野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

弥彦線莫迦列車

  一 美少女に生まれていれば
 どうやら私は、人と話さないと駄目な人間だったらしい。
今まではひたすら講義の毎日だったし、今年の夏までは臨床実習などもあったから、一日一回は人と会って話す機会が必ずあった。それが今回の卒業試験が始まってみると、そもそも登校するのは週に二日だけと、一気に少なくなった。試験は午後からなので、それまでは校内の一室でクラスメイトと復習等をする習慣になっているが、ここでついに人と言葉を交わすことになる。
 卒業試験が始まってそれなりの日々が過ぎた頃に、自分の変化に気がついたのだが、それは試験日から次の試験日までのわずかな数日のこと。級友との勉強会などもせず、人と会う予定も滅多にない私が、ゴミ出しや手紙の投函以外に屋外に出ることもなく、自室にこもってひたすら机に向かっているような暮らしをしているうちに、時間が過ぎるに伴って段々と自分の気持ちが明らかに落ち込んでいるのである。この時に、気持ちだけでなく身体も重くなる気がするのだが、この症状は試験日に学校でクラスメイトと会うことで、たちまちに晴れるのである。これが試験から次の試験までの一つのサイクルとして廻っているようであった。
 自身の体調の変化から、冒頭に述べたような気づきに至ったのだが、未だに自分の内に、案外と可愛い性質が残っているということにまず驚いた。自分がこの性格だけをそのままにして、美少女に生まれていれば異性から相当モテるに違いないと思う。それもその筈で、美少女であれば性格はどうあれ異性からモテるに決まっているのである。
 さて、暦の上ではまだ秋だと思いたかったが、気候的に冬が訪れたことを肌寒さで実感して冬服を用意したというその頃に、とある祝日がポンと挿入され、それによって週に二日の試験日が一つなくなることになった。これはつまり試験日から次の試験日までの間が長くなることを意味するが、私にとってこれはあまり良いことではない。連休のようなかたちになるのでこぞって遊びに繰り出す向きもいるだろうが、大した用事もない私は、日々の買い物などをする以外にはひたすら部屋にこもりきりとなるに決まっている。実際、生活の必要性から外に出かける他には、ひたすら家にこもって机に根を張り、気づいた時に適当な食事を見繕って摂り、空いた時間には今まで何回も観たアニメの録画をただ観ていた。空の色も見るからに苦しくて、唯一の趣味である散歩に出かける気にもなれない。
 予め分かってはいたが、案の定日を追うごとに気分は落ちていった。些細なこともやけに不安に思え、何もないのに神経はどこか張り詰めたままだ。もはや気がおかしくなりそうである。
 このままではいけない。一度、この忌々しい気分を霧散させなくては、恐ろしいことになる。たまらず私は計画を変えて、合間の一日に予定を組み込むことにした。とにかく今はどこかに行きたい。そしてできれば列車に乗りたい。路線図と時刻表とを研究して、私は弥彦線に乗ろうと決めた。

  二 弥彦駅
 朝早くから出かけようと思っていたが、それほど早起きができなかったので、結局は八時五十分白山発の越後線に乗った。これは内野行なので、次の列車までだいぶ待ち時間ができてしまうが、白山駅で待っているよりも、まだ行ったことのない内野で待っていた方がまだマシと思って乗り込んだ。
 この日は平日だったが、通学・通勤ラッシュを寸でのところでかわしたようである。それでも時間の自由度の高い大学生や専門学生は沿線の各駅で見かけるのだが、それぞれに降りる学生たちの雰囲気が妙に似通っているのが面白かった。地味な学生ばかりが降りるところもあれば、程度の低そうな学生ばかりが降りるところもある。類は友を呼ぶを拡大解釈するのであれば、そういう学校はそういう学生を呼ぶということであろうか。かく云う私は、古い云い方をすれば一応新潟県の最高学府に通っていることになるが、頭髪は明るい金色で、どこから見ても軽薄そのものだから、誰ひとりとしてそうは思わないだろう。
