野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

孤独のグルメ

a0099059_1975384.jpg


 「孤独のグルメ」(久住昌之原作谷口ジロー作画)は一般的な漫画の世界の中では、たいして面白くなさそうな漫画の一つだ。第一、あらすじからいっても面白くなさそう。輸入雑貨の貿易商を個人経営している井之頭五郎というおっさんが、東京都内あるいは全国各地で気まぐれに入った店で飯を食って帰る。ただそれだけの漫画。熱いバトルも魅力的なヒロインもナシ。おっさんがひたすらひとりで飯を食う。ほら、面白くなさそうでしょ。実際それほど面白くないのだが、しかしだからといって、私がこの漫画を悪く評価していると思ったら、大間違いだ。この漫画、決して悪くはない。というか、いい。それほど面白くもないが、つまらなくもない。なんかいいんだよ。
 男がひとりでご飯を食べるというだけでもそうだが、この井之頭五郎の行動、言動、思索が、いちいち親しみ深いのである。いつかどこかで見たような・・・的な既視感がある。旅先で歯車が狂う感覚、自分の座る場所のない街、ひとりで見知らぬ場所をウロウロすることへの抵抗などなど、どれもこれも実になじむ。江の島の食堂で海を望みながら食事をしているときに、「やっぱりこういうとこで食う物に文句言っちゃいけないぜ」と思う。あれは正しく私であった。
 タイトルに「グルメ」という言葉があるが、この漫画における「グルメ」は、実に庶民的、いやむしろ“個人的”といったほうがいいかもしれない。とにかく、無理がなくてさわやかなのである。この店じゃなきゃいけない、とか、どこそこの食材でなきゃダメ、とか、食べる順番や心得にさえ固執してそれを回りの人にも押しつけようとするような、必死で油っこく血気盛んな「グルメ」では決してない。最近流行りのお取り寄せなんかもしない。気まぐれに店に入ってその場の気分で品物を注文する一期一会のグルメなのだ。だからこそすがすがしくて好感がもてる。狭義の「グルメ」とはたぶんこのことだろうし、もしかしたら本当の「グルメ」と言ってもいいのかもしれない。
 主人公・井之頭五郎はこと食事に関してはちょっとしたこだわりを持っている。でもそれは「焼き肉には白いご飯」とかいうのがほとんどで、これくらいのものだったら誰しもが考えて(あるいは無意識に感じて)いるはず。そう、五郎さんはどこにでもいる食べるのが好きなおっさんであり、それはそのまま食べるのが好きな私たちの姿でもある。だが、そんな彼の食事に対するひたむきな思いが感じられる場面がある。とある食堂の店主の態度に嫌気がさし、食事がのどを通らなかったと抗議をする話、つまりあの有名なアームロックと「それ以上いけない」の話なのだが、そこで彼が口にする言葉が次のようなものであった。

「モノを食べるときはね 誰にも邪魔されず 自由で なんというか救われてなきゃあダメなんだ 独りで静かで豊かで・・・・・・」

言うまでもなく、これこそが今作「孤独のグルメ」を最もよく表した言葉である。各種宴会や恋人とのデート等における食事には他にも様々な意味合いが出てくるが、ひとりでする食事の意味は、“食事”以外に何もない。だからこそ孤独な食事にはひとりでに特別な思いが溢れてくる。私たちもこのことをおぼろげに、あるいはもっと原始的なところで感じていただろうが、それを言葉にしてくれたということでこの漫画には大きな意味がある。「救われてなきゃあダメ」この言葉にもうなずけるものがあるだろう。
 終わりになるが、ここで諸注意を。「孤独のグルメ」、タイトル通りグルメ漫画なのだが、読んでると確実に腹が減る。しかもかなり減る。すっごい減る。五郎さんはおっさんのくせによく食うのだ。しかも食べっぷりがいいし、かつ―ここが決定的なのだが―実にうまそうに食べるのだ。特筆すべきは、平日の昼間からひとりで焼き肉を食べる話で、これがもうよく食うよく食う。肉に白飯(しかもおかわりまで!)にキムチにチャプチェ、本当にうまそうに一心に食う。こちらも焼き肉を食べに行く予定があれば、事前にこれを一読するだけで身も心も焼き肉を受け入れる準備ができる、それくらいに食う。だが、特にそういったこともない時間に読んでしまえば、それはもう大変なことになる。焼き肉だけでなく、他にも私たちの食欲を刺激するエピソードばかりなので、ホントに読む時間に困る作品である。










にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2014/04/21(月) 19:06:47|
  2. 感想ルポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お願い!シンクロニシティ | ホーム | ときには医学生のように2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/342-dd1e43bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。