野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さかた湊町チャリ紀行

一日目

 先の夏期休暇の最中に、泊りがけで山形県の酒田市に出向く用事があった。その用事は丸々二日間を要するものであったが、それを挟む前後の二日、つまり酒田に前乗りした日と、新潟無機終焉都市に戻る日にそれぞれ半日ほどの自由時間ができたので、せっかくなので酒田の町を色々と見て回ることにした。
 観光列車に乗って酒田に前乗りした日、到着は正午過ぎであった。夏らしいカラッと晴れた天候である。なんとかの一つ憶えではないが、今回の旅でも私はレンタサイクルを利用しようと考えていた。酒田市では観光用自転車を無料で貸し出していて、その貸出場所も市内に点在しており、そして自転車の返却は貸出場所ならばどこでもよく、別に借りたところでなくてもいいことになっているのだ。これは便利なサービスである。しかも私の宿舎も貸出を行っているので、なおさら都合がよく、こうなっては利用しない手はなかった。
 早速、酒田駅の観光案内所に尋ねてみると、“ボランティア風”(他の都市の案内所ではかっちりと“職員風”だったのに比べてあまりにも“ボランティア風”)のおばちゃんが人を見下したような態度で曰く、「もうここ(駅)にあるのは全部出てしまった」とのこと。おやおや、なんかいきなり雲行きが怪しくなってきたぞ。ならばと、他の貸出場所、特に駅に最寄りのホテルなどではどうなのかと聞いてみると、“ボランティア風”のおばちゃんはやはり人を見下したような態度で、そこももうないかもと、なんとも無慈悲な返答をする。ちょっとまて。果たしてそうだろうか?駅ならまだしも、本当に他の場所にも自転車はないのだろうか?バスで主要観光地への行き方を教えてくれているおばちゃんの話を、適当に相槌を打ち聞き流しながら、とりあえず近くのホテルに行こうと思った。ホテルに行ってみると、ある。あった、自転車たくさん。はん、ざまあみろ。
 酒田の町の地図は先程もらっていたし、観光自転車のカゴにもマップが備え付けられているのだが、なぜか酒田は一向に土地勘がつかめなくて困った。私は地図の読めないタイプではないし、むしろ得意な方だと言ってもいい。初めての町でも、地図さえあれば自由に動けると自負している。のに、どうしても酒田の町には慣れるのに時間がかかり、目的地までの道を憶えることもできずに、何度も地図を読み返しながら巡っていた。なお、酒田の道は結構せまくて危ないし、坂もあったりするので、お世辞にも快適なチャリ路とは言えなかった。
 私は旅先では有名な観光地よりも、自分の趣味に合う場所を優先して回る傾きがあるので、酒田に来て第一に訪れたのは山居倉庫でも本間家旧本邸でもなく、光丘(こうきゅう)文庫という図書館であった。駅から相馬樓を右手に見やり、舞娘坂を走って正面の小高い山に佇むこの図書館は、酒田の豪商・本間家に関係のある施設で、三代当主光丘(みつおか)の奨学の意志を継いだ八代光弥が設立し、大正十四年に竣工した建物である。当時としては進歩的な鉄筋コンクリート造りで、耐火・耐震性に優れ、今も大正当時の姿を保ち続けているのだ。どこかオリエンタルな雰囲気漂う社殿造りの建造物だが、高台の森にひっそりと建っている姿は、少し薄気味悪い。歴史的な建築だが、今も図書館として現役であり、館内には多くの展示、蔵書を閲覧することができる。とはいえ、私は建築目当てにここに足を運んだので、あまり資料には興味はなかったのだが・・・・。しかし、自分の他に誰もいない図書館にいるのは、悪い気がしない。