 計画時に天気予報で調べたとおりに、この日は空一面が青で染められ雲一つない所謂日本晴れで、重くなった気分を刷新するにはいい日和に思える。只見線莫迦列車で同路線に乗った時は雨が降りつ上がりつと最後までハッキリせずにヤキモキしていたが、今度はそういう心配もない。
 私は、電車や自動車に乗って車窓を眺めて過ごすのが、昔から好きだった。家族旅行の車内でも、部活動の遠征のバスの中でも、少しも眠らずに窓に流れる風景をひたすらに追い、その景色の中に立っている自分の姿を当てはめたりしていたのである。そもそも絶景として名高い車窓景もいいが、何の変哲もない住宅街や田舎の集落の方が見ていて楽しい。物干しに掛けられた洗濯物や庭の一画の小さな畑などの、実に生活的な光景を目にして、この町に暮らしたらどうかしらなどと考えてしまい、その想像に胸がトクンと高鳴る。越後線は沿線住民の生活用の路線で、目を見張る光景は一つとして有ってはいないが、最後まで人が住んでいる場所を走っているので、窓の外を眺めていれば、私にはそれほど退屈なものではないのである。
 出発からだいたい十五分位で内野に着く。初めて降りる駅で、それほど大きくはないが意想外に新しい。ここで四十分ほど待つことになるのだが、駅舎の外に出る気はあまり湧いてこなかったので、記念スタンプを手帖に押してからは待合で本を読んで過ごす。
 九時四十七分に吉田行に乗り込み、三十分位でその吉田に到著する。ここでいよいよ弥彦線に乗り換えなのだが、平日だというのにどういうわけか、大勢の乗客が弥彦行の列車へと向かっている。平日に暇のある人種といえば、私のような学生か余生を過ごす老人たちくらいなものだが、この大勢の乗り換え客は、私以外はその老人ばかりで成り立っているのだった。いま思うと、これから向かう弥彦は神社があって簡単な登山もできる、いかにも高齢者が好きそうな観光地である。弥彦といえば紅葉も評判で、地域誌や観光案内では必ずと云っていいほどに特集され、毎年多くの旅行者を集めるのだが、この日はまさに紅葉のシーズンど真ん中に当たっている。これは後から知ったのだが、恒例の菊まつりがつい先日に始まったばかりということで、老人に限らず多くの人間を引き寄せる条件を、この時の弥彦は悉く所有していた。それは、列車も混み合うわけである。
 またそれだけでなしに、幼稚園か小学校かは分からないが、その辺りの年頃の児等も、遠足か何からしく、先生の先導でヤイヤイとはしゃぎながら並んで歩いていた。そもそも歩くのが遅いくせに無秩序に広がって歩き、周囲には気を留めず突然に予測できない動きをする老人たちと、ゾロゾロと列を成して人混みの中を縫ってあるく、まだ注意力も成熟しきっていない小児たちに囲まれて、いちばん歩きにくい思いをするのは私である。私の年代よりも、子供や高齢者の挙動をこそ優先するべきだという見えざる世間の目も何かと肩身を狭くさせる。私は偏屈ではあれど決して狭量な人間ではないと思っているし、自分に実害が加わらない限り、自分より上下の世代には親切にしようという世間的な常識も有っているが、それはそうとして、自分に合った歩幅とペースで歩けないもどかしさと気持ち悪さは、思ったよりも大きなストレッサーである。
