野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ねこ日記

今日の授業を終え、颯爽と帰宅の途についた私。
「家に帰ったらすぐトレセンに行こう」とか思ってたら、
ん・・・?なんか向こうからやってくるぞ?
白い。



130624_161912.jpg


はい、ぬこ。

なにかと思ったら、ぬこでしたよ。

しかもこいつ、この前、朝から佇んてたぬこじゃんよ。

↓そのときの顛末「のらぬこ」
http://shibakeneet.blog.fc2.com/blog-entry-55.html

やっぱり近所に住む野良ネコだったか。


この前なんか、私が近付いたらビビってすぐに逃げ出したのに、
今日は、すまし顔でぬこぬこ・・・、いや、とことここっちに歩いてきやがる。
チラチラこっちを見ているくせに、まるで私は見えないかのように、通り過ぎて行きやがった。

そして、人間が入れないような、ぬこたちの散歩道へと去ってしまった。
もうちょっと遊んでくれてもいいじゃんね・・・。







ところで話は変わるけどよ、

平沢進御大のtwitterのフォロワーが70,000人を超えたみたいだ。
日に日に増えてたから、気になってはいたけど、
ついに大台突破。

そして、氏曰く






「Hirasawa追跡70000歩」・・・?

大台突破記念でなにかやってくれないかと期待してはいたけど、
またなんか、胡散臭い企画してんだなあ。


こういう類の企画といったら、この前、というか結構前の
Hirasawa監視50000秒
を思い出す。

この企画中で、ヒラサワは仕事姿を見せたり、
うっかり”、製作中の曲(「Aria」)の一部を流しちゃったり、
そして、「あざとい、さすがヒラサワあざとい。」と言わざるを得ない、
衝撃のメガネ沢を公開するなど、
馬の骨が喜ぶことを的確にやってくれるという、持ち前のサービス精神を発揮してくれたのは、
馬骨の記憶にしかと残っているだろう。


さて、今回は何をしてくれるやら・・・。





にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ

↑アティドゥーを高めよ。
  1. 2013/06/24(月) 22:12:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドルマン・イン・マイ・マインド | ホーム | 男こそ巨乳たれ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/58-c9ce3955
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。