野良犬の生活

部活もバイトもやっていない堕医学生の暮らしを記憶するレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

平沢進13thアルバム「ホログラムを登る男」発売決定!


 平沢進13作目のオリジナル・アルバムとなる新譜「ホログラムを登る男」の発売が正式に決定された。ファンクラブ会報では、10月に発売予定ということだったが、実際のリリース日は11月18日・・・・って、これ今度のインタラクティブ・ライブの1週間前じゃないっすか!

 公式サイトではすでに今作の特設ページを開設している。ここでは表題曲「ホログラムを登る男」のフルサイズ無料配信と、おそらく初めての試み、全収録曲のダイジェスト紹介が用意されている。
 まずはダイジェストを視聴してみたが、前作「現象の花の秘密」が弦音源主体のアルバムだったのに対し、今回ではそういった弦楽器の奥行きあるシンフォニーに、無感情的な電子音が入り混じっているという、いかにも御大らしい手法が復活を遂げている。太古なのか未来なのか、そしてどこにあるのか分からない世界が、今作の中にも創られている。私はヒラサワ楽曲の、職人的、あるいは徒手的な労働を連想させるようなところが好きなのだが、「MURAMASA」や「鉄切り歌(鉄山を登る男)」などに、件の要素が含まれていそうで嬉しい。鉄はだんだん切れ♪だんだん切れ♪しかしなんというか、全体的にシリアスというか、あまり晴れ晴れとしたところがないような。前作の陰湿な雰囲気を引きずっている感じもする。
 ダイジェストはその部分の歌詞も表示されるが、いつもより言葉遊び的な要素が多い気がしないでもない。一曲目「アディオス」の『罵詈喝采罵詈喝采―』という歌詞は、ちょっと「Astro-Ho! Phase-7」や核P-MODELの「Dμ34=不死」あたりを思い出して、「現象~」や「гипноза [Gipnoza]」を経て出来た曲だなあと感じる。あと気になったのは、「さいわい」という言葉、というか音がやけに目立つ。これは考え過ぎかもしれないが、今作は「幸い」というテーマがあるのかもなどと、ひとり思いを巡らせている。

 そして表題曲「ホログラムを登る男」を通しで聴いてみた。電子音の点滅に始まり、次第に壮大な弦の音色が押し寄せ、そして唐突に御大の歌声が響く。私にとって、この曲はかなりイエスでした。ダイジェストではAメロしか明かされなかったが、全コーラスを聴くと、まず背筋がゾクゾクするような緊張感がある。それでいてなお、存在を肯定されているような安心感や優しさ、どうしようもなく大きいものに立ち向かう覚悟や切なさなど、複数の表情を有っていて、聴く人ごとに全く違った感想を抱きそうである。特にサビの素晴らしさは筆舌に尽くしがたい。歌詞もかなりいい。『一切は牢で生まれた夢』『飛べよなお高く 流刑の憂いに忘れた翼 力得よ無傷のまま』どうしてこうもかっこいい言葉を生み出すことができるのだろう。
 ダイジェストで耳にした印象と、一曲通して聴いた印象はまるで違う。それはその他の楽曲でもそうかもしれない。これでますますアルバムの発売が楽しみになってくる。


平沢進13thアルバム「ホログラムを登る男」特設ページ










にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2015/10/20(火) 09:36:25|
  2. 平沢進
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平沢進のINTERACTIVE LIVE SHOW 2015「WORLD CELL 2015」参戦決定!(近況報告2)


というわけで
平沢進のINTERACTIVE LIVE SHOW 2015「WORLD CELL 2015」への参戦が決定しました。
どんなライブになるのか、今から楽しみで仕方がありません。











にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2015/09/12(土) 19:29:56|
  2. 平沢進
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平沢進 INTERACTIVE LIVE SHOW 2015「WORLD CELL 2015」公演決定!





「過去向く士 Ψヶ原の策謀」特設ページ


 というわけで、今年の11/27(Fri)・28(Sat)・29(Sun)の3日間、東京ドームシティーホールを会場に開催される平沢進氏のライブが、インタラクティブ・ライブの形式で公演されることが正式に発表された。

 そのタイトルはまさかの「WORLD CELL 2015」。1998年のインタラクティブ・ライブ「WORLD CELL」の続編、とでも言えばいいのだろうか。このときのことはよく分からない(だってその当時私は小学二年生だったから)が、たしかこのライブは全日程を通じて、一度も成功ルートに到達することができなかったはずだ。そのリベンジ・・・・なわけないか。御大がそんな甘っちょろいことをするわけがない。
 ストーリーの軸としては「2015年8月に停止してしまったWORLD CELLの再稼働を目指す」というものになるらしい。この軸は1998年のものと同じである。ここにきてなぜ、再び「WORLD CELL」が停止してしまったのか。その鍵は、今秋にリリースされる新譜、現在進行中のイベント「過去向く士 Ψヶ原の策謀」、さらには御大のtwitterなどに散りばめられているのだろうか。

 インタラクティブ・ライブの準備にかけられる月日が、今回は著しく少ないのが気がかりである。新譜が発売されるのであればインタラは観たいし、しかもタイトルが「WORLD CELL 2015」と、なんとなく名作になりそうな予感もするので、なおさら観たくなる。毎回のライブにおいて、我々馬骨共に様々な世界を見せてくれる平沢進氏。今回は、どんな世界を見せてくれるのか、今から待ち遠しくてたまらない。










にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2015/08/25(火) 19:13:11|
  2. 平沢進
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平沢進ライブ開催決定!―インタラかノンタラか・・・・?