 発車を控える車両にすでに座っていた人たちも多く、それに加わるかたちで、列車の中は九割が高齢者の乗客でいっぱいになった。嗅球が受容するのは老人ホームの匂いそのものである。対面式の長椅子もそれに沿った吊革にもびっしりと人がいたため、先ほどの子供たちは、中央の空いた空間に縦に並んで立つことになってしまった。吊革や手すりなどつかまるものが何もない中で立っていれば、列車の揺れに耐えられないで、色々と危ないはずである。実際、列車がカーブなどをする度に、揺れてバランスを崩している。どう見ても危ないので、見かねて「キミたち、電車が揺れて危ないから私につかまりなさい」と申し出てみると、舌足らずな「ありがとうございます」の言葉の後に、私の腕に二人の幼女がつかまることになった。それ以外に彼女らと話すこともないので、それからはずっと黙っていたが、金髪の青年の腕に二人の幼女がつかまっている光景は、傍から見ればさぞ風変わりなものだっただろう。ロリコンと思われたらどうしよう。
 弥彦駅に着いても、当然列車内の大勢の人が一斉に降りることになるので、そう簡単に外に出ることができない。この駅は自動改札もなく、よりによってたったひとりの駅員が切符を回収しているのだから、この事態がスムーズに収束することはまずない。
 同時に降りた人々と一緒に行動するのは嫌だったので、混雑のほとぼりが冷めるまでしばらく駅でぶらぶらとしていることに決めた。弥彦駅の外観は朱色に彩られた木造りの入母構造で、おそらく彌彦神社を意識した設計だと思うが、彌彦神社はこれほど派手ではない。簡単な土産も揃える売店もあって、新潟県屈指の観光地の玄関口らしく、それなりに大きな駅である。
 私は弥彦線に乗るのが目的だったので、別にそのまま戻ってもよかったのだが、せっかくここまで来たのだし、時間もあるからそれらしい所には行くことにした。ふと駅に貼られた横断幕に目をやると、「彌彦神社御遷座百年」と書いてある。由緒はよく分からないが、いずれにせよ今年は記念すべき年であるらしかった。加えて紅葉と菊まつりもあるのだから、あれだけ混むのにも頷ける。

  三 二礼三拍手一礼
 弥彦は初めてではない。数年前に一度、家族で彌彦神社へお参りに来たことがある。だが、その際は自動車で直接的に神社を訪ねて帰ったばかりで、今度のように列車で入り、駅からの道を歩くようなことはなかった。
 とりあえず神社に行ってお参りをして戻ることに決めたが、弥彦駅から神社まではそれなりに距離がある。土地勘も全くないので少し心配だったが、駅前の周辺案内を見てみると、道程は大通りを進めば簡単だったのですぐに憶えた。
 列車や駅の混み具合そのままに、多くの観光者が路を歩いている。この外苑坂通りは駅から神社への主要な経路だが、車通りがそれなりにある。というのに、大半の旅行者諸氏は広がって歩いているうえ、仲間との会話に気を取られ周囲への注意も働かず、見るからに危なく、かつドライバーにとっては迷惑だろうと思える。
 パンダ焼きが名物の製菓店を通り過ぎて行くと、弥彦公園が左手に見えてきた。公園は目当てではなかったが、「もみじ谷」と書いた看板や、やはり多くの人で賑わっているところを見ると、もしかすると今が紅葉の盛りなのかもしれないと思って、一寸立ち寄ってみることにした。誘惑的なテキ屋の並びを横目に見て園内を往き、曰くありげなトンネルを抜けてもみじ谷に至ると、そこには黄、橙、赤、紅と、思い思いに染められた紅葉のレイヤーが幾重にも幾重にも重なり、それが視界いっぱいに広がるという想像を超えて見事な光景が創られてあった。すべての暖色が揃っているのではないかと見まがうほど、各色においても実に様々な階調があり、黄、橙、赤、紅などと一言で片付けることはできないと感ぜられた。谷底まで生い茂るもみじを橋から望んでも、多種多様な暖色が網膜に隙間なく届く。弥彦の紅葉が毎々多くの人々を呼び寄せる理由が少しだけ分かったような気がした。
 神社通りに入ると、路の両側に旅館や土産屋も多くなり、いよいよ越後一宮に至る門前町らしくなってくる。そのまま歩けば一の鳥居に着くが、この間のことを思い返してみると、あの時は車で来たために駐車場からつながる東参道から神域にお邪魔したが、本来はこの一の鳥居から参拝を始めるのが正式ではないかと思われる。あの時は一旦一の鳥居から外界に出てすぐに鳥居をくぐって、改めて境内に入ったかもしれないが、何しろ数年前のことなので、そのような仔細な部分までは憶えていない。