 せっかくだから、この辺りの名所を巡ってみようと思い、すぐそばの酒田大仏に向かった。私はデカいものを見るのが好きだ。幸い酒田大仏がある持地院はすぐに見つかったが、境内までは幼稚園を通るかたちになっていて、少し戸惑う。大仏はどこにあるのか探してみたが、案内に従って進むと、今度は幼稚園の運動場に出てしまう。こんなところに大仏があるはずがないと、一度引き返したが、住民たちが次々とお供えの花を手にして運動場の方に歩いて行くのが見えたので、まさかと思いながら再び運動場の奥まで行ってみると、そのまさか、幼稚園を見下ろすように、大きな大仏様が立っていた。なんだこの光景は。偶然にこの日は何かお祭りをやっていたみたいで、住民が絶えまなく訪れては大仏様に花を供えて拝んでいく。酒田市民の信仰を見た気がした。お供えの花は用意できなかったが、私も彼らに倣って心をこめて拝む。
 日和山公園方面にチャリを走らせて、今度は海向寺を訪れた。映画「おくりびと」に登場するNKエージェントを通りの向かいに見て建つ海向寺は、庄内地方にある六体の即身仏のうちの二体・忠海上人と円海上人を祀っている。私は宗教人ではないので、即身仏についての詳しい説明は省くが、簡単に言うと、つまりはミイラである。その即身仏が同じ場所に二体祀られているというのは、全国的に考えても極めて珍しい。大願成就の為に、一千日の厳しい修行を経て即身仏となった二人の上人に実際に対面を果たすと、宗教人ではないにしろ、何か心に沁み伝わるものがある。新潟県の西生寺には日本最古と呼ばれる即身仏弘智法院が祀られており、以前そこで対面した時に同じような感覚を覚えた。またここ海向寺は弘法大師空海が開いたと言われ、故に大日如来を御本尊としているが、これは私の干支(未年)の御本尊と同じであるため、そういう縁もあっていつもより心なしか熱心に拝んだ気がする。お堂にひとりで即身仏といる時間は、実際の時間の経過や目的を超えてそこにあったように感じる。
 日和山公園周辺は色々と見物しがいのあるスポットは他にもあるのだが、すでに夕方の時間になりつつあり、少し疲れてもいたのであまり無理はしないで、公園内を軽く散策するに止めることにした。酒田は松尾芭蕉ゆかりの地でもあり、公園には芭蕉翁のブロンズ像や句碑が残され、他の文学者の二十九基の文学碑も建てられて、「文学の散歩道」なるものが形成されている。広大な芝生の広場があり、犬の散歩をする住民の姿や、芝の上を走りまわって遊ぶ中高生を見かける。また、高台の展望台からは酒田港を望むことができ、爽やかな眺望にしばらく見入っていた。園内には明治時代建築の、日本最古級の灯台や、北前船の模型が池に浮かべてあったりと、湊町として栄えた酒田らしい光景を目にする。こういう公園っていいなあ、と素直に思う。
 宿舎までの道のりの途中に、あの有名な山居倉庫があったので、ちょっと寄って行くことに。米蔵が並ぶケヤキ並木の小道は、ここでしか見られない光景であり、なるほどたしかに見事なものであった。並木の道はそこだけ涼しくなっていて、爽やかな風も吹き抜ける。ちょうどよく屋外に休憩用のテーブルが置かれていて、全く感じがいい。蔵の中は物産館になっていて観光客で賑わっていたが、そういうのにはあまり興味が湧かない。お土産屋とか面白い試みとか、そういうのがなくても、ケヤキ並木を散歩したり、ボーっと座ったりするだけで旅心が満たされる。こういう時間や感覚は必要だと思う。
 そこから、観光自転車で通るには少し危ない大通りをひたすら走って宿舎へ。部屋が超タバコ臭かったので、備え付けのファブリーズをありったけ噴射していたら、霧が床に落ちて湿っぽくなってしまった。この日の夕食は、偶然に私と同じ用事で酒田に来ていたクラスメイトと、駅近くの食堂でふんわりディナーを楽しんだ。


