野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

はじめての競馬

 友人に誘われて、生まれてはじめて競馬を観に出かけた。私が住む新潟無機終焉都市には、国内に九つある競馬場のうちの一つである新潟競馬場がある。ギャンブルにはあまり興味はないが、単純に競馬を一度は観たいと思っていたので、友人から誘いを受けたのは実に都合がよかった。
 競馬場に到着したのは午後二時過ぎ頃。第十一レースと最終第十二レースを見ることができる時間だ。この日が今月最後の競馬開催日だったためか、競馬場は多くの観覧客が集まり、私の予想以上に賑わっていた。出店があったり楽しげな音楽が流れていたり、ワイワイガヤガヤとまるで祭りのようだった。意外にも子供連れをよく見かけるのに驚いた。
 馬券売り場ではこれまた大勢の人々が競馬新聞を片手に結果予想に没頭していた。そこに漂う異様な熱気にビギナーの私はいささか恐れたじろいだ。とりあえずマークシートを手に入れて、逃げるようにパドックに向かう。ちょうど第十一レースで出走する競走馬たちが歩いていた。特別な訓練を受けている彼ら(彼女ら)は馬界のエリートである。全身が筋肉であり、毛並みもよくてかっこいい。悠々と歩く姿には風格すら感じる。
 冒頭で「ギャンブルには興味がない」と言ったが、せっかく競馬場まで来たのだからここは素人なりに予想してみるのが正解である。幸い馬券は百円から購入することができる。結構手軽なので軽い遊びのつもりでやってみた。予想紙を入手していないうえ、事前の情報収集も怠っているので、私たちの予想の手がかりは各馬の人気とパドックでの様子しかない。パドックでの様子を見て予想するのは上級者じゃなきゃできないと聞いていたが、とりあえず馬の印象を把握しておいても損はないだろう。とはいえ、やはり馬を見ていても何かがわかるわけでもなし、せいぜい「こいつは頼もしいなかな?」と思うくらいである。結局はレートから人気を量り、人気があるイコール実力があるだろうという、完全の素人考えで予想をすることにした。私は一番人気の馬と、パドックで一番かっこよかった馬にそれぞれ複勝で百円ずつ賭けてみた。
 第十一レースは新潟競馬場に特徴的な直線千メートルの短距離走。コース脇でレースを観戦する。スタートははるか遠くに見えるか見えないかのところにあったが、スタートするとドドドド・・・!という地響きとともにすぐさま馬が走って来るのが見える。目の前にきたときの迫力は凄まじい。結果はやはり一番人気の馬は三位以内に入り、私は初レースにして初めて換金も行えるという運びとなった。まあレートはかなり低かったんだけどね。
 このレースで友人のひとりが馬連で購入して百円を二千円に換えたので、私もそれにあやかり今度の最終レースでは馬連で予想してみることにした。パドックふたたび。ここでも人気と馬の様子を見て考えてみる。パドックでかなりリズミカルに歩いている馬がいたので、なんか調子がよさそうに見えたので、この馬と、他の人気馬三頭の、三つの馬連でそれぞれ百円ずつ勝負することに決めた。最終第十二レースは千八百メートルの中距離走。コースを一周とちょっとのレースだ。先程のレースよりも長い距離を走るので、終盤の追い込み合戦に期待できる。やはりそのようになり、レース終盤は観客も昂奮の声を挙げるデッドヒートになる。結果だが、私が調子よさそうと見た馬は全然ダメだった。しかしこのレースは一番人気の馬もそれほどではなかったので、これが競馬の難しいところだなと思った。
 予想してレースに臨んで運良く当たれば換金する。それだけのことだが、やっぱりそれなりの楽しさがあるのだと思う。私などはまだまだだが、ハマる人がいるのは頷ける。友人とはまたレースがあるときに観に来ようと約束したが、今度はもっと勉強して情報を仕入れてきたいと思った。あれ?もしかして、ハマった?

CIMG3710.jpg
↑パドックで馬が歩いてる










にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2014/05/25(日) 22:54:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フォルクスワーゲンバスのはなし | ホーム | ありがとう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/362-8f6ed993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。