野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

曇天浅草道中

 友人三人と東京に旅行に行った。一番の目的はお台場で開催しているショーの鑑賞だったが、その公演は正午過ぎには終わってしまったので、あとは夜まで空き時間ができてしまった。そこで私たち四人は浅草を歩くことにした。浅草といえば浅草寺に仲見世と、東京観光の定番というイメージがあるが、今回そのようなベタな名所は避けて、少し趣向の変わったところに行くことにした。浅草ロック座。つまりストリップである。あたかもその時その場で決めたように書いたが、実を言えば出かける前から軽くこういう話はしていた。いま思えば、はじめにロック座の名前を挙げたのは私であるような気もするが、そんな昔のことなど覚えていない。
 浅草ロック座は浅草二丁目にあるストリップ劇場で創立は1947年と業界最古参の歴史を有する。経営規模としても国内最大で、浅草の他に新宿、横浜、川崎、仙台に系列店を展開している。劇場内が思ったよりも清潔に保たれているのにまず驚いた。そもそもストリップは性的な行為を目的とせず、あくまでレビューショーを鑑賞する“劇場”なのだから、清潔であって然るべきだろう。思ったよりもステージは広いし、客席も多い。最初足を踏み入れるときは緊張したが、慣れてくると、変な落ち着きのなさも次第におさまってきた。
 ショーの内容については少し言葉を濁しておくが、これが予想をはるかに超えて、いいものだった。女性の身体の部位を観るというよりは、全体的なトータルとしての女体を観る、あるいはショーから漂う官能的な香りを味わうような感じ。音楽や照明、映像など各演出(結構レベルが高くて驚いた)などの効果も出てくる。エロティックだが、決して油っこくない。
 劇場では期間ごとにショーのコンセプトや登場する踊り子を変えているようである。この日はクラシック音楽をテーマにした構成で、クラシックの名曲のアレンジを使用しているのだが、これがかなりかっこいい。また、選曲や演出などが明らかにディズニーの「ファンタジア(1940)」を踏襲しているので思わずニヤリとした。三番目に登場した踊り子がかわいかったので、気になって後で調べてみると年齢が私より一つ若い。それでいて映像作品にはすでに多数に出演しているらしい。おやおや。また、第一部(ショーは途中に休憩を挟む二部構成)のラストに登場した踊り子のストリップデビューは、なんと私が齢二歳の頃。ベテランには違いないが、確かに一つ一つの動きがキレイで見せ方が上手に思えた。一時間四十分のショーを通しで観たが、なんとなくストリップに通う人の気持ちがわかるような気がした。

CIMG2723.jpg


 劇場を出るとすでに日は落ち、辺りは夜の景色となっていた。いい時間なので夕食を食べる。友人が知っているうまい蕎麦屋に行くことになった。私は麺類の中で一番蕎麦が好きなので内心しめしめと思った。店に向かうときに伝法院通りや仲見世通りを歩いたが、昼間とはうって変わって人通りが少ないので大層歩きやすかった。夜の浅草というのも中々いいかもしれない。さて、件の蕎麦屋は雷門並木通りに面する並木藪蕎麦という店だった。後になって調べてみると、藪蕎麦というのは、更科、砂場と並んで「江戸三大蕎麦」と称され、その中でもかんだ、池之端、そしてこの並木というのが「藪蕎麦御三家」と呼ばれているらしい。並木藪蕎麦の創業は1913年。グルメ漫画の王様「美味しんぼ」にも実名で登場している。そんな歴史のある老舗ののれんを、その日の私は知らず知らずのうちにくぐっていたらしい。「浅草で蕎麦を食べるなんて、粋だなあ。ほんとうのシックというやつですね」とよく分からないことを思っていた自分を滅したい心持だ。せっかくだからと奮発して天ぷら蕎麦を食べた。出汁が効いていておいしかったので、箸を休める間もなく食べ終わった。いま思えばもっと江戸情緒を噛みしめて食べればよかったと少し後悔をしている。

CIMG2729.jpg

CIMG2730.jpg

CIMG2732.jpg


 一杯ひっかけてから宿舎に戻るという話になり、せっかく浅草にきたのだからと、少しミーハーになってしまうが、有名な神谷バーに立ち寄ることになった。東京都台東区浅草一丁目1番1号に店を構える神谷バーは日本最古のバーで創業はなんと1880(明治13)年の老舗中の老舗。創業から二年後に考案されたデンキブランというブランデーベースのカクテルが有名である。お酒好きの私がかねてから気になっていたカクテルだ。店に入ると、店名から抱いていた予想図とは全然違い、大勢の人でごった返していて実に騒々しい。バーというよりは大衆酒場というのがふさわしいような様子だった(客のほとんどが観光客と思われる)。混んでいたので半ば諦め気味だったが、なんとか空いている席を見つけて座る。店は食券制度でこれも珍しい。もちろんデンキブランを注文。一杯二百六十円で案外安い。一口飲んでみると、なんとも不思議な味。甘くて涼しげでちょっぴり薬っぽい。そして一瞬、口の中をそれこそ電気のようにピリピリと強く刺激される。一口で色んな味、舌ざわりを感じられる不思議なカクテルだと思った。神谷バーは食事もすることができるみたいである。それらの料理も思ったよりも安価で食べられるみたいだったので、また別の機会にゆっくりと来たい感じだった。

140330_192048.jpg










にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2014/04/04(金) 19:26:26|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<shop MECANOでお買い物 | ホーム | 草津温泉投宿記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/325-c000fd91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。