 木漏れ日をかすかに受ける玉の橋の神聖な様を目にし、杉並木に囲まれる参道を歩いていると、やはり神域、いくらかは神妙な気持ちも兆すが、それ以上に、境内を闊歩するその他大勢の煩わしさにやられて、旅情や風情は逐一霧散していってしまう。ところで、近頃こういった催事や観光地など、多くの人々で賑わう場面において、犬を連れている人の姿をよく見かけるようになった気がする。私は犬が好きなので、それを見ても特に何とも思わないが、しかしこれだけたくさんの人間が集まっているのだから、例えば犬を苦手とする人が何人かいても決しておかしくはない。それに、人がたくさんいるというだけでただでさえ歩きづらくなっているというのに、そこで犬を歩かせては余計に足元に注意しなければならなくなる。犬を連れて行きたくなる気持ちはなんとなく分からなくもないが、それでも多くの人々のいる場で犬を歩かせることの周囲への影響は今一度考慮するべきである。それは飼い主のエゴやファッションではいないか、愛犬家の自認があるなら、まずは感情で動かずに、確りと頭で考えてから事を進めるべきである。
 菊まつりが開催中ということで、参道の両脇には無数の菊が飾られていて、たしかにその光景は狂気の沙汰とも思えるほど圧巻と云えるが、菊はあまり好きな花ではない(蓮やアジサイが好き)ので大して関心はなく、まずは本殿を目指す。とは云っても、参拝は後回しにして、最初はロープウェイに向かおうかなと考えていた。ロープウェイの駅までシャトルバスが出ていたはずと探していけば、拝殿脇の砂利道にバスの停留所を見つけることができた。この混雑だからバスの待合も恐ろしいことになっているかと思いきや、数人の旅行者が立っているばかりで、すんなりと乗車ができた。乗り合わせたのは、中高年の集団であるが、こういう年代の、特に女性は一々見たもの聞いたものをその都度口にする傾きがあるので、そういう集団と空間を同じくすると、目を瞑っていても、彼女らの代読サービスによって周りの様子が瞼の裏に浮かんでくる。
 万葉の道という自然道をバスに運ばれて、弥彦山ロープウェイ山麓駅に到著する。早速、往復券を購入して乗車待機の列につくが、実は待つことに関してはこれからが本番であるようだった。待機列は乗り場までの上り階段の最初から最後まで続いているようで、最後尾はなんとチケット売り場の時点から始まっている。ロープウェイは十分ほどの間隔で運行するとはいえ、これほどの人数を捌くのにはだいぶ時間がかかる。その間隔で少しずつ少しずつ進みながら、最早何故自分はこのようなことをしているのか疑問さえ思い、列を抜け出て参拝して帰ろうかとも考えたが、そんなことをした方が詰まらないだろうと踏み止まっていた。そのうちに、やっとのことで乗り場に来た。この混雑だと、十中八九定員ギリギリまで詰め込むに違いないので、少しの間でも、老人に囲まれた車内で過ごさなくてはならないのは、それほどいい気分ではない。係員の云う言葉にも応じない高齢者にほとほと嫌気が差す。
 私が乗り込むであろうゴンドラが山頂から下りてきた。扉が開き、乗客が次々降りていくのを眺めていると、親しいクラスメイトが降りてきたものだから大層焦った。その級友には妻子があるので、休日の家族サービスということなのだろうが、気安い仲とはいえこういう機会に顔を合わせるのは気不味い。それに私は先日にキャラクターデザインを大幅に変えたばかりで、それもまだ公にしていない頃だったので、その段階で知人に見られても、ただ向こうを戸惑わせるだけである。彼に見つかってはいけないと、顔を伏せてやり過ごすのだった。
