野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ディズニー・オン・クラシック~まほうの夜の音楽会 2014 Life Love Light」新潟公演感想レポート




 先日、新潟県民会館で開かれた「ディズニー・オン・クラシック~まほうの夜の音楽会」新潟公演を、今年も観に行った。今回は、「Life Love Light」をテーマとして、大ヒット作「アナと雪の女王」と「ライオン・キング」の二作を大きな柱としたプログラム構成となっている。
 オープニングは、例年通りパーク・ミュージックから。もはやディズニー・オン・クラシックと言ったらコレ!といってもいい神パレード「ディズニー・ファンティリュージョン」より、「フェアリー・ガーデン・ファンタジー」(第一セクションのショー・モードの音楽ですネ)でスタート。この曲、パレードの幻想的な雰囲気を残しつつ、きちんとディズニー・ミュージックのスタンダードが織り込まれているんダナー、と改めて思う。ラストの「星に願いを」前の盛り上がりがとてもいいのです。
 続く二曲目は、今年の五月にパークに登場した、プロジェクション・マッピング・ショー「ワンス・アポン・ア・タイム」のエディット版。私はこのショーをまだ観れていないので、音楽も初聴きとなるし、いきなり聴いて感情移入できるか心配だったが、スクリーンに映し出された映像と、開始のファンファーレやどこか懐かしいメロディに、心をガッシリつかまれてしまい、恥ずかしながら、ちょっとウルっときた。うまい表現が見つからないのだが、古典的なディズニーのショー・ミュージックと言った感じである。基本的に、ファンファーレが好きなんですよ、私。「ズオウとヒイタチ」が演奏されたのは意表を突かれながらも、結構嬉しい。これはパークに観に行かなきゃダメだなと、強く思った次第。
 プログラムは続く。「Life Love Light」コレクションとして選ばれたのは、「塔の上のラプンツェル」の「輝く未来」、「ライオン・キングⅡ」の「愛の導き」、そして「ウォルト・ディズニーの約束」の「チム・チム・チェリー」の三曲。生意気言わせてもらいます。いい選曲だと思います。特に「愛の導き」が入ってるのはすごくいいですねー。ラストの「チム・チム・チェリー」はかなりクールなアレンジとなっている。あんなアレンジ今まで一度も聴いたことない。シンガーさんの本場仕込みの歌唱力がかなりダイレクトに伝わってきた。
 さて、第一部のラストは、早くもディズニー・オン・クラシックに登場した「アナと雪の女王」。尺の都合からか、サウンドトラック全編ではなく、人気のある曲をセレクトして演奏していく形式だった。が、ま・さ・か・の「とびら開けて」キャンセル。私、この曲がいちばん好きで、特に楽しみにしてたのに。「雪だるまつくろう」はアナ役のシンガーさんが、幼いアナ、ちょっと成長したアナ、そして通常形態のアナを完全に歌い分けていたのには思わず感嘆した。みんな大好き「レット・イット・ゴー」は改めて聴いてみると、コレ、やっぱりかなり歌うの大変な曲だったんだなと実感した。シンガーさんは、大抵歌詞に合わせてなんらかのアクションを見せてくれるのだが、この曲では控えめで、明らかに歌うのに集中している様子。そして見事に歌いきって、会場は拍手喝采である。原曲はイディナ・メンゼルが歌ってるんだもんな・・・・。
 第二部はまるごと「ライオン・キング」だ。オープニングの「サークル・オブ・ライフ」から、歌う曲はことごとく名曲という恐ろしい映画である。音楽に合わせたセリフ語りもあって、スライドショーと一緒に、映画の大まかな流れを辿っていくが、この作品はストーリーやテーマも重厚なものだったんだなと改めて感じられる。これほど“生き死に”をモロに出した作品ってないよ。ラフィキ役は女性のシンガーで、ブロードウェイミュージカルっぽくなっている。またティモン、プンバァが原作と声色が似ていて再現度が高かった。ヤングシンバの「王様になるのが待ちきれない」も原曲そのものかよ!と思われるほど。個人的ハイライトである「準備をしておけ」でもスカーおじさんのいやらしさがとてもよく出ていてグッドでした。次々と演奏される名曲たちと、物語に、無性に「ライオン・キング」が観たくなった。この作品のテーマである「巡り巡る生命のつながり」は、他の作品の、真実の愛や夢が云々・・・・よりも現実的で自身にも共鳴するものがある。
 実を言うと、今年のプログラムちょっと微妙かなと思っていたのだが、いざ始まってみれば、最後まで楽しく豊かな時間を過ごしている自分がいた。次はどのようになるのか、何も分からないけれど、帰り道ではすでに「来年もまた来ようと」思っているのである。そろそろ「グリム・グリニング・ゴースト」とか、「ベアバンド・セレナーデ」みたいな、パークのポピュラー・ミュージック演ってくれませんかねえ。


141129_170447.jpg
↑指揮台の上にオラフが!










にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2014/11/30(日) 13:24:39|
  2. 感想ルポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<P-MODEL「BIT MAP 1979-1992」 | ホーム | ドキドキ☆性格検査>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/453-88e59431
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。