野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

平沢進「ホログラムを登る男」

【Track】
1 :お?お?・・・ああ~かっこいいんじゃ~!(ゴロゴロ)
2 :あら、弦音源でいかにもな感じ?って思ったらうああ、ビビビビ音かっけええ!
3 :シュン・・・ホロリ・・・(浄化)
4 :サビ落ち着くな~。「刃を否を」の語呂が気持ちいい。
5 :うわ!イントロからかっけえ!あ。なんだこれ?超ゾクゾクするんですけど。
6 :なんか面白いことになってんな~。妙に疾走感ある。ギターソロ!かっこいい!
7 :静かな曲かと思ってたら、なんか不穏な感じだな。でも綺麗だ。
8 :え、何コレ?これヒラサワなの?え?あ、デモのところだ。すごい、優しい・・・。
9 :やっぱりこの曲、力あるなあ。他の曲に全く埋もれてないぞ。
10 :シンプルな構成だけど、歌詞が印象的。エンディング感ある。だんだん切れ♪だんだん切れ♪

(Bonus Trackは割愛)


 上記が、とあるアルバムを初めて通しで聴いた時の私の様子である。
 そのアルバム、平沢進氏の最新作「ホログラムを登る男」はかなり控えめに云って「名盤」である。ハズレ曲は一切なく、しかもどの曲も他に類を見ない強烈な個性を有っているため、アルバムの密度は高くなり、聴き終わったときの満足感も大きなものになる。
 はじめはヒラサワ音楽の集大成になるかと思っていたが、氏の“らしさ”を醸しつつ、それだけに留まらない、今まで隠していた引き出しをついに開けてきたような目新しさもある。筆者には、特に「火事場のサリー」は後頭部を鈍器で殴られたような衝撃があった。進化というよりは変化という言葉がふさわしい、ヒラサワ音楽の変幻自在さを改めて思い知ることになったのではないだろうか。そのため、初心者も取っつきやすそうな一方で、これまでの氏の作品を知っている馬骨もいい意味で、思わぬ裏切りに遭ったような気持ちにさせられる。
 全体的にかつてのアジアン・テイストは控えめ。歌詞を読むと、核P-MODEL楽曲のように、私たちが住む現実世界のことがやけに頭に浮かんでしまうのだが、そこは氏の音楽と言葉選びの魔術で、ソロ楽曲の神話 / SF的世界はしっかりと創られている。
 あるテーマを掲げて、それでもって作品を画一的に捉えようとする試みは必ずしも必要ではないと思うが、私はこのアルバムを聴いて、「肯定」「解放」という言葉が思い浮かんだ。このアルバムは決して楽天的なものではない。むしろ全体的に重苦しい曲が多い。だがどんなに苦しくても辛くても、やがて解放の時は来る。そしてその解放の鍵となるのは、他ならぬ「キミ」自身なのだよと御大はリスナーに歌いかけているような気がしてならない。
 存在を否定され、困難や逆境の最中にいるすべての「キミ」を肯定し、「解放」まで導こうとするこのアルバムは、ヒラサワから現代を生き抜く人々へのエールと受け取ることができないだろうか。そういう意味では、このアルバムは重苦しい曲は多いけれど、これまで以上に希望の兆しを感じられる一枚ではないかと思う。


  1. 2015/11/18(水) 19:00:00|
  2. 平沢進
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<平成二十七年度 松竹大歌舞伎 新潟公演感想記 | ホーム | 日常系赤面ブログ「野良犬の生活」ブログランキングサイト撤退のお知らせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/598-9af29bb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。