 案の定、多くの高齢者に混じってゴンドラに詰め込まれたが、前方の位置を確保できたので、進行方向の景色はよく見える。これで車内中央に突っ立っていなければならなかったら、それこそ地獄である。程なく、頂上を目指してロープウェイがすべり始めたが、窓から覗く周囲には、色とりどりに化粧をした落葉樹の紅葉が山の斜面に沿ってびっしりと広がっている。それらが日本晴れの日差しを受けてことさら鮮やか映えているのだった。しかし、所々に落葉しきった木々も目立ち、どうやらピークをわずかに過ぎているような気もした。
 しばらく景観を眺めていると山頂駅に着到した。待合には懐かしいゲーム機が並び、駅舎を出てすぐには射的の遊び場がある。このデジタル時代に、未だに垢抜けない商売をしているところがやけに愛おしい。簡易遊園地が閉鎖されているのは少し物哀しいが、賑わっているよりもこういう寂しげな遊園地の方がかえって見ていて心が安らぐ。
快晴のおかげで、頂から望む風景も一層眩しくなる。彼方の日本海を高い山の上から見下ろすというのは少し変わった趣向だが、広々とした景色が広がり、その視界の中にぽつんと立っていると鬱憤も晴れて快い気持ちになっていく。気分転換はこうでなくちゃいけない。
 時間帯としてはお昼時で、昼食は門前町のどこかのお店でなどと考えていたが、それも面倒に思えて、頂上の展望レストランで済ませていくことにした。天気もいいので、この景色を長く楽しみたかった。レストランとは別のフードコートにはアメリカンドッグなどの私が大好きなスナック類も扱っているが、陽気に当てられて調子に乗っていたこともあり、奮発してレストランのきちんとした食事にする方針に傾いていた。
 ガラスケースに飾られたサンプルをざっと見ておき、レストランへの階段を上った。レストランとは云うが食券制で思っていたよりもカジュアルである。私は天ぷらが好きなので、天丼を頼んだ。店内もだいぶ混み合っていたが、ちょうどよく景色が見える窓際の席が空いていた。混んでいるのに、四人掛けの食卓にひとりで座るのは少し気が咎めるが、しかしそれはどうしようもないことである。天丼はサンプルよりもたくさんの野菜類が乗っていて嬉しかった。季節柄、舞茸の天ぷらがあったのがとてもよかった。私は滅多に外食をしないが、時々こうしてお店で食事をするとやっぱり楽しいものである。我が家には揚げ物を作る設備がないので、天丼のような普段食べられないものを食べると殊更にいい気分である。食べ終わってからも、しばらく窓外の景観を眺めて呆けていた。
 特に山頂でしたいことはなかったので、もう下山しても問題はなかった。これからは少しずつ戻りのことも考えていかなきゃいけなかったが、ロープウェイ駅に列車の時刻表があったので、それを参照して目星の便を見つけておいたが、そうなるとあまりのんびりとしていられないことにはたと気づいた。駅までの道のりを鑑みると、どうやらお参りは手短かにしなければならないようだった。下りのゴンドラは、それほどぎっしりというわけではない。今度は眼下の風景を見るような位置を陣取り、空の上から弥彦の町を見下ろしていた。同じ目線の高さをとんびが飛んでいる。
列車の時刻の都合から、山麓駅に下りてシャトルバスで拝殿脇に戻ってからは、迅速に事を進めなくてはならない。幸い、本殿にお参りする人はそれほどいなかったのだが、しかし、これだけ多数の人間が集まっておいて、実際に参拝する人はあまりいないというのはどういう料簡であろうか。しかし、多少急いでいたこの状況は素直に有難い。参拝をしたい人が行列を成していたら、私は参拝を諦めるつもりでいた。
 わけもなく賽銭箱の前についたが、ここ彌彦神社にはその他の社とはちょっと違った作法があることをふと思い出した。しかし、その肝腎の中みが思い出せない。たしか二礼二拍手一礼ではなく、どこかの数が違っているということは分かる。手を鳴らす数だった気もして、三拍手だったか四拍手だったかの二択には絞れたが、最後まで確実な記憶は戻らず、それだというのに賽銭を放り投げてしまってもう後に引けない私は、とりあえイチかバチか、二礼三拍手一礼だと決めてその場をやりすごそうとした。お参りを終えて拝殿を出ようとすると、私の後ろにいた壮齢の男性が徐に口を開いて、
