野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

老父顔の嬰児(クリクラ日記3)

 現在私は、とある外病院―大学病院と比較して他の市中病院はこのように呼ぶ。我々学生の居場所のない大学病院よりもはるかにアット・ホームなので、それほど「外」である感じはしない―の救急科における臨床実習の最中にいる。救急科となると、一日を通して何かをやっているというわけではなく、患者さんがいないときなどは、控室で待機ということになっている。そういう空き時間には、新潟無機終焉都市から持参した医師国家試験対策の問題集に取り組んだりしているのだが、思ったよりも空き時間は長く、当初の計画よりもだいぶいいペースで作業を消化することができている。このおかげで、今後の展望も見通しやすくなった。
 だが、作業が捗っているとは言っても、それはあくまでも「思ったより」の範疇であり、絶対的な尺度でいったら、実はそれほど捗ってはいないような気がする。控室には、私と実習先を同じくするクラスメイトもいる。入学当初からつるんでいたような面々なので、待機時間にも、各自の勉強をしていたと思ったら、いつの間にか普段のような下賤なやり取りを繰り広げてしまう。実習開始期のおずおずとした慎ましい態度は何処へやら。今や、病院(というか控室)の居心地のよさから、すっかり我が物顔で、無遠慮に、馬鹿みたいな話ばかりしている。こんな調子では、最後まで集中を貫いて教科書に向かうことはできない。
 私たちの控室とはいわゆる研修医室で、当然研修医の先生方もそこにいらっしゃる。研修医と同じ空間を共有するというのは、程度の差はあれど、一般には緊張を伴うものであるだろうが、やはり実習先の謎の居心地のよさの効果で、このような緊張は初日のうちにすっかり解けてしまっている。そも、この病院では大学の先輩数人が研修の真っ最中であるし、この実習で初めて会った先生も皆、気さくな人柄の持ち主であり、時おり、こちらの勉強中にも、色々のちょっかいをかけてきて、全く油断ができない。先のクラスメイトにしろ、研修医の先生にしろ、たやすく“ひとりの世界”に入り込ませてくれないのだ。
 一日の実習が終わった後も、クラスメイトや先生方と食事に行ったりお酒を飲んだりして、ひとりだけの自由な時間はそれほど残らない。たとえ時間があったとしても、実習の疲れでしばらく煎餅布団の上でバタンキューとなっていることが多いし、体力が残っているときはたいてい、このブログ(赤面)の下書きなどをしている。日中はずっと実習や自習に従事しているので、宿舎でのわずかな時間は、気楽に過ごしても問題はないだろう。

 近況報告。実習で所属している診療科とはあまり関係ないが、個人的な自習として、産科の勉強をしている。産科は私が最も―というか、唯一?―関心の持てない分野で、取り組むのも後回しにしていたのだが、もはや少しものっぴきのならない状況に追い詰められ、嫌々ながらも、ついに、満を持して着手し始めたのだ。あまりの関心のなさから、これまでこの方面の勉強は、他よりもかなり適当にやってきた(「やってきた」という言い方でも過剰な表現に思える)ため、そもそも正常な生理からして、よく分からない。問題集の一問目、基本問題から心が折れる。
 地獄の正常妊娠を乗り越えて、やっとこさ妊娠の異常の範囲に入り、少しは面白みが出てきたかな?と思い始めた頃に、教科書に書いてあった、とある単語に目がついた。先天性梅毒の新生児の症状、「老人様顔貌」という用語である。老人の様な顔をした新生児・・・・?これは正しくアレじゃないか。P-MODELの名曲「Heaven」の歌詞にある「老父顔の嬰児」!P-MODEL好きとして、テンションが上がるのを止めることはできなかった。この滾る思いを共有できる相手が身近にいないのが、本当に残念なところである。
 「Heaven」の作詞作曲は、私がこよなく愛するアーティスト・平沢進氏である。この曲を聴いて、『「老父顔の嬰児」とは、また胡散臭い言葉だな・・・・。』と思っていたが、これは御大による造語ではなくて、実際に存在する事象を歌っていたものだった。恥ずかしい話だが、私は少しも知らなかった。
 
 バースデイ夜更けて バカ騒ぎの後
 ひとつふたつみっつ 老夫顔の嬰児
 こよみやぶる手つき 記憶たどる目つき
 ふくみ声のことば のこりギリギリ
 妊婦のアリバイ
 Heaven Heaven
 Heaven Heaven


 そういえば、梅毒は性行為によって感染をする。この曲がナニを歌わんとしているのかが段々と分かり始めて、より一層、妖しげな世界の虜になってしまいそうである。














にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2015/05/19(火) 22:08:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヒイッ!救急車っ!(クリクラ日記4) | ホーム | そういや医大生ブロガー(赤面)でした>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/514-ad515b76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。