野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シルク・ドゥ・ソレイユ「OVO」東京公演感想レポート2

CIMG2722.jpg


 カナダの芸術的サーカス集団シルク・ドゥ・ソレイユの日本ツアー最新作であり、記念すべき日本ツアー第十作目となる「OVO(オーヴォ)」の公演を東京に観に行った。私にとっては二度目の鑑賞である。一回目は東京を記録的な大雪が襲った大変な日にひとりで観たが、今回は友人たちと四人での鑑賞となった。一度目の鑑賞時はこの作品がどんなものかが全く分からなかったために、次々と移り変わる光景についていって終わったような感じだったが、二回目となるとだいたいのショーの流れも把握しているので、実に落ち着いた気持ちで鑑賞することができた。前回購入したサントラCDがショーをかなりよく再現していることを知ったし、パフォーマンスの内容も少しずつ変わることも分かった(特にスラックワイヤーは顕著。まさか梯子も使うとは)。こういう変化や新たな発見があるからこそ、何度でもショーは楽しめるのだ。
 やはり「OVO」は底抜けに楽しい演目。シルク作品にしては珍しくステージの上に暗さも恐さも悪趣味もなく、カラフルでキュートな虫たちの物語をめぐるような構成になっている。ストーリ-には壮大な神話性もなく、解釈を要するような難解さもない。最後までのほほんとしていて気楽である。全体的に音楽も楽しげな曲が多く、こちらも思わず手拍子してしまう。とにかく何もかもが底抜けに明るく楽しいのだ。フィナーレを迎えるときには、楽しさで心が満たされきっと満足を覚えることだろう。
 しかし、明るく楽しいだけで、その他の作品にあるような、なんというか“深み”というものはあまり感じられないことも事実。シルクに何を求めているか、シルクのどんなところが好きかで評価が分かれる作品かもしれない。とはいえ、私は本当は「Quidam」のように薄暗くて悪趣味な作品の方が好みなのだが、それでもこの「OVO」も結構好きである。個別の演目云々ではなく全体的な雰囲気が好きなのだ。この明るさがいい。この気楽さもいい。そして何より音楽がいい。ノンストレスで楽しめて非常に好感がもてる。実を言うと私は一回目の鑑賞後に「あと一回観ればいいかな」と思っていたのだが、今回再び観なおしてみるとなぜか前回よりも楽しくなってしまい、今では「あと何回観ようかな」に思いを変えている。どうやら私はノンストレスで気楽なショーの魅力のとりこになってしまったようである。あのフィナーレでのなんとも言えない満足感はもう何度でも味わいたい。来年には仙台で公演を行うから、そのときにもう一度観に行ってもいいかもしれない。









 にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2014/04/01(火) 15:27:03|
  2. 感想ルポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<平沢進60歳の誕生日に寄せて | ホーム | 港の見える丘の洋館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/326-80e46301
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。