「二礼四拍手一礼だね」
と誰に云うともなくつぶやくのが聞こえ、ハッとした私は、これは自分に向けられた言葉だとすぐ分かり、思わずその男性の方に顔を向けてしまった。先方でもやはりそのつもりだと見えて、続けて、
「お弥彦さんでは、二礼四拍手一礼っていうのが正式で」
「はあ」
「あなた今、三回手を打ったでしょ。そうじゃなくて拍手は四回ね」
「はあ」
「せっかくだし、もう一回お参りしたら」
「そうします」
 どうやら、四拍手の方が正解だったらしい。しかし、先ほどの私は拍手を三つしか打たない間違ったやり方を取ってしまった。しかも、私の拍手はとにかくいい音が鳴るので、越後の総鎮守の境内に、誤った作法を威勢よく響かせてしまったのだった。その恥ずかしさが火照っているのが自分でもよく分かる。それにその後、男性から正式な作法を習う姿は、まるで非常識な若者を演じるような気がして、何か見えない相手に負けたような情けない気持ちに陥った。男性に促されて二度目の参拝をするも、それは形式ばかりのもので、それらどうしようもなくむず痒い気分が頭の中でひたすらに渦を巻いていて、物事を考えることができず、自分が何を願うのかさえも分からなくなった。
 そもそも時間がないので、私は男性にどうもとだけ挨拶して、駅に急ぎたかったのだが、男性はまだ物足りなかったのか、
「彌彦では四拍手が作法ね」
「え、あ、はあ。それでは、どうも」
「出雲大社でも四拍手だったけど」
「そうですか。では」
「二拍手でもいいんだけど」
「へえ」
「とにかく神様は偶数なのね」
「成程」
「心意気があるのがいちばん大事だけど」
「それでは」
 長い寄り道をしなければ、電車の時刻には間に合いそうである。なので、火の玉石に立ち寄る。願いを込めて石を持ち上げた時に、軽く感じたらその願いは叶う、重く感じたら叶わないという、ありがちな曰くのある石だが、一度目は結婚できますようにという願を掛けて持ち上げたら、かなり重たかった。おやおやと思って、二度目は、明日急に死にませんようにと願って持ったらやはり重い。由緒通りならば、私は明日死ぬことになるのだが、そんな悲劇は起こらずに、こうして今も生き永らえているということからすると、火の玉石の伝説もだいぶアヤしいものになってくる。そもそもが重い石なのだろう。だから私が結婚できないということにはならない。
 神域を出てからは、周りの店などには一切目もくれずに弥彦駅に歩いていく。そのために、目星の列車には余裕をもって乗り込めた。以降は帰路を辿ることになるのだが、吉田から越後線に乗り換えればわずかに早く帰宅できるところを、私は弥彦線を乗り潰したかったので、そのまま東三条まで揺られている。弥彦線はどんなものかと思っていたが、特に言及すべきことのない生活用の路線で面白くはなかった。
 東三条でしばらく待ち、信越本線、越後線と乗り継いで最寄りの白山駅に戻った。所要のため、帰りに郵便局に寄って、高額の収入印紙を購入した。どうやらこの時期に収入印紙を求めると、局の人に立場が知られてしまうらしい。「国家試験頑張ってください!」という激励まで頂戴してきた。

  1. 2016/01/06(水) 19:00:00|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<上越線莫迦列車 | ホーム | 山形鈍行旅日記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shibakeneet.blog.fc2.com/tb.php/606-2822bc98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。