野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

思いをのせて

 先月の末、私の家に贈り物が届いた。贈り主は、私の地元の田舎町で開業している医者の先生だった。この先生は、私の花粉症のかかりつけ医であり、また昨年夏の保健所実習でも少しお世話になったのだ。その際、「いい文献をあげるから。」ということで、アパートの住所を尋ねられ、私は文献欲しさにホイホイ住所を教えたのだが、どうやらこの贈り物は、あの時の約束の品ということになるらしい。
 私はこれまでずっと、先生はきっと使っていた本のお古をくれるのだろうと思っていたために、まさかアマゾンギフトで新品を頂けるなどとは今の今まで1ミリも考えてもいなかった。しかもよりによって「今日の診断指針」を頂けるとは。裏表紙で値段をちらと確認してみると、結構ガチな価格で、もう恐縮しきりだった。医者ってスゴいなあ。また、一冊の文庫本も添えられていた。ちょうど読む本が尽きてきたところだったので、嬉しさもひとしおだった。
 頂いた書籍そのものも嬉しいのだが、私には、自分を応援してくれる人がいるということ、それを思い出させてくれたことの方が心に沁みた。自分はもうひとりで医者になるのではない。なんだかよく分からない感情で胸がいっぱいになり、思わずしみじみと双眸から落雷してしまった。
 素敵な贈り物、そして大切なことを気づかせてくれた感謝を伝えなくてはいけない、私はそう思った。そしてほぼ同時に、少しも考え込むことなく、そうだ、手紙を書こう、この感謝は手紙で伝えようと思いついた。
 お店でレターセットを買ってきて早速手紙を書き始める。なんとなくこういう時はボールペンとかじゃなくて、しっかりと万年筆で書かなきゃいけないような気がした。この万年筆も高校時代の恩師から頂いた大切なものだ。しかし、万年筆はまだまだ使い慣れていない。気づかないうちに指先がインクで汚れるし、文字もいつもと違うかたちになってしまう。それに何よりインクが乾きづらいので、気をつけなければ書いている時にインクを手でこすって便箋を汚すということもある。あった。もちろんそういう時や、誤字脱字をしてしまった時は、また最初から書き直さなくてはいけない。
 だから、一文一文、多くのことに留意をしながら、それでいて丁寧に書かなくてはいけない。筆への集中も要し、中々に神経が擦り減る。確かに大変な作業であるが、これは「文字に思いをのせる」「言葉を大切にする」ということを、自らの身を以て体現しているようで、決して悪くない。
 最近、言葉を起こす機会は、携帯電話や、このブログ(赤面)を書いている時のようにパソコンを用いて、ということがほとんどだった。この場合、文字は簡単に紙面上に表れ、間違いの修正も簡単、しかも言葉や文章の位置でさえ簡単に入れ替えたりすることができる。とにかく、この簡単さにすっかり慣れてしまっていたような気がする。だからこそ人を傷つけるような言葉でさえも、簡単に使うようになってしまうのかもしれない。
 自分の手で文字を書く。そうすると、自分の込めたい思いや気持ちが、ひとりでに言葉の上にのってくれる。こんな体験は久しぶりだった。もしかすると、言葉をしたためる時にも、「心身一如」というものが当てはまるのかもしれない。
 やっと書き上げた便箋には、いつもよりも少し味わい深くなってしまった文字が連なっている。指先はインクですっかり汚れてしまった。決してスマートとは言えない出来映えだが、それでもこれが自分には満足のいくものに仕上がったと思う。これは私が書いたのだ、と思う。送る人への思いをのせる。言葉にはこういう役割があってほしいと今は思う。


140615_114631.jpg
↑毎日の学習を大いに助けてくれます










にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2014/06/15(日) 11:57:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ムズいよ!Microsurgery | ホーム | ウォークマン依存症>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/369-fe244f9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。