野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

故郷・秋田県の鉄路全制覇!―男鹿線の旅

 秋田市にとある用事があって、新潟無機終焉都市から秋田県に帰郷をした際、空き時間を利用してJRの男鹿線に乗った。私はこの間から、故郷・秋田の鉄道全路線を乗り潰すことを目指していたが、この男鹿線に乗ることで、私のささやかな野望はついに達成のかたちとなるのである。
 秋田駅から男鹿線に乗り、終点の男鹿を目指す。平日の真昼間だというのに、車内にはなぜか学生が多く乗っている。テスト期間だろうか。追分と男鹿を結ぶ男鹿線は、何の変哲もない住宅地や、何の変哲もない林の中を走る。車窓にはとりわけ目を引くような景観はなく、概してパッとしない。強いて言うなら、船越水道を渡るところなどは面白いが、こういうのは車内からではなく俯瞰してはじめて絵になるものである。背景に聳える寒風山もまた然りである。男鹿自体は日本海沿いにできた町であるが、男鹿線は海沿いを走るような区間などもなく、乗客としてはなんというか色々と残念な路線である。そうこうしているうちに、終点の男鹿駅に降り立った。
 突然だが、男鹿半島の観光と聞いて、皆さんは何を思い浮かべるだろうか。定番の入道崎、なまはげ伝承の真山、シロクマが人気の男鹿水族館GAO、素晴らしい眺望の寒風山・・・・。秋田県内でも屈指の観光地であるからか、男鹿半島には見て回るところに事欠かない。
 さて、そこで男鹿駅の終点・男鹿駅だが、実はこの駅は、上に挙げたような男鹿半島の代表的な観光名所から結構離れたところに立地している。そのため「男鹿」と冠してはいても、本来「男鹿」という地名から連想される風景とは全くかけ離れた平凡な景色が、駅やその周辺に広がっているのである。ちっとも「男鹿」らしくない男鹿駅。駅舎には、申し訳程度になまはげの人形が置かれている。
 秋田市に引き返す列車は、およそ一時間後に出るが、それまで駅周辺の散策に繰り出すことにした。“男鹿らしい男鹿”までバスが出ているが、秋田市での用事のこともあるので、そこまでする余裕はない。駅に併設されている観光案内所に寄って、周辺の地図を手に入れた。
 大龍寺を訪ねることにした。この辺りだといちばん見応えがあるように思えたし、説明の「多くの文人墨客が訪れた名刹」という一文にも魅かれるものがあった。本来は初夏の候。しかし、この日ばかりは一足お先に真夏が訪れたみたいな天気で、決して薄着とは言えないような服装だった私は、暑さと日差しにヒイヒイ言いながら汗して歩く。目的の大龍寺は坂を上ったところに建っている。勘弁してくれよと言いたかった。
 大龍寺は曹洞宗の寺院である。境内は庭園を含めて広大で、成程、その信仰は大きいように思われた。案内に写真が載っていた色彩豊かな建物は見当たらないので、とりあえず本堂にお邪魔すると、入ってすぐ右手に見える、休憩スペースのようなところから住職さんがやってきて、参拝案内を渡してくれる。曰く、見学は順路に沿って自由にしてもらっても構わない、龍王殿の二階に鐘があるから突いてもいい、最後は件の休憩スペースで庭を見ながらお茶をいただいてください、とのことだった。
 案内を参考に実際に参拝してみると、もっとよく大きさが分かる大龍寺。そのハイライトは多宝塔様式で造られた龍王殿である。多宝塔としては全国で五指に入る大きさで、日本唯一の鐘楼堂を重ねた多宝塔であるらしい。白、紅、緑青で彩られた、どこかオリエンタルな風情も醸す面白い建築である。鐘を突きに上階に上ると、そこからは庭園と、はるか彼方に広がる日本海とを望められる。風も吹き抜け、そこだけが清廉な空気になっているようだ。年柄もなくワクワクする気持ちを落ち着かせて、鐘を一突き。ゴーンと、鈍く、深みのある音が響いた。
 参拝は例の休憩スペース、その名も「楽水亭」でゴールである。そこからは龍王殿とその前に造られた庭園を眺めることができるのだ。住職さんがやってきて、お茶とお茶請けのもろこしを出してくれる。それからしばらくは住職さんと四方山に転じたが、私の素性を明かしてみると、この寺―というか、住職さんが?―私の田舎町、学校、何かとお世話になっている病院などに縁があるようで、そのせいか私には珍しく話が弾んだ。そうして気が付けば、もうすぐ戻りの列車の時間という頃であった。それを聞いた住職さんは、歩いて行ったら間に合わないからと、なんと車で駅まで送ってくれるという。その心尽くしを私が断る理由もなく、素直に自動車の助手席に座ることと相成った。お礼の気持ちも込めてお守りを買ったが、これにはしっかりと願掛けの意味合いも含まれている。私の大願が叶ったときには、再びお礼参りに来なきゃいけないと思う。往きは歩きでヒイヒイ言っていたのが、車だとやっぱり早く、楽チンに辿れる。住職さんに感謝を示して、ホームに停まっている列車に小走りで向かった。


CIMG0034.jpg

CIMG0009.jpg

CIMG0007_201508091307521ef.jpg

CIMG0013_201508091308240fe.jpg

CIMG0012.jpg

CIMG0026_201508091308537f7.jpg

CIMG0022_201508091308501d6.jpg

CIMG0018.jpg

CIMG0023_201508091308511ad.jpg

CIMG0031.jpg











にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2015/08/16(日) 19:11:12|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リゾートみのり―陸羽東線の旅 | ホーム | 高田独歩記(たかだひとりあるき)2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/555-2b97f261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。