野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Take me out to the やきう

やきう観に行こうぜ!」ってクラスメイトが誘って、
「行ってやるぜ!」って私が快諾して、
1,000YEN払って、入場券もらった結果がコレである。

130628_200435.jpg


場所はHARD OFF ECO スタジアム新潟
俗称「えこすた」である。

オールスター・ゲームもやるくらいなので、ここはいい球場なのだろう。
新潟にいる内に、一度は来てみたいと思っていたところだ。

いい球場の条件はよく分からないのだが、
新しくてキレイで、確かにいい球場だと思った。


振り向くと、こんな感じ。

130628_200417.jpg


対戦カードは
新潟アルビレックスBC VS 東北楽天ゴールデンイーグルス(ファーム)
2013交流戦・災害復興支援ゲームと銘打たれた試合である。


プロやきうの一軍の試合でないのは、ちと残念か。
知っている選手が一人もいない。
知っているのは、新潟の監督、ギャオス内藤と、
楽天の二軍監督、デーブ大久保だけである。

今思うと、この試合はタレント監督対決だったんだな。

しかし、知っている選手がいないからこそ、
やきうという競技の本質を堪能することができ、
応援したくなる選手も見つかるというもの。

私達一行は、新潟の助っ人外国人、オーストラリア出身のデニンズ選手をひいきにしていた。
このデニンズ選手、実はWBCのオーストラリア代表だったりする。侮れない。
さらにこの選手、テーマ曲に長渕剛の「とんぼ」を仕様している。
日本球界において、この曲は、御存知、清原和博元選手の代名詞となっている曲であり、
あまりにもその印象が強いため、その使用は今やある種のタブーと化している。

しかし、デニンズ選手は、あえてそのタブーに挑もうとしている。
長渕剛の、あの有名な嗚咽が流れるなか、ゆったりとバッターボックスに向かうデニンズ選手の男らしい背中に、
戦う覚悟を持つ者の風格を感じずにはいられない。
(という設定)


試合は両チームにホームランも飛び出す打撃戦になった。
打ち合いの方が、観てると面白い。

とはいうものの、正直試合を真面目に観ていたか、と聞かれたら、
答えはNOである。

知らない選手ばかりだからこそ、勝手に設定をつくることができるので、
ハッタリと妄想が飛び交う、実にふざけた会話をずーっとしていた。

他にも、観客の様子を観察して、茶茶を入れたり。
特に、ファールボールを求めて球場を全力で駆けまわる少年たちには脱帽だ。
オレたちもあんな無尽蔵な頃があったんだよなあ・・・。(遠い目)

実際、友達とあることないことくっちゃべるのって楽しいよね。


試合の結果は、8対6で、楽天の勝ち。
私は東北生まれ(秋田)なので、人知れず誇らしげに。

試合時間は、3時間半とちょっと。長かった。


試合終了後は、新潟の選手が、私達観客を見送ってくれるみたいで、
こういう感じで、選手と交流できるのは嬉しい。

我らがヒーロー、デニンズと写真を撮ってもらったし、握手もしてもらった。
かなり握る力強かった。痛かった・・・。

試合後に、選手へのインタビューで無双を見せてくれた女性アナウンサーとも写真を撮ってもらった。
ちゃんと「インタビューよかったです。」って伝える。
いや、何様だよ、お前。

ギャオスは流石に人気で、一緒の写真は撮ることはできなかった。
でも、握手はしてもらったお!
ギャオスって普段からあんな感じなんだな。
テンションww



しかし、思ったよりもやきう観戦を堪能することができた。
こんだけ楽しんで1,000YENって、お得すぎる。
あのねえ、普通バックネットって1,000YENじゃ入れないよ。


こうなってくると、プロやきうの一軍の試合もこの球場で観たくなってくる。
でも、今回みたいに小規模な方が落ち着いて観れるってのもあるけどな。




ではよい週末を。









にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2013/06/29(土) 09:37:18|
  2. 感想ルポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「健康ブーム」ってなんだ? | ホーム | ドルマン・イン・マイ・マインド>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/60-e8bd8ee5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。