野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

俺の臨床医学実習[前期]

 今年度の四月から始まった臨床医学実習も、早いもので明日で前期の日程が終了という段に着いた。私の班は、

①耳鼻咽喉科
②泌尿器科
③内科学第二(腎・呼吸器・膠原病)
④総合診療科・地域医療
⑤眼科
⑥麻酔科
⑦放射線科・救急科
⑧内科学第三(消化管・肝胆膵)

というローテーションで、それぞれ二週間ずつ配属されて実習に臨んだ。
 前期は比較的に、いわゆる「マイナー科」と呼ばれる診療科を中心に回った印象がある。地域医療実習で、新潟県内の病院に出向いたり、救急科の救急車同乗実習で消防署を訪れたり、やることも少し趣が変わっている。さて、他の学校だと事情は変わってくると思うが、これは私の大学だと、なんというかその、ユルい(「他と比べて」という意味で!)科と噂されるようなところばかり回ったということになる。確かに、それなりに大変ではあったが、あまり酷なことはなかったと思う。とはいえ、「本当にユルかったか?」と問われれば、答えに窮する。おそらくこのあたりには個人差があって、サボろうと思えばいくらでもサボれるのだが、頑張れば頑張るだけ当然仕事量も増すので大変に感じる、ということである。
 実習が始まってとうとう思い知らされたのが、自分の不勉強である。恥ずかしながら、それまでの私は真面目に机に向かう人間ではなかったし、自主学習に充てるべき時間を、今後の遊びの計画や、最近だとこの赤面ブログ執筆に充てたりしているような学生であった。そのため、第五学年にしてゼロからのスタートを自ら強いることになってしまったのだが、実習中や小講義で、先生方から問いかけられる質問には、全く答えられず、答えてみてもそれは全くの見当違いであるのがほとんどだった。これほどまでに、自分の無学に恥じ入る日々もなかった。その上、同班のクラスメイトは私が知らないことも知っていたりするので、もれなく「恥」の意識に「焦燥」も加えることになった。
 だから、私はかなり勉強しましたヨ?こんなに勉強したのはこの学校に入って初めてってくらいに。教科書も読むし、国家試験対策の問題集も解くし、分からないところは自由帳に一々まとめて覚えた。本物の“優秀な学生”の皆さんの努力には程遠いが、自分なりのベストは尽くしたつもりである。すると、春先にはちんぷんかんぷんであった教科書の記述も先生の話も、今期の終盤には、薄っすらとだが、頭に入りやすくなってきた。自分の脳髄が医学勉強用にシフトしたような感じだ。分からなかったこと、知らなかったことがたくさんあった分、四月からの数か月で、私は誰よりも多くのことを得た自信がある。まだまだ知らないことはあるが、こと“成長度”では周りに負けていないと思う。これが、自分の努力の賜物であるならば、これほど誇らしいことはない。結果云々でなく、自分の勉強法をやっと確立することができたのも大きな収穫である。
 指導医や担当患者さんにも恵まれ(他の班員と比べると、クセのある人とはあまり接してこなかった)、前期は割と良質で快適な実習になったと、振り返って思う。実習が始まる前に抱いていたぼんやりとした不安も、今はそれほど感じない。事実、楽しかったのだ。これもこの学校に入学して初めてと言ってもいいくらいに楽しかったのだ。医療の勉強をするのが、患者さんと話をするのが、病院内外の様々な場所に行くのが、初めて知るもの見るものに出合うのが、楽しかったのだ。私はちょろいのだろうか。否、この実習を通して、私は自分のことを「どんな場所でも楽しいことを見つけることができる人」なのだと知った。
 間もなく夏休みに入るが、その休暇明けには、比較的タフな診療科が控えている。九月十月あたりのデスマーチっぷりがヤバい。まあ、今まで怠けていた分、そろそろ私も懸命に励まなくてはいけない頃なのかもしれない。


CIMG3843.jpg
↑地域医療実習で訪れた湯沢町で見た夕焼け。写真より実際に見た方が綺麗でした。










にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください


 
  1. 2014/07/31(木) 19:15:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<23才の夏休み | ホーム | 350番目のレポート ― 過去レポートリサイクルふたたび>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/396-892e5b8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。