CIMG4666.jpg

CIMG4679.jpg

CIMG4681.jpg

CIMG4698.jpg

CIMG4707.jpg

CIMG4717.jpg

CIMG4713.jpg

CIMG4728.jpg

CIMG4716.jpg

CIMG4759.jpg

CIMG4764.jpg

CIMG4761.jpg

CIMG4745.jpg


四日目

 安部公房の小説「砂の女」冒頭に登場する“S駅”とは、実は酒田駅のことを指しているらしい。いきなりどうした。
 さて、酒田での二日間の用事も済み、早くも新潟無機終焉都市に戻る日がやってきた。ただ戻るのでは芸がないし、まだ見ていないところもあるので、無機終焉都市へはしばらくはまた町を巡ってから帰ることにした。帰りは酒田駅から新潟駅まで出ている特急いなほに乗る予定にして、つまりはいつでも帰れる状況にいたので、何かと気が楽だった。
 滞在していたホテルで観光自転車を借り、再び酒田の中心街へと走る。相変わらず大通りなのに歩道はないし、自転車が通るスペースも狭く、全く気が気でないチャリ路であった。時刻はまだ九時頃で、大抵の観光施設はまだ開館していない時間なので、通り道にある山居倉庫(ケヤキ並木と屋外の休憩所はいつ行ってもいい)に寄って、例の木陰のテーブルで一日の計画を立てていることにした。昼間は観光客や煩いツアー旅行の連中共が多く訪れるはずだが、この時間はまだ人の姿はまばらで、静かで落ち着ける雰囲気である。周囲に完全に私ひとりしかいない瞬間もあり、少し贅沢を味わったような気分だった。この観光地をひとり占めして過ごすのは、ひとり旅でしかできないことだ。
 ひとり脳内作戦会議の結果、まずは日和山公園方面にチャリを走らせることにした。この辺りに見てみたいところがまだ残っていたのだ。せっかくなので、朝の日和山公園も散策してみることに。倉庫の時と同様に、公園の芝生の広場も展望台にも私ひとりしかいない。私を急かす人も、耳障りな声を挙げる人もいない。こういう静かで落ち着いた時間が好きだ。
 私もたまには医学生らしいことをしてみようと思って・・・・、とはいえ別にいらぬ見栄は張ったわけではなく、最初から純粋に興味が湧いていたのだが、日和山公園から歩いてすぐの旧白崎医院を訪れた。この医院は当初は本町通りにあり、酒田大火でも幸いにして被害を免れたのだが、その後に市の指定文化財として保存するために公園地内に移築復元されて現在に至るのだ。一階が医院、二階が家人の住居として造られた建物なのだが、酒田市で初めてと言える本格的な木造洋風建築で、外科専門医院の建物である点などから言っても珍しいのだという。私は建築、特に明治から昭和にかけての洋館好きなので気になっていたが、昔の医院(しかも外科)がどうなっているのかという好奇心がうずいていた。旧“白崎”医院ということで、それに合わせて外観は上品な白色で統一されている。派手な装飾はなく、クラシックな雰囲気である。内部は、まずは一階の医院だが、たしかに洋風の造りになっているものの、医院ということでか、壁なんかは白を基調にデザインされており、こういう洋風建築特有の重厚感や圧迫感はあまり感じられない。かつての診察室や控室などは別に何も思わず、『こんな感じか。』とか『お洒落だな。』くらいの感想しか持たなかったが、医院最深部の手術室を覗いてみると、あまりにも現代と違うのでに大いにドデンして(驚いて)、思わず笑ってしまった。当時は他にも色々と設備があったのかもしれないが、手術台などがポツンと置かれ、どうも簡素すぎてなんというか頼りなく感じてしまう。超年代モノの照明(ドイツ製)も、絶対コレじゃ手術しづらかっただろうな、と思いを馳せてしまう。手洗いはどうしてたんだろうとか他にも色々考え込んでしまうところは、やはり私も医学生であったということだろう。二階の住居は、これは畳敷きの和風の造り。しかし、外壁など所々が洋風という奇妙な構造になっている。館内にはガイドを兼ねる管理者が(おそらく)常駐しており、私が移動するたびに後をついてきて、私が聞いてもいないのに説明を加えてくれる。最初はウザく思ったが、結果的に説明があった方が当時の背景とかが見えてきて理解しやすくなるので、途中からガイドの有難みが分かった感じだ。
 公園地内には下日枝神社という、結構大きな神社がある。酒田の産土神であり、現在の社殿は本間家三代当主光丘によって建立されたのだという。木が生い茂る森の中にある神社で、やはりここも私ひとりでいたのだが、外界と遮断されたような空気が流れ、少し背筋が薄ら寒くなるような雰囲気。入口の赤い鳥居に掲げられた額はなんと西郷隆盛の書なのだという。その先に随身門という立派な門があるが、その左右に置かれている像が、薄暗い中に佇んでいて、詳しく見てみようと近づいてみて、目が合った瞬間に思わずゾーっとしてしまった。目が怖かったよぅ・・・・。社殿はかなり大きい。かつ、彫刻が素人目に見ても、とても細かくできていて全く見事であった。龍や獅子の彫り物など、明らかにその辺りの神社にはない精密さがある。本殿の軒下にくぐり入って、再び上の方を見てみると、本当に心臓が止まるかと思った。そこには屋根を支えるような四匹の猿の彫り物があって、そのうちの一匹とバッチリ目が合ってしまったのだ。下日枝神社では猿は神の使いとされているらしいのだが、彫刻の造形もそうだし、薄暗い中で目だけを白く光らせている猿たちは超怖く、囲まれて見下ろされているのは今思い返してみても寒気がする体験であった。周囲に人の姿がなく、私ひとりであったのも、静かに恐怖を倍増させる。こんなに恐ろしい気持ちで参拝したのは初めてかもしれない。
