野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

馬骨学生セレクト!馬の骨じゃない人の前でも歌える平沢進楽曲選

 私がこよなく愛するアーティスト・平沢進氏の楽曲は、「過去と未来が現在で出会った」ような独特の詞世界や、様々な音源、本人の歌唱を駆使して形成される、あらゆるジャンルを超越した異次元感が大きな魅力である。自ら「マイナー」あるいは「ステルス・メジャー」という認を執っているように、平沢氏は徹底して俗世での存在を隠しているが、意外なことに、俗的なレジャーであるカラオケにおいて、氏の楽曲は多数配信されている。
 それをいいことに、私を含め、世界に数多く生息する“馬の骨(平沢進ファンの総称)”の面々は、機会があればいそいそとカラオケ店に赴き、好みのヒラサワ楽曲を歌って悦に入っているのだが、ここで一つ悩みがある。先に挙げた、独特の詞世界や異次元感という特徴は、我々馬骨にとっては大きな魅力であるのだが、その他大勢の常識人にとって、これらの要素は不可解かつ奇怪なものである。そのため、大抵の人は氏の楽曲を大きな困惑を以て拒絶するのである。
 私は一度、友人とカラオケに行った際に、ヒラサワ楽曲を歌ってみたことがある。「ナーシサス次元から来た人」と核P-MODELの「ビストロン」「アンチ・ビストロン」の三曲である。案の定、友人の困惑と失笑という結果であった。その時の私の選曲に間違いがあった可能性は拭えないが(特に「アンチ・ビストロン」)、それでも一般人を前にヒラサワ楽曲を歌う難しさを実感する経験であった。
 そうなると、私たち愛すべき馬骨が、なんの気兼ねなく氏の楽曲を歌えるのは、ひとりカラオケの場合か、馬骨ばかりのグループでのカラオケの場合などになってくるが、周りに自分の他にも馬骨がいるというのは大変に珍しいケースであるため、ひとりヒラサワカラオケに勤しむ方が圧倒的にポピュラーということになる。やはり馬の骨にとっても、ひとりカラオケは最高のレジャーなのである。
 しかし、私たちの生活はひとりカラオケのみでできているわけではなく、しばしば知人以下一同との付き合いでカラオケに興じる機会がやってくる。無難な曲やその他のジャンルでその場をしのぐこともできるが、私の予想だと、ほとんどの馬骨人はこういう状況であっても、いや、むしろこういう状況だからこそヒラサワ楽曲を歌いたい欲求が出てきてしまうのではないだろうか。かくいう私がそうで、だからこそ先のエピソードが生まれたのであるが、このような事態に陥るのは私だけではないと信じたい。
 「いついかなる時でもヒラサワ曲を歌えてこそ真の馬骨!」というのも一つの意見であろうが、私はそうは思わない。それは極論というものである。ヒラサワ楽曲が一般人に与える影響は考慮すべきであろう。これらはヘタなアニメソングよりも一層タチが悪いものであるのだから。しかし、現実にカタギの人間の前だとしても、あの奇怪なる“ドドイツ”は歌いたくなってしまうのだ。一心に耐え忍べばそれでいいのだが、この時の鬱憤は凄まじいものであり、ただ我慢するのでは精神衛生上あまりよろしくない気がする。
 そこで、私はこの問題の解決策として、一般人の前でも歌えるヒラサワ曲を探し出し、これによって適時ガス抜きをすればいいと提案したい。数多くの氏の楽曲、それらの中には歌詞が比較的ライトでシンプルなものもあるだろうし、音の性質としても比較的世間に受け入れられやすいものもあるはずである。前置きが長くなったが、今回私は、自分が思う、馬の骨じゃない人の前でも歌える平沢進楽曲をいくつか選んで、読者諸賢に紹介しようと試みるのである。



1 COLORS(P-MODEL「電子悲劇/~ENOLA+6」より)



 初心者にオススメのヒラサワ曲(厳密には福間創さん作曲だが)筆頭、「COLORS」。曲調も爽やかで聴きやすく、歌詞には多少のメッセージ性があって、一般でも何の違和感もなく受け入れられそう。


2 LAYER-GREEN (ver.1.05 Gold) (P-MODEL「電子悲劇/~ENOLA+6」より)
 1番と同じアルバムから。珍しく、歌詞から強いメッセージ性が感じられ、ヒラサワ節で綴られた自己肯定の歌になっている。テンポも旋律も禍々しくなくて、いい。


3 Lotus(平沢進「Sim City」より)
 晴れやかで明るい曲調とやさしい歌詞がポイント。歌詞から思い浮かぶ世界観や情景も、比較的想像しやすいため、初聴きでも戸惑うことはないだろう。


4 白虎野の娘(平沢進「映像のための音楽 ~平沢進サウンドトラックの世界」より)



 ご存知、故今敏監督の名作「パプリカ」の主題歌で、華やかな曲調と明るい歌詞が特徴の人間賛歌である。「白虎野」と迷うが、こちらの方が歌詞が無国籍でいいかと思った。


5  Phonon Belt(平沢進「点呼する惑星」より)
 歌詞はどちらかというと収録アルバム「点呼する惑星」の世界を表現しているような気がして、少し取りつきにくいかもしれないが、今回はそれを凌駕するメロディーの美しさでピックアップすることにした。清涼感があって聴きやすいですヨ?