 というわけでこの度、私のこよなく愛するアーティスト・平沢進氏のライブの開催が発表された。ライブは11 / 27(Fri)・28(Sat)・29(Sun)の3日間、東京ドーム・・・・ではなく、東京ドームシティーホールを会場に開催される。
 いきなり、全くの余談となって恐縮だが、この東京ドームシティーホールというのは、アニメ「アイドルマスター」13話で、765プロの面々が初めて単独ライブを行ったあの会場のモデルとなっている。そのつながりで、ニコニコ動画のとある平沢進×アイマスMAD動画に、この会場で、ヒラサワが765プロのアイドルと並んで「フ・ル・ヘッ・ヘッ・ヘッ 2005」を歌っているというもの(かなりクオリティが高い)がある。今回のライブの会場を聞いて、私はすぐにこの動画のことを思い出したのだ。





 さて、本題に戻るが、実を言うと、このライブの開催が公に発表される前から、私はこれについては日程も、会場も把握していた。というのも、平沢進オフィシャル・ファンクラブ、通称“極悪Green Nerve団”限定で配信された「平沢進2015年始の挨拶」において、私たち凶悪Green Nerve団は、すでにライブの概要を明かされていたのだ。そういう意味では、今回の発表を耳にしても、さほど驚くことはなかった。
 肝心なのは、このライブの形式、である。現在御大は新譜製作の真っただ中であり、近いうちに発売もされるのではないかと思うが、新譜発表の年のライブといったら、ヒラサワが手掛ける最高のエンターテイメント「インタラクティブ・ライブ」ということになる。
 しかし、そのライブ日程までに、アルバムの製作とインタラの準備の両方を達成させるのは至難の業であり、件の「年始の挨拶」において氏もそのような発言をしている。それについて、インタラクティブ・ライブとは別の形式―つまり「ノン・インタラクティブ・ライブ」―になる可能性もほのめかしている。ライブの形式を左右するのが、現在絶賛進行中のイベント「過去向く士・Ψヶ原の策謀」である。

 今回のライブは久々に全席指定となるようだし、何より新譜がリリースされるのだから、ここはやっぱりインタラが観たいところ。
 幸い、ライブは、私の本業がしばらく落ち着いている頃の開催なので、三日間全日程参加したいところ。否、そのつもりである。来年度からは、氏のライブにたやすく出かけることはかなり難しくなりそうだから、今回は一種の“締めくくり”となるかもしれない。










にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2015/07/23(木) 19:20:14|
  2. 平沢進
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

核P-MODEL 2nd LIVE「パラレル・コザック」DVD発売決定!

 2014年1月11~14日、赤坂BLITZにて行われた、平沢進の伝説の個人ユニット・核P-MODELの9年振りにして弱冠2回目のライブ「パラレル・コザック」のDVDの発売が決定、告知された。





 ヒラサワソロ名義ではなく核P-MODELだからこそ生み出せる、実に胡散臭いバックグラウンドストーリーを携えて開催されたこのライブは、「音楽産業廃棄物」時代以来という終始ギターを抱えっぱなしのヒラサワ、御大とゲストのPEVO1号氏が脚立に上がってグラインダーで火花を散らしながらの名曲「白く巨大で」、「それ行け!Harycon」演奏中に突然現れて田中靖美さんばりに狂気のキーボードソロを披露する福間さn・・・・謎の帽子男、「ENOLA」を始めとしていつになくアクション多めのサービス大盤振る舞いなどなど、今まで見たこともないような光景が次々と展開され、馬の骨の間では今も語り草となっている(と思う)。かくいう私も、前の三日間を会場に足を運んでダイレクトに体感をしたが、核P-MODELの胡散臭さ、プレミア感、そして芯からシビレルかっこよさに熱狂した。
 全馬骨待望のライブDVDの発売が決定されたわけだが、ダイジェストムービーを見るだけでも、当日の会場の熱気が強く伝わってくる。胡散臭かっこいい核P-MODELの世界、我々が思いもしなかった奇妙な光景が、いつでもどこでも観れるとなっては、これは馬骨であれば即購入余裕の代物になるであろう。


 核P-MODEL 2nd LIVE「パラレル・コザック」DVDは、現在絶賛注文受付中。2015年6月3日発送開始の予定だそうだ。

核P-MODEL「パラレル・コザック」特設ページ










にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ






この部屋からトータルへ 私たちとつながってください

  1. 2015/05/27(水) 19:45:32|
  2. 平沢進
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

筆者紹介

シバケン-いかれたNeet-

Author:シバケン-いかれたNeet-
Sex:\(`・ω・´)
Work:堕医学生
Base:新潟死期終焉都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者結語

日常系赤面ブログ「野良犬の生活」を応援していただきありがとうございました

「野良犬の生活」の物語

 はじめましての皆さんへ

長い間ありがとうございました

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

2016 04 【1】
2016 03 【4】
2016 02 【4】
2016 01 【5】
2015 12 【12】
2015 11 【10】
2015 10 【14】
2015 09 【8】
2015 08 【15】
2015 07 【14】
2015 06 【11】
2015 05 【17】
2015 04 【12】
2015 03 【12】
2015 02 【9】
2015 01 【9】
2014 12 【8】
2014 11 【13】
2014 10 【22】
2014 09 【18】
2014 08 【2】
2014 07 【14】
2014 06 【13】
2014 05 【13】
2014 04 【22】
2014 03 【17】
2014 02 【28】
2014 01 【29】
2013 12 【28】
2013 11 【28】
2013 10 【29】
2013 09 【22】
2013 08 【20】
2013 07 【30】
2013 06 【18】
2013 05 【15】
2013 04 【19】
2013 03 【3】
2013 02 【6】

カテゴリ

コメント

トラックバック

メッセージ

質問・要望どんとこいです!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。