野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「蒸気船ウィリー」(ハッピーバースディ、ミッキー!)




 1928年11月18日、ニューヨーク・ブロードウェイのコロニー劇場(現在のブロードウェイ劇場)で、とあるアニメ映画が公開された。それこそ、世界初のトーキー・アニメーション映画として歴史に残り、アニメの枠を超えた世界的スーパースター・ミッキーマウスのデビュー作「蒸気船ウィリー」である。
 当時、ウォルト・ディズニーは「しあわせうさぎのオズワルド」シリーズを制作し人気を集めていたが、その「オズワルド」の著作権が、契約の関係で配給会社に奪われてしまった。失意に浸る間もなくウォルトらには早急に新たなキャラクターを考える必要が出てきたが、その時、彼の頭に、スタジオに住み着いていたネズミをモチーフにしたキャラクターのアイデアが浮かんだ。そうして、ウォルトのアイデアと、天才アニメーター・アブ・アイワークスのデザインでミッキーマウスはこの世に誕生した。
 同じ頃、それまでサイレント映画が主流であったハリウッドに大きな革命が起きていた。1927年、「ジャズ・シンガー」公開。世界初のトーキー映画である。その頃はまだまだトーキーの将来性を疑わしく思う映画関係者もいた。「ミッキーマウス」シリーズの実質的な1作目「プレーン・クレイジー」(公開2作目)と2作目「ギャロッピン・ガウチョ」(公開3作目)を完成させ、ニューヨークにいたウォルトは、そこでトーキーと出会った。先進的なウォルトはすぐさま「これだ!」とひらめいた。「次の映画はトーキーで行こう!」と。そうして「ミッキーマウス」シリーズの公開第1作目(実際には3作目)は、画期的な全編トーキー(「ジャズ・シンガー」は部分的にトーキーだった)で制作された。トーキー技術は莫大な費用を要するものだったが、ウォルトは経費のことは考えずにより最高のものを求めていた。
 アメリカ南部の川を進む蒸気船「ウィリー」号。その乗組員であるミッキーマウスが、船長のペグレグ・ピートにどやされながらひたすらサボり続けるという内容の、約7分の短編である。ストーリーとしては実に簡素であるが、世界初のトーキー・アニメーションと考えると、今作のアニメーションと音楽のシンクロは全く驚異的である。アニメーションフィルムの1秒間のコマ数24に合わせて8の倍数でギャグや曲のタイミングを作るという手法で制作されているが、口笛を吹きながら舵をとるミッキー、楽器にされる動物たち、食器のドラムなど、第一作目にして、これでもか!と言わんばかりに、映像と音楽の同期性を求められる場面が続くこの作品からは、新しい技術に向かうウォルトらの強い挑戦心が窺える。また、アメリカ民謡の「藁の中の七面鳥」が挿入されて作品のほのぼのとした雰囲気を演出しているが、この曲は日本でいうと「ふるさと」のようなポピュラーソングらしく、古き良きアメリカの田舎を愛したウォルトらしい選曲に思える。なお、ミッキーマウスとミニーマウスの声をあてているのは、あのウォルト御大本人ということは有名な事実である。やはりミッキーはウォルトの分身であったのだ。
 「蒸気船ウィリー」は公開されてすぐに人々の絶賛を集め、特に、イタズラなミッキーマウスは観る者の心をつかんで、一夜で人気者の座にのし上がったという。それ以後も「ミッキーマウス」シリーズは人気を保ち続け、活躍の場を映画からテレビへ、そしてパークへと広げながら、ミッキーは誰もがどこでも知ってるスーパースターになったのだった。










にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2014/11/18(火) 20:43:36|
  2. 感想ルポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<スタバクエスト | ホーム | にほんブログ村が10周年を迎えたようです、あるいは私と医大生ブログ村>>

コメント

今年もクリスマスがやって来ますね。
ジミニークリケットのクリスマス私も小さい頃に家族と見ていました。
  1. URL |
  2. 2014/11/30(日) 09:51:06 |
  3. ポチョムキン #-
  4. [ 編集 ]

Re:

ポチョムキンさん

うわ!突然「ジミニー・クリケットのクリスマス」という単語が出てきて、驚いてます!

かなり素朴なビデオですけど、自分のチャイルドフッドの象徴みたいな感じで、私はとても好きなんですよね。
最初の実写パートで流れる歌が、今聴いてもとてもやさしくて、あたたかくて・・・・。

シバケン-いかれたNeet-
  1. URL |
  2. 2014/11/30(日) 13:30:57 |
  3. シバケン-いかれたNeet- #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/448-5d91a010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。