野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

男こそ巨乳たれ

おっぱいの話をしようと思う。


マンガやアニメ等、いわゆる「二次元」には、
貧乳を気にしている女性キャラが結構いる。

「わたしも大きくなったら・・・。」みたいなこと言って。
うん、確かにキミらくらいの年齢だったらそんなもんかな。

しかし、貧乳というのはそれだけでもいいが、
本人がそれを気にしていることで、なんか余計可愛さが増すんだよな。
逆に、貧乳であることを気にしないのは「罪」とも言っていい。

(あ、そこの人逃げないで。)

だけど、巨乳は巨乳で悩んでいることも多いな。
肩が凝るとか、着れる服が限られるとか。


しかし・・・、こういう二次元における、貧乳・巨乳の憂鬱って、
現実の世界、通称「三次元」でもあるのだろうか。


まあ、そういうのがあるにしろないにしろ、
女の人は得だなーと思う。


だって、貧乳でも巨乳でもどっちでもいいもんね。
貧乳好きと巨乳好き、両方いるし。

とあるエロ俳優(私だったらこの時点で特定できる。)の言葉に

「女性の胸は大きさや形じゃなく、だ!」

というのもあるし、

「貧乳はステータスだ。希少価値だ。」っていう金言にも頷ける。
だから貧乳なんて気にする事ないよ!
あ、でも悩んでたら可愛いから、やっぱり気にして!

(あ、そこの人逃げないで。)


そこをいくと、男って辛いよな。
大きい方がいいもんな・・・。
ちっちゃいと情けないよな・・・。


・・・さて、下半身の獅子についてはともかく、
男は女性とは違って、胸の悩みとは無関係と思っている野郎共が大多数ではないだろうか。


しかし私はそうは思わない。


「男こそ巨乳たれ」
と思っている。
信じている。

この持論の説明、というか弁明をするが、
「巨乳」とはいっても、女性とは質が違う。

女性の巨乳では脂肪が占める割合が高くなっている(はず)だが、
男の巨乳は筋肉で作られてしかるべきだ。

そう、みんな大好き大胸筋だ。

「いいから大胸筋鍛えろ。」ということを言っているのだ。

なぜ、大胸筋を鍛える必要があるか?
それは単純だ。
だって、ぺったんこの胸板って貧相じゃん?


・・・はい、それだけですよ。


私自身、結構身体鍛えてて、
それはもう見事なおっぱい(パイスラッシュもできるよ!)だからそう考えるのかもしれないけど、
男として生まれたからには、せめて胸板くらい厚くしたいって思うんだよな。
なんつーか、男のロマン?そう、ロマンだ。
私はロマンチスト(笑)なのだ。

細マッチョ?はっ、笑わせる。

【錯】いいから、お前ら男だったら大胸筋鍛えろよ!男のロマンを追い求めろよ!【乱】
って思っちゃうんだな、これが。えへへ・・・☆


本当は、大胸筋のみならず、もう全身の筋肉を鍛えるべきだと思うんだけど。

・・・あ、いやいや、強制は全然しないし。
ただ個人の勝手なロマンを語ってるだけだし。
ただの恥ずかしい人だし。


でも、なんとなく男は筋肉を鍛えるべきって思っちゃったりしちゃったり。
気が付いたらそうなってたりしちゃったり。



だってほら、
アンドロゲン・・・男性ホルモンって、筋肉増強させるじゃん。
それが男の第二次性徴の特徴の一つでもあるし、
それはヒトの、動物としての本能によってそうなるのかな、とか思うんだよな。
オスが筋肉を増強させることが、種の生存に重要なのかなーって。
男らしさ」ってそういうことなのかも。




一方、女性だと、エストロゲン・・・女性ホルモンは脂肪合成を促進するよな。
それで、「女らしい」、丸みを帯びた体型になったりするんだったっけ?
だったら、本来女性は多少は脂肪がついているべきなのかなと思う。


ならば、女性のダイエットってよくないよなあ。
いや、単に私がちょっとぽっちゃりしてる方が好みだからって訳じゃないぞ!

健康的」っていうのはものすごく大事だ。

ちょっと前、実家のTV様に映る、中高生に人気の「会いたい」系の歌手の足の細さ、腰の細さに、
ドン引きしたことを思い出す。
あれはもうスリムとか飛び越えて、病的だった。

「健康的」ってのは本当に大事だ。


何事も適度がいちばんだ。


うん、だから、結論。
女性のみなさん、ぽっちゃりしててください。フヒヒ。



(あ、そこの人逃げないで。)






にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ

↑か、勘違いしないでよね!別にアンタに押してほしいから表示してるわけじゃないんだからね!

  1. 2013/06/23(日) 11:54:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ねこ日記 | ホーム | 「ただ、待つ」ということ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/57-a96b158f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。