに残る洋館で特に目立つものが横浜市イギリス館である。もともとは英国総領事公邸として作られたものだが、現在は会議室やホールを利用できる市民施設となっている。外観は白を基調とした直線的でシンプルなデザインながら同時にどっしりとした重厚感もある。館周辺には洋風の庭園があって、これの意匠も見応えがある。市民利用施設ということで、館内は家具などは取り払われている印象があるが、バルコニーの丸窓や照明のデザインがかわいらしい。

CIMG2397.jpg

CIMG2401.jpg

CIMG2419.jpg

CIMG2423.jpg

CIMG2433.jpg

CIMG2445.jpg

CIMG2438.jpg

CIMG2441.jpg

CIMG2403.jpg

CIMG2391.jpg
 

 イギリス館を囲む庭園を、港の見える丘公園の南端方向に歩いていくと、この辺りでもとりわけ小ぢんまりとして愛らしい洋館に出会うことができる。それが山手111番館。またの名を旧ラフィン邸という。白い外壁に明るい橙色の瓦はまさしくスパニッシュ・スタイル。小さい庭には花が植えられていてここでもかわいらしい印象を抱く。この洋館は地上二階地下一階のつくりだが、建物の背面に回ると地階の壁が露出していて一見三階建てにも見える。でも正面から見るとしっかりと二階建てなのである。ちなみに現在地階は瀟洒なカフェとなっている。館内は一階のみ見学が可能である。内部もやはり小ぢんまりとしているが、鮮やかで清涼感のある外観と異なって、暖炉や照明その他の家具のつくりは格調高いものとなっていて、そのギャップに驚いた。入ってすぐのホールが吹き抜けとなっていて開放感がある。二階部分に上がってみたかったが、建物の保護のために一般開放はされていないらしく、階段から上への立ち入りは制限されていた。残念だが仕方がない。

CIMG2449.jpg

CIMG2451.jpg

CIMG2454.jpg

CIMG2460.jpg

CIMG2457.jpg

CIMG2474.jpg

CIMG2468.jpg

CIMG2480.jpg

CIMG2466.jpg

CIMG2483.jpg










にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2014/03/31(月) 19:24:46|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シルク・ドゥ・ソレイユ「OVO」東京公演感想レポート2 | ホーム | 「貧困旅行記」つげ義春>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/323-f02292ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。