野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

えっ?救急車?(クリクラ日記14)

 新潟無機終焉都市に戻る日が近づいているので、この四週間ですっかりなじみになった天ぷら屋さんに、最後の挨拶がてら酒を飲みに行った。鶴岡に来てから色々な食堂に足を運んだが、そもそも私は天ぷらが好きで、珍しいお酒も飲めるというところにも色気が出、そして何よりこのお店の人たちの気さくな人柄が気に入って、よく通うようになったのである。
 お店ののれんをくぐれば他にお客の姿はなく、私ひとりだけカウンターに座っているということがほとんどだったが、ついに最後の夜に至ってもその例が変わることはなかった。鶴岡に来た記念として、珍しい地酒や海鮮のつまみをお供に、大将や若旦那との会話に花が咲く。ああ、私はやっぱりこういう酒の飲み方が好きだ。酒飲みでよかった、鶴岡に来てよかった。私のそういう満足心が自然と滲み出てくるような晩酌の席であった。今までの感謝を伝え、名残り惜しい気持ちを振り切り、お店を後にする。
 何かとお世話になったこのお店は、今や私にとって特別な場所になった。これでもう一度鶴岡を訪れる理由ができたわけである。ハートフルなお別れと相なったが、まさかその数日後、お店の人とあんな形で再会を果たすということを少しも知らず、呑気にほろ酔い気分で街を歩く私であった。



 私のクリニカルクラァクシップ(以下「クリクラ」)第三シリーズが、はっと気がつけば最終週を迎えていた。クリクラ第三シリーズは最終シリーズということになり、つまりそれはクリクラ全体としての終わりをも意味するが、さらに話を大きくすると、堕医学生という立場で臨床実習に臨むのも、もうこれが最後ということになる。
 そう考えると感慨の浅からぬものがありそうだが、肝心の最終週は、大きなイベントもなく、スケジュールにもところどころに空きがあって、何とものんびりとしたものになった。あまりののんびり加減に当てられ、実習終わりの感慨に耽ったり、最後の追い込みの気力を出すなんてこともできないほど、精神的な活動性というものがすっかり落ち込んでしまっていた。
 不満があったとか、飽きたとかいうわけではないが、のんびりとした最終週にメリハリを付けるために、少しわがままを言って、一日半という期間だけだが救急外来で実習をさせてもらえることになった。病院見学などでもそうだが、私は外の病院を訪ねるときには、必ずと言っていいほどに、その病院の救急外来の様子を覗くようにしている。
 この病院は、やけに救急車が来ることで有名である。現在はそれほどではないという話だが、それでも頻繁に救急車が入ってくる。実習中や放課後、そして休日の間も、病院に向かう救急車のサイレンを何度も何度も何度も耳にした。ここの病院の救外だったら、高次の救急医療をもしっかりと学ぶことができるだろう。そう思っていた。
 だが、この病院では外傷の患者さんは最初から外科や整形外科で診るシステムにしているらしく、今回の救外実習では、主に内科的な訴えでやってくる患者さん(ウォークインが多い!)の診察に参加することがほとんどであった。推理的な側面もある内科救急も嫌いではないが、私はどちらかというと外傷の方が診たかった・・・・などと言えば、またわがままに思われてしまうだろうか。
 忙しい救急外来だと、そもそもの医療的なスキルの他に、いかにして効率よく捌くかという、別の方面の技能も求められるのだと感じた。いわば要領である。オーダーを出す時間、各種処置を行う時間、検査を実施している時間、検査の結果待ちの時間その他諸々・・・・。上記の項目を組み合わせて、どのようなタイムスケジュールを編んで、いかに上手く外来を回していくのか、こういうセンスも鍛えていくべきだと思えた。効率ばかりを求める医療は困りものであるが、効率の悪い医療というのも決して許されるものではない。
 私が救急外来にお邪魔した日は、搬送、自力合わせて、ひっきりなしに患者さんがやってきて大忙しだった。常駐している先生も、これほどまで忙しいのは滅多にないとおっしゃっていたほどだ。診察に検査にと、外来のベッドに横たわる患者さんたちを回っていたと思うと、ふと向こうから聞こえてくるのが「救急車きましたー。」という報告。えっ?救急車?私は、どんな患者さんが運ばれてくるのか、それすらも把握できていないわけである。そしてあまりにもたくさんの患者さんがやってきたので、途中から誰が誰なのか分からなくなってしまうという体たらくであった。こんな状況で、先述のように要領よく捌いていくのは困難であると思った。でも、このような救外の慌ただしい雰囲気、私は決して嫌いではない。


CIMG0002.jpg
↑ここに来たから飲める酒。これぞまさしく「地酒」である











にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2015/07/20(月) 19:23:01|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<平沢進ライブ開催決定!―インタラかノンタラか・・・・? | ホーム | 医大生ブロガーオフ会2015in東京参加できません!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/542-76988432
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。