 このあたりから空が曇りがちになり始めた。チャリで巡る旅行で一番恐れるべきは猿の彫刻・・・・ではなくて、雨である。天気が心配だったが、とりあえずいかにも酒田らしいポピュラーなところに足を運ぶことに決めた。本町通りに面する豪邸・本間家旧本邸である。本間家は酒田の大地主の家系であり、他の歴史的施設にも必ずと言っていいほど関連を持っているので、そういう点から言っても本間家の影響力の大きさが察せられるだろう。本間家旧本邸は酒田市最古の木造建築で、三代光丘が幕府巡見使一行の本陣宿として新築し、荘内藩主酒井家に献上、後に拝領したものである。全国的にも珍しい武家屋敷造りと商家造りが一体となっている建物である。間取りの広大(「広い」と言うよりもはや「広大」と言うべき)さや、欄間や釘隠しの細かな意匠に名家の暮らしぶりを見た気がした。同じく本町通りには旧浴び宮という、これまた大商家の屋敷がある。鐙屋は酒田を代表する廻船問屋で、日本海海運に大きな役割を果たしていたという。その繁栄ぶりは井原西鶴の「日本永代蔵」にも記されているほどだ。本間家旧本邸は住居であったが、この旧鐙屋はお店がメインになっている。
 もう酒田は見て回った観があるので、そろそろ駅の方に戻りつつ、酒田観光のハイライトである本間美術館に立ち寄った。本間家四代当主光道が建築した別荘を市民に開放し、全国に先駆けて地方都市の私立美術館として開館したのが、今の本間美術館である。別荘の本館は「清遠閣」と呼ばれ、酒田の迎賓館の役割を持ち、昭和天皇のお宿にもなったそうな。清遠閣からは、鳥海山を借景とした回遊式の庭園「鶴舞園」を眺めることができる。ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで二つ星の評価を獲得している名庭園である。私のお目当ても清遠閣と鶴舞園であり、実を言うと美術館の展示にはあまり興味なかったのだが、たまたま開催していた企画展が動物をテーマにしたもので、伊藤若冲や長沢芦雪の作品があって、普通に見応えがあった。清遠閣は和洋折衷で感じのいい建築である。館内が暗くなっているから、ちょうど額縁のような役割を果たし、そこから見える庭が映えて見える。調度品も上品、かつやはり欄間などの装飾が細かくて一々見応えがある。階段や、金箔を吹き付けた壁など、特殊な意匠もあって全く飽きない。どういうわけかここでも私ひとりであった(ここ、人気の観光地のはずだよね?)ので、風の気持ちいい二階の窓際で鶴舞園を見下ろしながらしばらく寝転がっていた。こんな贅沢ないよ!行儀悪いよ!清遠閣には喫茶スペースもあり、当時のものらしき食卓について寛ぐことができるのだ。アイスコーヒーを飲む。あまりおいしくなかった・・・・。鶴舞園はどうせ一方通行だろうなと思ってみたら、結構庭中を縦横無尽に行ったり来たりできるみたいで、予想以上に広かった。
 時間も時間だったので、駅に戻り自転車を返却して昼食を求めることにしたが、よさそうな食堂がなかったので、ホテルのイタリアンで優雅にランチを摂った。夕食にだだ茶豆を使った駅弁を購入して、午後二時台のいなほに乗って新潟無機終焉都市に戻る。いなほに乗るのは、新型車両になってからは初めてであった。かっこよかった。


CIMG4732.jpg

CIMG4770.jpg

CIMG4780.jpg

CIMG4786.jpg

CIMG4790.jpg

CIMG4793.jpg

CIMG4807.jpg

CIMG4804.jpg

CIMG4806.jpg

CIMG4811.jpg

CIMG4803.jpg

CIMG4814.jpg

CIMG4815.jpg

CIMG4816.jpg

CIMG4860.jpg

CIMG4825.jpg

CIMG4827.jpg

CIMG4852.jpg

CIMG4865.jpg

CIMG4853.jpg

CIMG4873.jpg











にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2014/10/17(金) 13:02:15|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ふんわりあたたか会津の旅 | ホーム | ひとり暮らしの楽しい季節>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/426-32e85630
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。