野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

24才の夏休み




 もともと、今の学校を卒業するのに合わせて、この、「ブログ」という習慣からもきっぱり足を洗うつもりでいました。ですが、その決心とは裏腹に、最近になって「ブログ」・・・・というよりも「書く」というただそれだけの行為。それが私にとって生活上の救いになっていることに気がつきました。つまり、女々しくも、完全な別離をするのも惜しくなり、ひとまずこのブログは卒業と同時に凍結のかたちを取ることにして、おいおい、また新規のブログを開こうかなという色気が私の内に兆してきたのです。
 これから(大きなスケールの「これから」を想定しています)の私は、今までよりも忙しく、そしておそらく疲弊しているでしょう。新しい暮らしの中で、「書く」ことに娯楽や安静を求めるのは、もしかしたら非常に困難となるかもしれません。それは重々承知のうえ。思えば、今まで散々頼りきって、追いすがってきたものに、私が簡単に背を向けることができるわけもなく。疎遠になりながらも、都合のいい時には、そこを逃げ場として健気に通っていく自分の姿が、ありありと思い浮かばれるのです。
 新しいことを始めるのは、その計画からして、いくらかは胸が躍るものです。夜、どうしても眠れないときに、新しいブログのタイトルなどを考えてみる。すると心臓のあたりがぴょんぴょんと跳ねるように、すっかり浮足立って余計に寝つけなくなったりしてしまうのですが。『さて、タイトルはどうしよう。』『いっそ横文字にしてみるか。』『何をオマージュにしようかな。』これらの考えの辻褄が合うことは、未だありません。
 タイトルは、我が家の“表札”であり、この場に限れば自分自身の“顔”のようなものじゃないかと思います。それだけに、色々の材料がある中でも、より愛着を持って付き合っていきたい気がするのです。さて思いつきだけは割とよく生まれてくれるのですが、裏か表か分からないような淡白なものばかりが並んで、イマイチ決めかねてしまうのです。手前味噌ですが、と予め断ってから言いたいのですが、今思うと「野良犬の生活」という名前は、我ながら驚いてしまうほど、“我が家”そのものであり、かつ“私”そのものであります。こういうことを言うのはとても恥ずかしいのですが、この名前は自分でも気に入っているのです。

 私が、少しも実用的でない問題に気を煩わしている他方で、気がつけば学期末の試験(what for?)も済んで、今年度の暑中休暇が始まったようです。一生に一度の“24才の夏休み”、私はもう一度冬を越せば学校を卒業してしまうのだから、これは学生という稚い身分で過ごす最後の夏休みだと自覚を持てば、センチメンタルを感じないわけではないけれど。
 自分らしくないことだとは思いますが、どこかへ遊びに行く心積もりが一つもなく、夏の日は過ぎていきます。今夏は、自分の将来と直接に結ばれているとても大切な用事が控えているのですが、それを絶対として今一度予定表を眺めてみると、どうも間が悪くて、旅行に繰り出すような気にはなれないのですね。
 そして何よりも、いまの破産寸前の貧しさがある。色々の大義名分を掲げて、春から羽目を外しすぎてしまいましたが、ここにきて苦しめられているのは、すべてそれらのしわ寄せ。割引の映画一本を観ることも叶わず、駄菓子を買うのにも躊躇うような羽振りで。無責任にも、往時の自分を恨むような気持ちですが、自分というのはひとりしかいないわけですから、その尻拭いをするのは、勿論自分の仕事ということになるのです。
 近頃の日本は、熱帯諸国に勝ってしまうほどの暑さが続いています。とある事情で我が家のクーラーは動かないので、扇風機から出る「強」の風を背中の地肌に受けて、この近況報告を書いています。私の部屋は日の出から日の入りまで常時日光が射しこむ日当たりのよさですから、この季節には太陽光線に熱せられて、屋外よりも蒸し暑くなるのです。できるかぎり日中は家にいたくないので、公共の冷房を求めて、居場所のない学校で何とか居場所を見つけて日暮らし、とりあえず目下いちばんの目標を見越した仕事をして凌げていけたら。そういえば、送らなきゃいけない書類があった。この時期にスーツにネクタイを着用した証明写真が必要とのことらしい。さあ、24才の夏休み。髭を剃ることからまず始めてみる。










にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2015/08/01(土) 21:26:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<あなたの言葉、誰に届けたいですか? | ホーム | 鳴子温泉入湯記―幼い思い出を歩く>>

コメント

続投宣言、どうも有り難うございます~~
お忙しいとは思いますが、どうかゆったりとご自身のペースで、こっそりと期待しております
骨のある文章を、毎回、紙背を徹するってくらいに読ませて頂いております。液晶ですけれど..?笑
  1. URL |
  2. 2015/08/02(日) 00:38:38 |
  3. ぐう #-
  4. [ 編集 ]

Re:

ぐうさん

ぐうさんのような読者の存在は、私にとって何よりも大きな励みですよ
応援ありがとうございます


この報告のとおり、ブログは継続いたしますが
次は職業などの素性はおっぴらにはしないつもりですし、タイトルやペンネームも一新する予定ですので
もしかしたら、私を見つけるのが難しくなるかもしれません

このブログの中で新しいブログのタイトルを発表しておこうかなとは思っていますが
まあ、こっそりとついてきていただけたらと・・・・(苦笑


シバケン-いかれたNeet-
  1. URL |
  2. 2015/08/02(日) 10:26:20 |
  3. シバケン-いかれたNeet- #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/548-9b59342d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。