野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「井戸の茶碗」(日々の楽しみ)

 やっぱり私は外科に向いているのだと思う。興味という点でもそうだし、手先の器用さや体力、ルックス(笑)などの資質を考慮しても、まさにその通りだと言えるが、とりわけ“気風”の面で、より強くそれが感じられる。外科医の世界は、内科医のそれと比べて体育会系の色が濃いと聞く。具体的にどういう点において“体育会系”なのかは分からないにしろ、あの快活さや距離感は確かに体育会系に通じるものがある。
 これまで、「理系・文系」という括りよりも、「体育会系」の分類が似合う中高生であった私だから、外科のこの雰囲気はとても居心地がよく、かつ、よく馴染む。一年を通じて様々な診療科での実習を積み、どの科にもそれなりの興味や関心が湧くのだが、やはりしっくりきて落ち着けるのは、ほとんどが外科分野でのシリーズであった。もともと(大学入学以前から)外科志望であったのだが、今回、実際の雰囲気を見ることで、ある程度自分の進路への確信を持てたと感じている。

 最近楽しみにしているものがある。それというのは、毎週日曜に放送している落語のTV番組だ。何かとリアルタイムで見るのは難しいので、録画して時間がある時にゆっくりと見ている。とはいっても、私はまだ三回しか見ていないのだが。今となっては、もっと早くにこの番組を見るべきであったと、深く後悔する気持ちである。
 前々から落語には興味があった。歴史の長い芸能であるし、趣味あるいは自分の引き出しとしても心魅かれるものがあったのだが、日本最大のビジョナリーである藤子・F・不二雄先生が落語のカセットをたくさん持っていたという事実や、私のこよなく愛するアーティスト・平沢進氏は落語を愛好しているという話を知り、自分が敬意を払う人物を虜にする落語とはどういうものか、ますます関心を強くしていったのだ。
 しかし、伝統ある分野だからこそ、なんとなくドコから手をつければいいのかが分からない。一口に「落語」と言っても、その実、様々な種類がある。それに演目の数も膨大に思える。ここ新潟無機終焉都市ではよく有名な落語家の公演が催されるが、いきなりそれに出向くのも気が引けてしまう。書店で何度も落語の入門書を立ち読んだが、演目のあらすじを眺めているだけでは、何もつかめなかった。
 そこで思いついたのは、TV様だ。伝統的な日本の芸能だ、きっとそれ関連の番組があるに違いないと踏んだ。基本的にTV番組の類は、アニメとよほど興味のあるものしか見ない私だから、どんな番組が放送されているのかはめっきり疎い。先ほども言ったが、もっと早くにこの方法を思いつくんだった。そして、例の番組を見始めたのがついこの間のことである。
今までに見たのは、「寝床」「口入屋」「井戸の茶碗」の三つ。見た(本来は「聴いた」と言うべきなのだろうか?)後にウィーキペディアで調べてみたが、どれもスタンダードな演目であるらしい。事前勉強なしでいきなり聴いてみたのだが、成程、確かに面白いかもしれない。話の内容ももちろんのこと、演者の話の技術も大きな魅力の一つなんだと感じる。そして、あれやこれやの顛末の末、オチに辿りついたときの謎の達成感や爽快感がとても気持ちいい。見返してみた際にも、オチが分かっているのにも関わらず、この感覚はいつまでも味わえる。全く不思議なものである。
 私は「井戸の茶碗」という演目が気に入った。いわゆる人情噺の一種で、登場する人物がみな、正直な善人であることから、人気を集める古典落語の演目なのだという。人々の諍いも悪い感情もなく、明るい話で聴いていてほっと安心する。オチまで至った時には、満足感のようなものさえ抱く。「寝床」では『ほお~。』となり、「口入屋」では『うむ!』となり、ついにこの「井戸の茶碗」ですっかり魅惑されてしまったように感じる。そうして、着実に一歩一歩と踏み出し始めた私は、毎週この番組を見るのが楽しみになっているのである。オチなし。










にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2015/01/28(水) 19:22:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2013.01.24 平沢進 INTERACTIVE LIVE SHOW 2013『ノモノスとイミューム』一日目回想ライブレポ | ホーム | 【ネタバレ注意】今さら感満載の、極私的「劇場版アイカツ!」感想レポート>>

コメント

偶然アニーのミュージカルの感想からたどりつき、偶然私も落語に興味があって、テレビで井戸の茶碗をみていて、偶然こちらのブログでいうところの無機終焉都市で医療に従事していまして…親近感を感じるーと思ってコメントしてみました(笑)
新潟では文化に触れるためにも、色々努力?情報収集が必要だと実感しております!またブログみにきまーす♪
  1. URL |
  2. 2015/01/29(木) 00:00:34 |
  3. nameless #-
  4. [ 編集 ]

Re:

namelessさん

コメントありがとうございます。
いやあ、偶然は重なるものですねー。

暇で暇でどうしようもない時には、またこのブログ(赤面)に遊びに来てくださいな。


シバケン-いかれたNeet-
  1. URL |
  2. 2015/01/29(木) 13:17:14 |
  3. シバケン-いかれたNeet- #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/470-a9baec8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。