6 Caravan(平沢進「Sim City」より)
 再び「Sim City」からこの曲も。歌詞は異世界を表現するのに終始しているようでいて、実は所々に人の一生を連想させる言葉もあったりして、案外と実感を込めやすい歌だと思う。メロディーも晴れやかで、場が変な空気になることはなさそうだが、問題は最後まで歌えるかどうか・・・・。


7 金星(平沢進「時空の水」他より)
 この曲、実はアニソンだったりします。無添加な感じがして、刺激的なところのない曲なので馴染みのない人も楽しんで聴けるかと。歌詞も、いろいろと想像をかきたてられて、なおよし。


8 夢見る力に(P-MODEL「舟」より)



 またしても登場、P-MODEL曲。作詞・作曲に小西健司氏が参加しているためか、歌詞が極めて分かりやすく、直接的に意味が伝わるという珍しい曲だと思う。旋律もポップ。


9 WIRE SELF(P-MODEL「P-MODEL」より)
 解凍P-MODEL時代の代表曲。コンピュータ・ネットワークについての歌だが、メロディーがやさしく心に沁みる名曲だ。「♪バンジージャンプ バンジージャンプ」は少し戸惑いをもたらすかもしれないが、大サビにまで至ると、なんというか一種の達成感が生まれるので、人前で歌うには結構いい曲ではないかと思う。


10 可視海(平沢進「点呼する惑星」より)
 最後はしっとりと歌い上げて締めましょう。切なくもどこか懐かしい歌詞、異国情緒漂う旋律を有つこの曲は、聴いててとても気持ちいい。見事なファルセットを聴かせれば、一般の者たちも清廉な気持ちになるだろう。




 とまあ、「馬の骨じゃない人の前でも歌える平沢進楽曲」と題して、多くのヒラサワ曲の中から数曲選んでみた。①禍々しくない、②曲の世界観が比較的ライト(奇想天外なヒラサワールドが展開していない)、③「♪インヤー」「♪ヘーイヤイー」などのヒラサワ独特の合の手がない、などの点に注意してピックアップしてみたが、ひょっとすると「あれ、あの曲は・・・・?」と思われた馬骨諸氏の姿もあるかもしれない。だが私としても、今回の十曲で完全に網羅しているとは思ってないし、実際、念頭に置きながらも、次々挙げていったらキリがないという都合で、泣く泣く取り上げなかった曲もあるので、そういう事情と、あくまでも私の独断だということで、どうかご理解いただきたい。










にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2015/01/07(水) 20:01:33|
  2. 平沢進
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<平沢進のインタラクティブ・ライブ・ショー 2013「ノモノスとイミューム」DVD発売決定! | ホーム | 今さらですが、一年の計>>

コメント

こんにちは。
カラオケ業界にも沢山の信者がいるのかもしれませんね。ひそかに。
わたしも金星大好きです。関係ありませんが同名の林檎も大好きです。
ふとした拍子に頭の中をぐるぐる回る曲というのがあると思いますが、わたしの場合はコロニーが最多です。三拍子が好きだからだと思われます。
ところで、聞いて分かるような普通の歌詞の歌を聴くと変な感じがしませんか?
知ってるし分かってるしそんな事わざわざ唄うなよ人前で、って感じで。
重症ですか、わたし?
  1. URL |
  2. 2015/01/21(水) 16:32:08 |
  3. 青木のはら #-
  4. [ 編集 ]

Re:

青木のはらさん

コメントありがとうございます。
馬骨仲間からのコメントはホントに嬉しいです!


いやいや、「重症」も何も、それは別におかしなことじゃないですよ!
誰でもみんな、それぞれに合う音楽があると思いますから。

「普通の歌詞の歌」・・・・なんとなくどんなジャンルの音楽か想像がついちゃいますね(苦笑)。
私もそれらの音楽は普段全く聴きませんけど、シンプルな言葉が連なる歌は率直な気持ちが伝わりやすくて、そういうのが好きになる人がいてもおかしくないと思います。
でもだからといって、平沢進氏の楽曲などが有つ、色々勘ぐり深くなる多層的な意味合いや、聴く人に何かを感じさせるような独特の詞世界を、簡単に拒否したり冷笑したりはしてほしくないんですよね・・・・。
なんだか悲しくなります。

音楽にしろ絵画にしろ、たいていの芸術作品における作者の真意やメッセージなんかは、いつも直接的に表現されてるわけじゃないですからね。

シバケン-いかれたNeet-
  1. URL |
  2. 2015/01/21(水) 20:02:24 |
  3. シバケン-いかれたNeet- #-
  4. [ 編集 ]

魂のふる里が最も無害かと...
  1. URL |
  2. 2015/10/17(土) 22:56:10 |
  3. nameless #-
  4. [ 編集 ]

Re:

namelessさん

コメントありがとうございます

「魂のふる里」はどうですかね
ああいうネイチャー系の歌は受け入れられないだろうなと思っていましたが、案外そうでもないですかね


シバケンーいかれたNeetー
  1. URL |
  2. 2015/10/18(日) 14:55:46 |
  3. シバケン-いかれたNeet- #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/464-95f7de96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。